« 成田→小田原の我が家まで | Main | 懐かしい渋谷駅周辺の変貌 »
追悼 原田芳雄さま
今日はどうしても観たい映画があって、仕事が一区切りついた後、雨の中を昼過ぎからバスに乗ってローカルな映画館へと向かった。

題名は『大鹿村騒動記』。
最近、映画観てないなと思っていたこともあって、好きな俳優がたくさん出ているこの日本映画に惹かれていたのだ。

常時1000円という映画なのに、映画館の中はがら空き。
甘いポップコーンの香りが漂う今風のシネマコンプレックスだけに、余計もの悲しい。

若い配役もいるが、懐かしい顔ぶれ。それにしても皆、年を重ねたなあ、としみじみ。
主役の原田芳雄は、何を隠そう、私がローティーンの時に恋いこがれていた人。
たぶん、男の人っていいなと最初に思った人かもしれない。
『三丁目四番地』の(確か)気象庁のろくさんが、彼のイメージの原点。その後の超メロドラマ『冬物語』も良かったなあ(両方とも相手役は浅丘ルリ子)。こんなことを言っても、通じる世代は少ないだろうが。
つまり、私にとっての原田芳雄のイメージの原点は、映画のアナーキーな役ではなく、テレビドラマなのであった。
その時の感情が妙にリアルによみがえった。

体型はかなり変わったけど(歌舞伎役者にぴったりの体格におなりになっている)、彼特有の、体全体からにじみ出る男の人のかわいらしさがあの頃のままだったから。

実は、知人の友人だったこともあって、20年前位に、ブルースを歌う彼のコンサートに行き、その後に対面したことが一度だけある。
彼の作品はそれほどたくさん観ているわけではないが、その後もずっと気になる人だった。

映画の余韻にひたりながら、家にもどり、夕食をとりながら、7時のニュースを観ていると、何と、原田芳雄が亡くなった!という訃報。

『大鹿村騒動記』は原田芳雄らしさが満開だった。気の置けない仲間にも囲まれて、彼の最期にふさわしい映画だったと思う。



『大鹿村騒動記』の完成披露挨拶の映像を後から見て、ショックを受けた。
死の1週間前の彼は、映画の中の彼とはまったくの別人。
人間はああやって死んでいくんだな、土にかえるんだなと痛感した。
彼の死が自分の中でひきづっている。
 2011/07/19 20:38  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/ueno/tb_ping/502


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

私も映画ではなく、テレビドラマからのファンです。春の坂道、三丁目四番町、冬物語。。。映画は、主役デビューで主役で遺作だなんて!主役も脇役もこなす。
本物の役者さんだったんですね。
Posted by:リボン  at 2016年03月20日(日) 19:23


2011年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ