« 2014年08月 | Main | 2014年10月 »
台湾に日本ブランドの可能性が有る!
久々に台北を訪れました。目的はクライアントの9月19日台湾新規ローンチOPENに向けた売場確認会参加と売場修正。

4年振りの台北の感想は、桃園空港から都心に向かうまでに、高層マンションが建ち並んでいた事、街中に日本語が氾濫していた事(日本食レストラン中心)、地下鉄などのインフラ整備がされ移動が格段に便利になっていた事、サービス面も向上している、など小さな変化、大きな変化取り混ぜて街が変っていることを感じました。
西門町、まるで渋谷センター街の様です。映画「永遠の0(ゼロ)」のビルボードを掲げられるのは台湾ならでは・・・
101地下にELANDの2つのブランドが,9月5日にローンチしました
クライアントの台湾ローンチ1号店は101横のATTの3階



元々、親日、日本贔屓の人が多い台湾、我々日本人にとっては安心して生活が出来る、世界でも数少ない国だと思います。当たり前ですが、地下鉄に乗ってもキチンと並ぶし、エレベーターも人が降りるまで乗って来ないし、エスカレーターも片側を空けて乗る等、マナーも良く、タクシーに乗っても近い距離でも嫌な顔ひとつせず、笑顔で対応してくれます。横断歩道は人が優先、正直日本に近いこの慣習に落ち着くし、ホスピタリティ・居心地の良さを感じ、何のストレスも感じません。

一方で私が住む上海(中国)はまるでその逆、昨日も台北から虹橋空港に着き、タクシー待ちの行列に並び、やっと順番がきて乗車し行き先を言ったところ、遠距離ではない為か、いきなり嫌な顔をされ、ブツブツ文句を言われる始末、何なら他のタクシーに乗り換えないか?とまで言う運転手。居心地の良い台湾から、中国系の居心地の悪い航空会社に乗り、極めつけはこのタクシー運転手。日本人と分かると敵対心剥き出し。。。

元々同じ中華民族の2つの国/地域、統治のされ方の違いから60数年経った結果がこんなにも大きなレベル格差になっています。台湾の民度は益々向上する一方で中国の民度は下がる一方、残念ながら今後もこの格差は広がり続ける、と改めて実感した今回の台湾訪問でした。
両国は物質面は大差無く、精神的な余裕の格差が両国の居心地の善し悪しに繋がっていると感じます。

日本のアパレル企業の方から本当に頻繁に質問されるのが、「アジアで初進出するなら、まず何処の国が良いか?」というもの。私の回答はこれまでも「中国では無く、台湾か香港ではないでしょうか」と・・・今回の出張でそれを確信しました。まずは親日(日本を向いている、憧れが有る)の台湾に進出、販売実績と海外での商売、中華圏でのノウハウを蓄積してからでも、中国展開は遅くは無いと。逆の言い方をすると「台湾で勝てないと、その他の海外では勝てない・・」とも言えると思います。

とは言え、私自身(弊社)は相当ストレスが溜まる中国、日本のアパレルにとってはハードルが高い中国で、ビジネスをしようと決めたので、戸惑う事の連続で我慢しながらも私がやりたい事、言いたい事を愚直に伝えていくしか術は無いと考えています。

中国は昨日6日(土)より明日の8日(月)まで中秋節の3連休中、秋商戦最初のピーク、盛り上がりとなります。後でマーケットをチェックしに行ってきます。

そして、今週も出張が続き水曜からは中国南部のトンガンで子供服アパレルへの3日間に渡る社内研修。国慶節休暇を利用してのアメリカ視察迄3週間ちょっと、それを目指して頑張りたいと思います。

それでは!
 2014/09/08 13:45  この記事のURL  / 



環球港は賑わいのある施設として確立されたか?
8月も終わり、明日から9月という事で今年も残す所4ヵ月となりました、いゃ〜時間が過ぎるのは本当に早いものですね。
ここ最近の上海は最高気温32度、最低24度と、めっきり朝晩が涼しくなり,秋らしい気候になってきました。この時期は三寒四温で風も引きやすくなるので、皆さんも身体には御気を付け下さい。
巨大な神殿風のファサードはインパクトがあります
フロアー随所に吹き抜けがあり、海外のアウトレットモールのような雰囲気



さて、表題の「環球港」の事は、このブログで何回も書かせて頂いています。昨日31日に5ヵ月振りに訪れてみると、夏休み最後の日曜日という事も有り、多くの家族連れで賑わっていました。各アパレル、リテイル共に「BACK TO SCHOOL」のプロモーションをしている所が目立ちました(中国は日本と違い、9月に学期スタートします)。子供服買い替え需要、学生が新学期で使う文具を取り扱う店が集客していました。

中国で流行る商業施設の必須条件は以下の5点です(万国共通だと思いますが)

@パーキング台数
A幼児、子供の遊具施設
B軽食・飲食店の豊富さ
C巨大スーパーマーケット
D交通利便性

40万平米を超える巨大商業施設である「環球港」は、上記@〜D全ての条件を網羅しているばかりか、市内の優立地、中国一の巨大施設という話題性、館自体の集客策も効を奏した結果、集客増に繋がっていると感じます。中国全土からの一般のお客さん、百貨店/MALL商業施設関係者が訪れ、そしてこの施設の可能性、将来性に魅力感じた新たなテナントが続々とOPENしている事に驚かされます。
もうすぐ日本にローンチするCOS
こちらはCOSのメンズ
日本未上陸のCLUB MONACO、私がJ CREW同様にVMDのお手本とするブランドです



5ヵ月前のブログでは「集客は有るも買い上げに繋がっていないのでは?」「プロパーでは無くキャリー物を目玉にしている」という事を書かせて頂きましたが、今回訪れて目の当りにしたのは、お客さんが涼しくなった気候からか、間違いなく秋物新作商品を買いに来られているという行動。アパレルで例を挙げるとCOSやUNIQLO、MUJI、新たにOPENしたHOLLISTER(小型店)、AE、中国ドメスティックレディスブランドのショッパーを持ったお客さんを多く見掛けました。
親子で賑わうMUJIのステーショナリーコーナー
このようにオケージョンを確実に商売に繋げる事が重要です
売場規模は120坪ほどの小型店、無理をせず小さな店舗で出店し様子を見ているのだと想像します
中国の施設では、子供遊具は親子集客面で不可欠、逆バンジー、ジャングルジム、ミニカートなど
マンション不動産のブースも不可欠、男の子に人気のレーシングカーのミニレースができます



あくまでも私見ですが、僅か半年前迄は上記の@BDの要因で来店客数は日増しに増えていましたが、今回更にA逆バンジージャンプ/巨大ジャングルジム、C英国系スーパーマーケットTESCOのオープン等で、夏休み期間中である事を差し引いても、これまでの来店するだけでなく消費(購入)する施設に明らかに変化してきている事が分かります。
それを受けてか、各アパレルリテイルもSALE商材は下げ、ウィンドウ、店頭もしっかりと秋物で立上がり、在るべき商売に繋げています。

一般的に中国の商業施設は、OPENしてから稼動(知名度を上げ、集客させる)するまで約3年は掛かると言われていますが、この環球港はOPENして一念足らずですが、フロア上層部空き区画の活性化課題を除けば、確実に売上と利益を残せる期待の施設になりつつある、というのが私の結論です。
以前この施設を見られてガッカリされた方々もいるとは思いますが、「街は変る」の道理で言うと「施設も変る」わけですから、再度見に行かれる事をお薦めします。


また明日から広州、台湾出張の旅に出ますので、ブログ更新が滞るかと思います、あしからず。

それでは!



 2014/09/01 12:00  この記事のURL  / 



前へ
プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード