« 2013年11月 | Main | 2014年01月 »
韓国のユニクロ「SPAO」ようやく中国にOPEN!
金曜日から今日迄の3日間、不覚にも高熱を患い寝込んでしまいました。十分な仕事納めもままならず、関係各位様には御迷惑お掛けして申し訳有りませんでした。この場を御借りしてお詫びを。。。
今年は健康で1年過ごしましたが、最後の最後で無理がタタリ、上述の結果に、でも年内で全て膿みを出しました、来年は中国で会社設立して丸3年を迎えます、健康だけには留意して邁進して参ります。


さてタイトルの「SPAO」は、ご存知韓国イーランド社がユニクロのフォーマットを研究し尽くして(と言うか、模倣と言ったほうが早いと思います)生み出したカジュアルブランドです。確か2008年にブランドが出来た当初、1号店を明洞のユニクロの大型店の真横に店を構えた時は正直驚きました。商品、カテゴリー、プライス、販促手法、POP、VMD等、どれをとってもユニクロとウリフタツだったから。唯一違ったのはクオリティ、そしてMK手法(当時の韓国のアイドルとのコラボで賑々しく演出していた事を昨日の様に覚えています)
その時のイーランド社の発表では「SPAOは中国展開向けに開発したカジュアルブランド!」と言っていたのですが、中国ローンチは今年2013年12月でした(上海は12/9、北京は12/14)、実に5年間の時間を掛け機が熟したと判断しての上海、北京同時OPENという事なのでしょう。でも中国より先に激戦が予想される日本で、横浜、仙台、福岡と立て続けに店舗OPENさせています。日本の評判はどうなのでしょうか?

この上海旗艦店、ラッフルズと人民広場歩行街との間に位置します。丁度 春秋航空と同じビル内になります。よくもこんな良い場所が都会のど真ん中に空いてたな?と驚くほどの好立地。ただ「上海では通りから数メートルでも下がったところにある商店や店は売れない」というジンクスがあります。このSPAOもまさに20メートル程メイン通りから奥まっていて、さぁ今後どうなるか?注目したいところですね。

OPEN第1弾は99元ダウンとブーツ。ユニクロのみならず上海のマーケット価格をリサーチしています。GUも研究している事がよく分かります
第2弾はダウンが目玉価格の79元
元何が有った場所なのかを思い出せません。それくらい印象が無い場所。ただ残念ながら通りから20メートルほど入ってしまっています
違う角度からファサード全体を見ると、4階のステーキハウスも含めて絵になる良い雰囲気です
4層の内訳、1.2Fにカフェがあります。実はいま中国では韓国スタイルのカフェが密かな人気です。この店もゆったりできそうです



さてこの旗艦店の建物自体は四層3.600平米、SPAOは1階〜3階(約2.800平米),4階は自らが運営するステーキハウスとなっています。
この店も韓国のアイドル、SPAOのイメージキャラクターを務めるSUPER JUNIORや、f(x)の写真が至る所に多用されていました。
ウィメンズを中心にメンズ、キッズ、雑貨と多彩なラインナップが揃う構成になっています。価格設定については研究しつくした感があり、イーランドグループの他のブランドより比較的低く設定し、若い世代でも気軽に購入することができるラインとなっています。
いわゆるジューシー・クチュールタイプのベロア上下SET、このSETは中国ではどのブランドもよく展開してます。研究の成果かな。OPEN第1弾は上下で199元だったようです。そりゃ売れるわ・・・
アパレルよりも目立ったのが雑貨の充実ブリ。このディパック2型、各型10色展開、199元
更にこちらは何と99元、こちらのバッグの方が人気でした
靴の見せ方、販売方法の参考になりますね
しっかりとコーデ展開しています
メンズも同様コーデ展開。クリスマス週の強化商材
メンズ綺麗めコーナー、でも素材クオリティが悪過ぎる、これは難しいと思います
有りとあらゆる所に置かれているPOPスタンド・・・
こんな感じで微笑まれたら、そりゃ少々高くとも、オーダーしちゃいますね




最後に。
私は明日から日本へ帰省し、少し身体を休め英気を養い、また新しい年にむけ、色々と新しい仕事にもチャレンジしていく所存です。来年も公私共にどうか宜しくお願いします。また引き続きこのVMDブログもチェックして頂けると嬉しいです。

それでは!
 2013/12/30 01:30  この記事のURL  / 



あの「LINE」が中国に本格的に殴り込み!
今日上海の地下鉄駅で電車を待っている時、見覚えの有るキャラクターの電車がホームに入って来て、一瞬目を疑った。そう無料の通話・コミュニケーションアプリとして、日本のみならず世界規模で若者を中心に圧倒的なシェアを獲得している「LINE」の電車ジャックだったのです。




ご存知「LINE」は、2011年6月23日にサービスを開始して以降、ユーザー同士で、音声、ビデオ通話、スタンプメールが楽しめるコミュニケーションアプリとして、世界中で急速にユーザー数を伸ばし、いまや世界中で3億人が利用する“モンスター”サービスとなっています。アジアでは二強と言われるもうひとつの「WeChat」(6億人/2013年10月現在)の本拠地中国に宣戦布告した事が今回の広告活動で見て取れます。事実私の「LINE」にも中国語でのメッセージが最近非常に多く送られてきています。



LINE社(旧NHN JAPAN)のサイトによると・・・
「LINE」は東アジアはもちろん、スペイン・メキシコなどのスペイン語圏では継続してユーザーが増加。現在、インド・トルコに加え、フランス・ドイツ・イタリアなどの西ヨーロッパ地域でも各地域に特化したプロモーションおよび、現地通信キャリア・端末メーカーとの協力を強化することにより、新規ユーザーの獲得を進めています。特にスマートフォン市場が急速に伸びているインドでは、言語対応や現地の著名人を起用した限定スタンプを提供するなどのローカライズを進め、本格的な展開を開始して3ヶ月で、インド国内ユーザーが1,000万人を突破し、年内2000万人突破も視野に入っています。
また、世界各国で同時に新規ユーザーが増加することにより、サービス提供開始から1億ユーザーの突破までには19ヶ月間、1億ユーザーから2億ユーザーの突破までには6ヶ月間、2億ユーザーから3億ユーザーの突破までには4ヶ月間で到達するなど、ユーザー数の増加ペースは加速し続けています。

私たちがなすべきことは、「世界中で大切な人とのコミュニケーションをより楽しく、豊かにすること」です。ですので、海外への展開は、いつでもチャレンジしていたいと考えています。今後もLINEは様々なコミュニケーションの可能性を追求し、新機能の開発や、サービス品質の改善を行いながら、2014年中に世界5億ユーザーの達成を目標に掲げ、世界No.1のコミュニケーションサービスへと成長することを目指してまいります。





私は中国に住んでいる為、どうしても多くの中国ローカルが使っている「WeChat」を日常的に利用しています。日本の知人とは「LINE」を利用する等、使い分けを行っています。ローカルの中で「LINE」を使っている、または知っているのは日本の留学から帰って来た人、日本企業に勤めていて頻繁に日本と中国を行き来していたり、こちらに日本人の友人が居たり、という人に限られており、正直言うとほとんどの人が「LINE」を聞いた事も無い人達ばかりだと言う認識です。

「LINE」は今後も中国も含めて世界的レベルで広告活動をしユーザーを増やしていく戦略だと思いますが、一方の「WeChat」はあのFCバルセロナのリオネル・メッシを用いたテレビCM等のグローバルマーケティングで、今年は196億円相当を費やすなど、海外でのブランド確立が「今がチャンス!」と考え積極的に資本投下を行っています。

「LINE」が「WeChat」の牙城である中国を如何に崩して、多くのアクティブユーザーを獲得できるか?これからがLINE社の腕の見せ所でも有り、私個人的にも興味があります。しかし日本発のコト、モノに対して昨年の尖閣諸島問題を機に、正直まだまだ根底にわだかまりが有るため、並大抵のやり方ではなかなか難しいと考えますが、日本でもそうだったように若い層「90后」(1990年以降生まれ)の若者にターゲットを定め、中国の女性が喜ぶようなアイドル、タレントとのコラボ、スタンプ提供や、若者が愛用している自撮携帯カメラ、小物グッズとのコラボ、音楽供給など、「WeChat」を研究しながらも、差別化できるコンテンツを仕掛ける事が非常に重要だと考えます。



それでは!
 2013/12/23 11:50  この記事のURL  / 



日系女性ファッション誌の状況は?
昨年の日中関係が最悪状態の時でも、日系のファッション雑誌が街のブックスタンドから無くなる事は有りませんでした。それくらい日本のファッションを自身のコーデの参考にしたり、読みやすい誌面構成、すぐに活用出来る特集がこちらの女性達に自然と受け入れられている事を感じます。ただ世界的にネットでのファッション情報発信が増えた事により、リアル雑誌を毎月購入するといった行動も、一時期に比べ影を潜めている感が有ります。





それでも、添付写真のように日系のみならず欧米の各種雑誌の中国語版が並び、地元中国の女性/男性ファッション誌やトラベル、カーライフ、等など数多く置かれています。ネットやスマホなどでの情報収集が当たり前になっている現代ですが、じっくりと写真を見て、活字情報を読む、という慣習もこと「ファッション」においてはまだまだ健在だと考えます。



話しは変わり、以かなり前にこのブログで御紹介した、日本の雑誌が閲覧出来るサイト「麻豆児(madouer)。日本で発行されている女性(4つのテイスト別)、男性、アイドル誌等、一部上述の中国の雑誌も閲覧する事ができます。違法サイトなわけですが、これを毎月に楽しみにしている若者が数多く居るという事実もあります。

http://www.madouer.com/

例えば女性誌の中で「甘美性感」(sweet&sexy)カテゴリーだけを見ても、7誌を掲載しており、ほぼ全ページを閲覧する事ができます。ただ残念なのは、突然或る月の雑誌が掲載されなかったりと、安定していない部分に中国らしさを感じてしまいます。

面白いのはこのサイトでは各雑誌の人気バロメーター(閲覧者の支持数)が「熱度」という数字で表されています。例えば女性誌の「甘美性感」カテゴリーでNo1.人気は「VIVI」、各号で支持数はバラバラなのですが、平均で言うと毎号約30万人以上がこのサイトで「VIVI」を閲覧しているという計算になります。2013年で見ると写真の10月号が一番の人気で51万人が見ているようです。次に男性誌を見てみるとダントツは「MENS NONNO」、平均で3万人、2013年で見ると写真の11月号が一番の人気で5万人と、女性誌の「VIVI」と比べると10分の1の閲覧に留まってしまっています。男女のファッションに対する関心度の違いが分かります。






それでは!
 2013/12/21 18:50  この記事のURL  / 



【告知】「それでも中国」12/22(日)読者交流会開催!
これまで何度かこのブログでも書かせて頂いていますが、戦後最悪とも言われる日中関係のなか、今年8月末、『在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由』が出版されました。私も少しだけですがコラムを書かせて頂いています。中国18都市に暮らす10代から70代までの日本人108人の綴る言葉からは、ニュースの裏側の中国の素顔が見えてきます。

以下告知となります。
・日本の書店の中国関連コーナーで平積みされていたり、日中の新聞(日経新聞)書評やテレビや上海のフリーペーパーでも紹介されましたのでご存知の方も多いのではないでしょうか。今も増刷を重ねロングセラーとなりつつあるなかで、読者からこんな声が聞こえてきたそうです。「自分がなぜ今、中国にいるのかを考えるきっかけになった。しかもそれを話したいと思っている人たちが周囲に少なくない。筆者たちの話を聞く機会もあったら嬉しい」

そんな声に応え今回の「在中日本人108人プロジェクト」主催で、熱く語り合う読者交流会を開催されるそうです。

ここ数年日本で話題となっているビブリオバトルをちょっぴり取り入れ、筆者そして読者にそれぞれ、出版“その後”と“未来”を語って頂きながら、ディスカッションと交流を深めていくというものだそうです。

あと少しだけ席に余裕が有る様です、上海在住の方、もしくは上海に出張に来られる方、どうぞお誘いあわせのうえ、ご参加ください。





それでは!
 2013/12/17 11:00  この記事のURL  / 



2014年 中国法定休暇日程発表!
お待たせしました、昨日11日に中国国務院(政府)弁公庁から「2014年法定休暇及び振替出勤日日程」に関する通知が発表されました。

詳細は以下の通りです。この暦に沿って中国政府機関はもとより、中国の交通運輸、もちろん中国で事業展開をされる日本企業を含め、諸外国の企業全てに適用されます。

要点を纏めると。
1月1日元旦が1日のみ休みのほかは、3連休が4回、7連休が2回と比較的規則正しく、7連休前後の振替出勤も減ったが、中国国民には戸惑いの声も広がっているようです。
国民がもっとも受け入れ難いのは、春節休暇が正月元旦にあたる初一(2014年は1月31日)から初七の7連休となったこと。大晦日は出勤日となる。大晦日が法定休暇になったのは2008年以降だが、帰省するためには大晦日を休みにしてほしいという意見が多かった為だったようで、今回の改正で、大晦日が出勤日に戻ったことで、春節を故郷で過ごすのが難しくなってしまったという声が上がっている。

【2014年中国法定休日】
元旦:1月1日(水)

春節:1月31日(初一・金)~2月6日(初七・木)7連休  ※1月26日(日)、2月8日(土)は振替出勤

清明節:4月5日(土)、4月7日(月)振替休日 ※6日(日)を挟んで3連休

労働節:5月1日(木)〜3日(土)3連休  ※5月4日(日)は振替出勤

端午節:6月2日(月)  ※5月31日(土)、6月1日(日)と続けて3連休

中秋節:9月8日(月)  ※9月6日(土)、7日(日)と続けて3連休

国慶節:10月1日(水)〜7日(火)7連休  ※9月28日(日)、10月11日(土)は振替出勤


以上となります。中国関連のお仕事をされている方は、、この最新法定休暇情報は大変貴重ですよ!

それでは!
 2013/12/12 22:10  この記事のURL  / 



| 次へ
プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード