« 2013年09月 | Main | 2013年11月 »
DENIM & SUPPLY RALPH LAUREN!
NYリサーチの最終日、最後の最後、ほんのついでに訪れたUnion SqのUNIVERSITY Place × E12Stでその感動は待っていました。。。今回のNYリサーチで一番の収穫でした。今年の初め多くの人に惜しまれてブランドを解体したRLの「RUGBY」が有った場所が何に生まれ変わっているのか?をただ単純な興味本位でこの目で見たかったので、何の前情報も無しに行って見ると「DENIM & SUPPLY」(以後DS)が今年の5月にOPENしており、「いゃ〜来て良かった!」という素直な感想。お店のスタッフに許可を得て撮影した店内写真を特別大サービスでドーンと御届けします





DENIM & SUPPLYはご存知の通り、Ralph Laurenのオーセンティックなアメリカの伝統に根差し、フェミニンなユーティリティとロマンチックボヘミアンの意外性ミックスが特徴のデニムとスポーツカジュアルのブランド。今年の秋冬はベーシックアイテムのデニムにタータン柄やアニマルプリントを組み合わせたロックなスタイル。日本でも既に20店舗弱は有るようですが、この店の様にどこもカッコいいのでしょうか?キャットストリート店を見ていないので何とも言えませんが。

このDSの店舗の何が凄いか?と言うと、ブランドの世界観(デニム×ボヘミアン×ロック)を余す事無くインテリア、アトモスフィー表現で来ている事に尽きます。服を中心に据え、床、壁、天井、照明それぞれの演出、そしてプロップス(ディスプレイツール)を多用するも、服を邪魔しない表現に抑えているバランス感、ウ〜ンと唸ってしまいました。私の御薦めは?売場の演出もさることながらFRの広い空間とFR内部の拘りは必見です。









個人的にはLAのMelrose Aveに有るRRLの店も味があり好きですが、今回のDSの店はそれを上回っていると感じます。いずれにしてもRLの服作りへの拘りが、その服を売る器(店舗)にまで愚直に表現出来ている事に驚かされます。流石ですね。

この店、NYリサーチ時必見にされるべきかと思います。
明日1週間のNYリサーチを終え、一旦日本に帰り、すぐに上海に戻ります。

それでは!
 2013/10/07 08:45  この記事のURL  / 



NYも残すところ2日になりました!
マンハッタン各エリア、ブルックリン地区、郊外のMALLという大別すると3つのマーケットをほぼ駆け足で見て回りました。Chelseaのギャラリー巡り、そして観光気分でコニーアイランド徘徊と、充実した今回のリサーチ。残り2日は場所を絞りみっちりと見て回りたいと思います。ミッドタウンの百貨店、バーニーズ近辺。そして最終日はトライベッカ、ユニオンsq辺りをくまなく見る予定です。
街は既にハロウィンムード一色です



だけど昨年の同時期に比べると、あくまでも私見ですがこれと言った話題の店も無く、何か落ち着いた感は有ります。私が個人的に好きなJクルーのMDも何か物足りなさを感じます。もちろん、VMD面も然りですが。。。毎年来ているせいかも知れません、1年ほど空けてまた来てみると何かしらの変化を感じるのかも知れませんね。来年はロンドンにでも行ってみたいと思います。

それでは!
 2013/10/05 21:50  この記事のURL  / 



NY視察に来ています!
毎年恒例、中国が国慶節の休みになるタイミングでのNY。今年はロンドンでも・・・と考えたのですが、カジュアルブランドで見るべき点が多いNYにしました。

話題のハイライン・ホテル、今年の5月にOPEN。1895年に建てられたゴシック調の建物は元々は神学校の寄宿舎。内装を手掛けたのはローマ&ウィリアムス。ACE HOTELを手掛けた世界中から引っ張りだこのインテリアデザインチーム



海外視察を毎年恒例にしている理由としては、ずっと中国上海に居て仕事をしていると情報不足に陥ります。特に中国企業さんと御付き合いをしていると、彼らの方が半年に1回、日韓はもとより、欧米市場に行かれ、情報をキャッチUPしています。そういう彼らと同じステージで話しをするためには、せめて年間1回でも、海外を見て刺激を受けるというのが最大の理由。もうひとつの理由は、リフレッシュをしながらインプット(引き出しを増やす)をしに行くというものです。中国に居ると常にアウトプットばかり、流石にこれまでの昔取った杵柄・・・では、進んでいる世の中で太刀打ちで来ません。

海外の街、空気、文化、言語、人に触れるだけでも、気持ちの高揚、刺激、次への構想に繋がります。そして視察は基本は一人、連れが居るとどうしても気遣いが必要になり、自由な行動をしたい視察の邪魔になると考えるから、NYに知合いが居て必要であれば連絡をして事は足りるから。行きたい時に行きたい所に行き、休める時に休む、怠惰に思うかも知れませんが、たまにはこんな1週間も必要だと思います。

残り3日間、急がず、慌てず、見たい物を見にいく時間に費やします。

それでは!

 2013/10/04 21:35  この記事のURL  / 



前へ
プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード