« 2017年05月 | Main | 2017年07月 »
中国アパレル企業日本遊学!
先週、東京に本部がある中国系コンサル会社が主催する、「中国アパレル企業遊学」の中の一つのカリキュラムとして、某アパレル企業訪問、リアル店舗(アパレル+雑貨)の視察、そして半日のセミナーを行いました。

この遊学は、1週間の期間で、中国のアパレル企業数社(経営者、各部門責任者)、20名ほどが参加していました。遊ぶという文字が入っていますが、当然ながら遊ぶ時間はほとんどなく、日本の幾つかのアパレル企業や、著名ライフスタイル小売業の元社長、何とか政経塾、何とかセラなど、経営者、経営の極意を学ぶ、など多岐に渡り、それぞれが午前、午後にギッシリ詰まったカリキュラムになっています(その反動か?夜の宴会は毎回「乾杯の嵐」の様ですが...)

通常だと、東京や大阪のマーケットリサーチに時間を掛けるというのが、中国から来るアパレル企業のお約束だと思いますが、上述の様な遊学参加者は年間5-6回(2ヶ月に1回程度)は日本出張に来て、マーケットは大凡見ているため、より日本企業を研究するために、勉強の目的で、このようなツアーに参加をされているわけです。

もうひとつの目的は、このような機会で出会った、日本の様々な企業との、今後の可能性(ビジネスマッチング)のキッカケ作りという側面もあります。
訪問させて頂いたアパレル企業様で、クリエィテイブについてお話をして頂きました



今回、旧知のアパレル企業さんにご無理を言い、お忙しいなか御協力いただき、本社訪問、役員の方からのお話、クリエイティブ責任者からのお話、その後はリアル店舗2店舗視察を行いました。参加された皆さんは、非常に興味深く話を聞き、質問も多岐に渡り、リアル店舗では商品を多く買われていました。

今回 中国アパレル業界では第5位の売上規模を誇る企業(5つのブランド、計4,000店舗を展開)の会長、社長、各部門責任者計15人が参加されていました、ここの会長は中国アパレル協会 副会長なども務められていて、午後から訪れたリアル店舗の商品、店舗アトモスフィーなどを細かく見て、「中国で展開しても人気が出る可能性が有る!」「但し、ライフスタイルブームの、今年、来年というチャンスのタイミングに!」という意見を言われていました。

誤解を恐れずに書かせてもらうと、ここ4−5年、中国マーケットを見ていて、果敢にチャレンジしている日系アパレル企業は、あくまでも私見ですがユニクロ、tutuannaくらい、これらは中国マーケットを熟知し現地駐在の経営者の存在があります。次に今や中国企業のmoussy、SLYくらいでしょうか、これ以外の日系ブランドは正直存在自体が見えていません(中国消費者から見て)。

90年代は合弁会社(相手は国営企業)しか会社を登録申請できず、00年代に入り独資でも会社登録申請がOKとなり、自らの戦略方針で、これまで合弁で達成できなかった経営、商品施策面、店舗運営面、人材登用、給与面などを自らの判断で、容易にできるようになりました。
その一方で、合弁では合弁先のネットワークを用いて強みでもあった出店開発、デベとの交渉面が、独資では極端に弱くなり、良いエリア、良い区画に出店ができないという図式に陥っているように見えます。よって日系アパレルの出店が、限られた日系の百貨店、モールにしか出る事ができないという、何処の国で商売しているの?と言いたくもなる現状があります。
視察で訪れたお店で、様々な質問が飛び交いました
上述の中国アパレル企業の会長(中央)と
東大で行われた、セミナーの後の記念写真



上述の遊学のような、日本に興味があり、日本マーケット事情を知っている先と、中国マーケットで日系アパレルが組む、というのは、これからの時代の新しい協力体制の在り方(合弁や、ライセンスという言い方ではなく)が、増えてくるのではないか?と予測します。

将来も日本マーケットだけで商売、勝負をしていくのであれば、いま私が書いている事は無視して頂いて構いません、しかし将来中国マーケットも商売の視野に入れているアパレル企業であれば、「新たな取組み方」として、注目されても良いのではないか、と考えます。

よく言われますが、中国は公私ともに「関係が全て」です、それは決してビジネスライクな関係ではなく、企業の本部を訪問する(互いに)であったり、一度でも食事をし、酒を酌み交わし、それぞれの苦難点、将来の在りたい姿などを本音で語り合う事から始まると思います。

もちろん、日本のアパレル企業、業態の全てが中国マーケットに適するものではありません。今回訪問させて頂いたアパレル企業のように、自らやりたい目標が明確で、先進的な取組みをされ、日本の代表的なポジションを勝ち取っているブランド、言い換えるとお客様から支持を多く受けている企業、が中国アパレル企業からも注目に値しているわけです。

最後に、この度、企業訪問を快く快諾頂いた日本を代表するアパレル企業様、役員、会社クリエイティブ状況をご説明頂いた担当窓口の方、お店の方々、この場をお借りし御礼申し上げます。「本当に有難うございました」


それでは!










 2017/06/26 14:20  この記事のURL  / 



中国服装協会セミナーでの驚き!
先日のブログで事前に私に何の連絡も無く、私が或るセミナーで講演することになっていたと、書かせてもらいましたが、喧々諤々あった結果、或る意味強引に押し切られた格好で、本日18日にセミナーでの講演を行いました。

或るセミナーとは、標題の通り「中国服装協会」が主催する、「新しいリテイルとは?」というテーマで、中国では著名な先生お二人、某レディスアパレル企業の総裁、そして私の計4人それぞれが、大雑把に言うと...「中国のいま、そして将来のリアル店舗、ECの在り方について語る」というもの。
左から3番目、私のむかって左の方が揚先生
中国服装協会上海ブランチは、何と或る中国メンズアパレル企業の本社ビルの中にあります



中でも揚先生という、中国ファッション業界では、著書もたくさんあり、知らない人がいないくらい著名な先生が講演するということで、服装協会所属のアパレル、各種リテイル企業のオーナー、各部門の責任者、何人ものファッション関連のコンサルの方々、など総勢200人以上の人が参加していました。
私も初対面の人でしたので、どのような事を話すのか?興味津々でした、確かに話はうまく、聞き入ってしまう話術には感心させられましたが、じゃ中身は具体的で、セミナー参加者が明日からすぐに自ら活用できるものか?という視点で見たときには.....抽象的な表現も多く、少々疑問が残りました。

今日のセミナーは、要は営業的要素が強く、アパレル企業の方々に、それぞれのコンサルタントが自らの考えのガイドラインを話すだけで、詳細内容は実際にアパレル企業とコンサル契約後に、じっくり指導過程の中で教えていくというものなのでしょう。
3番目に登壇する私は、より具体的に、実例(成功例、失敗例)の紹介、PDCAロジックの説明、理想的なフォーマットなど、コンサル契約後に、じっくり説明すればよい内容まで話しました、どうりで参加者の多くが携帯電話のカメラで、投影しているPPTを撮りまくる有様でした...笑
参加者の皆さん
登壇中の本人



話を戻すと、今日のセミナーでの一番の驚きは、今日参加できなかった、中国全土にいる服装協会の会員は、SNSを通じてセミナーの模様を、ライブ映像で見聞きすることができたという点です。
主催者側に聞いたら、平均して4万人近くの会員がセミナーの模様を見ていたそうです。4万人ですよ...、私が驚いていると、主催者の人が「いつも、こんな感じですよ」と。
確かに人口は世界一多い中国だけど、日曜日、且つ今日は父の日で、家庭では色んなイベントをやっているだろう、午後1:30-17:00の間に常時4万人が見ていると聞いて、この中国服装協会の規模のでかさ、会員企業、人の多さに驚愕ものでした。

更に、私を含め他の先生方が今日講演した内容をDVDにまとめ、会員に販売するとのこと...、事前にそんな話は一切聞かされていないし、どうしたものかと...、今後もこのようなセミナーを定期的に開催するとまで...

まぁ、無理強い、強行突破され、結果的に登壇した今日のセミナー、1時間ほど講演させて頂いたわけですが、このことがこのあと結果的に吉とでるか凶とでるかは、これから1ヶ月の動向次第です。もちろん、吉と出て欲しいですがね。

それでは!




 2017/06/18 21:30  この記事のURL  / 



上海市内西部地区の商業施設状況はA!
前回のこのブログは非常に反響が大きく、商業施設状況に関心が高いことが分かりました。
今回は同標題の第2回目、3つの商業施設を見ていきます。


・虹橋南豊城
元々パークソンが入っていた「虹橋城」をリニューアル、拡大させて2015年にオープンしました。キーテナントはINDITEXの「ZARA」「Massimo Dutti」「ZARA HOME」、「UNIQLO」「H&M」「OYSHO」その他「moussy/SLY」「ToysRus」、人気のオープンエアーのレストランや子供向けの遊具コーナー、映画館などが充実していて、家族連れや近隣のオフィスで働くサラリーマン、OL層で賑わいを見せています。
前回に書かせて頂いた、金虹橋商城とほぼ同時期にオープンした南豊城ですが、3年近く経ち、金虹橋商城との集客力差が顕著となっています。当時の私のブログでも予想していましたが、やはり商業施設への来店喚起、リピーター増には、人気レストランの充実が必要不可欠であると確信しています。
アパレルリテイル面を見ても、ECの強化を図っているINDITEXはここ2-3年間、慎重に出店先を選んでいて、そういうなか選んだ先がこの南豊城、それもZARA単体ではなく、兄弟ブランドも出店させてます。これは彼らが「この施設は時間は掛かるが、将来の展望が明るい」と判断した結果だと思います。事実、半径8KM以内の徐家匯の港匯広場にもZARAは有りますが、自ブランド同士でのバッテインングはしない、と徹底したマーケット調査を実施した上での戦略的出店が見て取れます。またUNIQLOも近くの金虹橋商城にはグループブランドのGUが出るも自らは出ず、この南豊城にはしっかり出ているところは計算ずくの戦略なのでしょう。
いつも子供向けのイベントが開催され、子供がせがんで親を連れてくる構造になっています


・Parkson Newcomer city mall
2015年12月に、これも上述の南豊城同様に元パークソン婁山関路店を、リニューアルしてオープンした商業施設。この施設の事は当時のブログに詳細に書かせて頂いていますので、そちらをごらんください。
韓国のE-landとパークソン百貨店が合弁会社を作って共同事業を行うという、或る意味次世代都市型商業施設です。MK販促、VMD、などの店舗運営はノウハウ経験があるE-land側が行うといったやり方。各ブランドの商品も今季物+キャリー物という品揃え、当時よりアウトレット店の様相で低価格で集客UPを図る方法の施設でした。
先週久しぶりに訪れましたが、オープン当初の賑わいも消え客もまばら、各フロアーでのリーシング変更もあり、オープン時は存在しなかった通路上のワゴン設置など、更に低価格商品が増え、売場VMDの基準も下がり、結果的に施設自体のランクが下がったように感じました。
現在はこの上海店以外にも、中国国内にParkson Newcore city mallが数カ所存在するようですが、恐らくこの婁山関路店同様に、立地は悪くはないが、少し飽きられた感のある百貨店と組み、アパレル主導で運営を試みたが、結果的に集客策と自ブランド在庫処理のために、更なる安売りを強いられ、ブランドの価値観も無くなり、目新しさも無くなり、大きく客足が減っていて、今後の新たな出店計画も足踏み状態。これは元E-landの人に聞いたので、間違いないでしょう。当時は、画期的、且つ新しいチャレンジで私を含めこちらのリテイル、アパレル業界の方々が注目していましたが、雲行きが怪しくなっています。
ご覧のように閑散とした売場、客よりもスタッフの数の多さが目立ちます


・長寧来福士
今年の4月末にプレオープンした長寧来福士、私が訪れたのが約2週間ほど前、オープンしていたのは5割にも満たない程度、今月末のグランドオープンを目指して、徐々にオープンしていっている状況です。
元々は2015年末から2016年春にオープンと言われていましたが、中国らしく...大きくずれて今年の4月にようやくプレオープンにこぎつけました。
キーテナントは何処か?と言われても答えづらいのですが「F21」(現時点で未オープン)「H&M」くらいで、その他は「moussy/SLY」など...。
私の所感は、誤解を恐れずに言うと...「すぐそばに中国有数の集客力を誇る龍之夢購物中心が有り、立地も悪く、入り組んだ施設構造、施設規模もこじんまり、人気レストランが無く、キッズ向けの施設も無く、ファミリーでの来店が期待出来ないこと、もっと言うと顧客ターゲット層が見えづらいため、相当時間が掛かる施設」というのが正直なところです。

私の知り合いの化粧品や、アパレルブランドも入る予定で、中々書き辛いのですが、これは私が中国に長年住んでいる中での直感や、たまたまこの来福士近くに住んでいて、この辺りの客層や使うお金(客単価の低さ)、昼夜の人口差、などこのエリアを熟知していることからの予想でしか有りませんが...。
もし、この施設が何かのキッカケで将来大きく化けるとしたら、まずは人気レストラン、カフェなど誘致、例えば90后女性をターゲット!と明確にして(ファミリー層の取り込みも無しにして)、この施設にお客さんが来る理由、付加価値付けを提案することでしょう。近くの龍之夢購物中心の雑多で混沌とした、いわゆる中国のMALLとは全く違った雰囲気を醸し出することができたら、一途の望みはあるかと思います。
龍之夢購物中心には無いブランドや、少し高価格帯のブランドを誘致していますが、これがどういう結果になるか



今回、同時期に5つの商業施設をチェックした結論として、「虹橋南豊城」の集客数の伸長と想像以上の賑わい、そして今後も更に期待ができる商業施設である、という事を思い知らされました。
要は、決して駅から近いが集客の重要要素では無く、キーワードは?「駅から多少遠くとも、衣食住、流行りのアパレルブランドも含め、お客さん自身に合ったライフスタイル提案ができている」「特に人気、雰囲気の良い、話題のレストラン、カフェが充実している」「キッズ向け塾や遊具が充実していて、長い時間を楽しく過ごす事ができる」の3つ。
この3つの木ワードが、施設側からすると明確な顧客ターゲット目標を想像でき、お客さんからすると、結果的に訪れやすく、過ごし易く、また行きたくなる施設になるではないか、と思います。

それでは!
 2017/06/14 03:00  この記事のURL  / 



上海市内西部地区の商業施設状況は@!
上海に住んでいながら国内外出張が多く、最近はたまにしか上海にいない状態が続いています。その寸暇を割いて、上海市内西部地区(長寧区)に、この5年間以内にオープンした商業施設の状況を見てきました。

雨後の筍のように施設が出来ては消える、現在の上海(中国)のリテイルマーケット、それを地でいく姿を垣間見た気がします。
今回、見て回ったのは以下の5施設。

・長風景畔広場 改め 長風大悦城(JOY CITY)
・金虹橋商城
・虹橋南豊城
・Parkson Newcore city Mall
・長寧来福士

という、上海のマーケットリサーチしている方、もしくは上海在住の方々なら一度は足を運ばれた事がある商業施設もあるかと思います。
まず、2商業施設の現状を、続いて次回残りの3施設現状を書かせて頂きます。


長寧区は上海市中心城区の西部に位置し、東は静安区、西は閔行区、東南は徐匯区、北は蘇州河をはさみ普陀区と接しています。
人口は約69万人、日本の島根県全体人口69,4万人とほぼ同じ、年々人口が増えている区です。

また位置的に、上海虹橋国際空港から近く、区内西部の虹橋経済開発区は国際貿易センター、世界貿易センターなどが林立するビジネス街であります。また外来人口に占める外国人の割合が非常に高く、日本人が多く居住する古北新区も長寧区内にあります。
ベージュが上海市を示し、赤い部分が長寧区となります


・長風大悦城(JOY CITY)
確か2012年初にオープンした施設、キーテナントは「UNIQLO」「H&M」「MANGO」「C&A」、これらのグローバルファストファッションブランドは、5年経った今でも存在していますが、集客が安定して増えない事から、それ以外の物販、飲食の入れ替わりは激しいものがあります。日系では「しまむら」の中国第1号店がローンチしたのもここ、既に撤退し、眼鏡の「Zoff」も早々に撤退しています。当初は地下にTESCOもあり、近隣の居住者をターゲットにした出店戦略だったと思いますが、飲食店も充実しておらず、隣の長風公園を訪れる親子連れ、カップルなども金を落とさず、非常に苦しい状況が続いていたようです。先週久々に訪れたところ、経営が大悦城系に変わった様で、全館の見直しか、広場中央のエスカレータが撤去され、上述のファッションテナント以外は、ほとんどが閉店している有様でした。ただ北京や上海の大悦城を成功に導いたデベロッパーなので、今後新たなコンセプト戦略を考え、どのような手を打ってくるか、目を離せない施設だと思います。
写真中央部には1階から3階までのエスカレータが有りましたが、突然撤去されていました

・金虹橋商城
2014年にオープンした、地下鉄婁山関路駅に隣接する飲食も充実した施設。キーテナントとして日本のスーパー「APITA」が地下2階に入り、1階にはFRの「GU」、GAPの「OLD NAVY」、地場ブランド「MJ Style」「Hot Wind」などが入る。在上海の日本人には「APITA」で日本食材が手に入る事から、人気は高く好調であったが、テナントが入らず、収益モデルがぐらつき赤字が続いていたことから、香港投資会社に現地法人の株を売却した。その後はライセンス契約を結び「APITA」の屋号を残し、営業は継続されている。当初仮説は、スーパーを核に、飲食、物販、児童教育、などのライフスタイル提案型の施設を目指したが、飲食では上層階、地下のフードコートでの集客はできているも、アパレル、物販に関しては、集客が読めるブランドを招聘できなかった事、他の施設との明らかな差別化ができなかった事が、集客も知名度も上がらない要因に陥っていると思います。すぐ目と鼻の先にある南豊城との集客力の差が、その事実を物語っています。
J Town(日本生活街区)と銘打ち、飲食、物販のテナント誘致を行っているが、ほんの一部に日系飲食店が入っただけで、常に閑散としている


次回、残り3施設について書かせて頂きます。

それでは!
 2017/06/10 01:20  この記事のURL  / 



個人情報の一人歩き...或るセミナー登壇!
FACEBOOK(FB)でお友達になっている人でしたら、私がFBでUPした内容を見られた事があるかと思いますが、ここ最近中国内外で私の個人情報(名前、顔写真、前職/前々職の仕事内容、現在のコンサル内容...)が漏れており、勝手に『6月18日に"........"という内容でセミナーを開催します』という、信じられないセミナー参加募集告知がSNS上で散見しています。




上のセミナーについては、冗談抜きで私は一切知ら無い事、主催のその協会、団体とも一度も面識すら無い状態。当然ながら、何も話した事が無いのに、勝手に日付を決められ、写真が掲載され、講演のお題目も決められ、MAX200名の募集をしており、更に驚くのはセミナー参加料、つまり有償セミナーである事...。
もちろん、主催者側とは何もコミニュケーションを取って無いので、セミナー対価の話しも何もしていません。

正直まるで詐欺、何か狐につままれた感じしか有りません。
それに、主催者側から事前に一切何も私に連絡はなく、セミナー開催のSNSを受け取った私の知人から、私に問い合わせが有り、セミナーの存在を知ったという有り得無い状況。

或る中国の知人から「内田さんは多くの中国アパレル企業に対して、指導をされていて、中国のアパレル業界の中で、名が売れてきたから主催側が勝手に利用している、仕方が無いのでは?」という事を言われましたが、そんな悠長な事ではなく、主催者側がセミナーを開催し、そのセミナーで私が何かしら話しをする必要があるのであれば、常識的に面と向かってオファーをするべきでしょう!と言いたいわけです。その話合いの結果、私が、登壇する、登壇しない、講演内容、などを協議、決定するべきと。

というのが、昨日までの状態。ではいま私が何をアクションしているかと言うと...知人を通じて今回のセミナーの主催者(中国服装協会)に対して、直接面会し、セミナー実施に至った経緯、質疑を話す場を依頼しているところです。何故、私から動く必要があるのか、全く持って納得いきませんが...。

それでは!
 2017/06/08 14:05  この記事のURL  / 



| 次へ
プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード