« 時間とは? 人生とは? | Main | 寿司屋で忘年会 »
フリーライターは存続できない?
私は怒っている。怒りを通り越して絶望している状況ですらある。
ただでさえパッとしない年の瀬に、暗い話で恐縮だが、これは誰かが言わなくてはならないことだと思う。
問題は、「原稿料」についでだ。

先日、長いつきあいのある某媒体からの振込みを見て、愕然とした。
明らかに半額に値下がりだ。
その原稿を書くのにどれだけエネルギーを使い、自分自身に投資しているか。私でなくては絶対に書けない原稿であったと自負しているが、そんなことをここでいうつもりはない。
会社の事情があるのは分かる。だが、担当者からはひと言もないのが納得いかない。
こういう時に大切なのは、人としてのコミュニケーションの問題であるとつくづく思う。

ベールに包まれて一般には分かりにくいものだが、もともと「原稿料」というものは恐ろしく安いものであった。
雑誌で1ページ1万円ちょっとという原稿料で連載を続けている時、ある人に「今どき、こんな世界があるのか」と驚かれた。
フリーランスになって20数年。私はことあるごとにこの問題に直面し、時には原稿料の値上げ交渉も行い、かなり煙たがれてきた。
これは自分自身の問題だけでなく、後に続く同業者にとっても、きちんとした道筋を作っておく必要があると思ったからだ。

コンサルやマーケティングの先生方にとっては、メディアへの寄稿は一つの販促でもあるから、まだいいだろう。
きちんとした定収入のある会社勤めの方々にとっては、原稿料はポケットマネーとなるアルバイト代のようなもの。
でも、原稿料で生活をしていかなくてはならないフリーランスのライターにとっては、これはまさに死活問題だ。

今年、私は初めて、「フリーライター」という職業の危機を痛感した(ここまで感じることは今までなかった)。もうその市場がなくなっているのだ。
インターネットの普及で、情報がただで手に入ることが当たり前になり(同時にアマチュアライターが増大し)、出版社も新聞社も火の車だが、その一番のしわ寄せは外部スタッフに来ている。
個人というものは本当に微力で、私も含めて、周りのライター職の人々は、本業とは異なるアルバイトをしなくてはならない状況だ。
(今、アルバイト市場もすごいことになっていて、おそらく正規労働者も多数介入しているせいか、ものすごい競争率。50代にもなるとさらに可能性が狭められる)

日本のファッションを語る時によく言われるのが、ファッションジャーナリズムの不在。
かろうじてそれを担っているフリーランスの人々が消えていく。
時代がそういう判断を下すのなら、それも潔く受け入れるしかないのかもしれない。
ややセンセーショナルなコメントだったかもしれませんが、「私も、私も」という声が。
カメラマン、デザイナー、そして製品を作る工場さんも状況は同じです。
企業の方々、自社の社員を守るだけでなく、業界の「質」をどうすればキープできるかという視点をもう少し持ってくださいませ。
 2009/12/17 11:22  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/ueno/tb_ping/319


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


2009年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ