« 2013年06月 | Main | 2013年08月 »
上海月星環球港を見て来ました!
先週7月5日(金)にプレOPENした「月星 環球港」(英語名:Global Harbor)を、本日7日の七夕の日のチェックしてきました。

この施設、実は昨年の国慶節に合わせて(9月22日予定)準備が進められていましたが、中国では至極当たり前に延び延びになり先週OPEN、実に10ヶ月後ろ倒しという事になります。

そして、この施設の規模は聞いて驚くなかれ、総建築面積は48万平方b、商業面積は32万平方b。日本のSCと比較すると、越谷レイクタウンが商業面積24,5万平方b、ららぽーとTOKYO-BAYが12万平方b、如何に巨大な面積を誇るかがお分かりかと思います。もちろん、上海最大、当然中国No1のSC、そして世界でも規模で第4位のSCという触込みになっています。

施設の構造は、地下2階〜地上4階の6層に400店以上のブランドショップ、100店以上の飲食店のほか、映画館や劇場、スケート場、ジム、美容施設、キッズパークなどが入居する。そのほか画廊や多目的ホールなど市民の発表の場も3万平方b規模で設けていくそうです。
今後はOFFICE棟やホテルも徐々にOPENさせていくようです。
一昨年に関係者から見せて頂いた、この施設の各フロアーコンセプト資料と比較すると、飲食は計画通り地下1、2F、4Fの各フロアーにうまく散らしているのですが、アパレルについては、当初計画の価格別フロアー分けリーシングからはほど遠かったように思います。例えば1Fのグローバルアパレルブランドで(平均商品単価5,000元以上)2Fは3,000元以上、3Fは1,000元〜3,000元、逆に地下1Fは1,000元以下、地下2Fは500元程度と。。。それを頭に入れて各フロアーを見て回ったのですが、入店し商品価格をチェックしても、「各フロアーでバラバラ」という感じで、かなりテナント誘致、リーシングに苦労したことが見て取れます。

駐車場(地下と屋上の計2箇所)は2,200台と都心中心部の施設としては極端に多いはずなのですが、土日の週末は周辺道路が大混雑するほどの、駐車場待ちが発生したとこちらのニュースでも伝えていました。これも巨大施設ゆえの悩ましきオペレーション検証不足からくるものでしょう。

では、上海のどの辺りにこの施設が出来たかというと、中山公園エリアから地下鉄3/4号線で北に一駅の金沙江路駅(先日開通した地下鉄13号線の始発駅です)、これまで中山公園のようにOFFICEビルや商業施設はほとんど無く、昔からの居住者が多く住む単なる下町でした。そこに中国一規模の大きな商業施設ができ、今後は周辺地区も更なる再開発が進み、古い建物の取り壊しが進んでいくことでしょう。
MAPの真ん中左に赤丸を付けている所が金沙江路駅、隣接して環球港があります



今日施設を見た素直な感想を言うと、「これまで中山公園龍之夢購物中心の一人勝ちだったこのエリアも、この環球港のOPENで少なからずとも影響を受けるのではないか?」と思いました。昨年までの私の見解は「龍之夢から一駅の場所に幾ら巨大な施設を作っても、商圏が重なっており龍之夢はびくともしないだろう!」というもの。なぜ180度見解が変わったかと言うと、今日施設全体を見てみて(OPEN景気とSALE OPENという事を差し引いても)、異常と思える人の入り、そのお客さんが学生の若い層から、カップル、家族連れ、如何にも富裕層と思える人達などが詰め掛けている事。そして龍之夢には無い、長時間滞在する要素である、エンターテイメント性のある施設が充実している事、具体的にはキッズ エデュケーション、4つの映画館、博物館など等が挙げられます。

今回のプレOPENでは飲食、物販を含め全体の50%程度しかOPENしておらず散々とした状態でしたが、これが全体グランドOPENすると言われている今月末辺りに、特に飲食が充実し全体が出揃うと、集客装置が完成し更に魅力的な施設になると思います。

日系で既にOPENしている物販は、Zoff、しまむら、axes femme、XEBIOくらい、その他UNIQLO、MUJIは未OPEN、メガネのJINSも未OPEN。セレクト系では香港のNOVOも未OPEN、グローバルブランドではGAP、H&Mも間に合わず、そして上海初ローンチでH&M系のCOSも未OPENと、若い層を集客するのに欠かせないこれらのブランド群がOPENした時にまたチェックをしにいきたいと思います。
施設の全体イメージ
重々しく宮殿のような正面入口
中国では吹き抜けの有る建物が人気です。この施設では天井がドーム状の大きな吹き抜けが有り、記念撮影スポットとなっています
回廊部分も日差しが差込み明るい感じ、アメリカの郊外のMALLのようです
最上階には4つのシアターがあり、カップル、家族連れで賑わっています
手前はGAP、その先にH&M。未OPEN
ユニクロも地下にOPEN予定
あのCOSが北京に続いて中国2号店をOPENさせます
XEBIOも浦東に続いて2号店をOPEN。1号店よりも小ぶりですが、集客は抜群でした
日系で最高の集客、恐らく売上も好調のようです・・・Zoff。OPEN特価50%OFF。地下2Fには競合のJINSもOPEN予定
この施設の一番人気は、4F吹き抜け渡り廊下にある、階下がガラス越しに見える場所。正直言って脚がすくみます。中国では何が起こるか分かりません・・・出来る限り渡るのは避けた方が懸命です・・・



今週後半は北京出張となります、大気汚染、暑さに負けずに頑張ります!

それでは!
 2013/07/08 19:30  この記事のURL  / 



あのB2Cサイト「1号店」が5周年!
最近上海の地下鉄コンコースや、車両内、そして屋外での広告が話題になっているのが、B2Cサイトの「1号店」。2008年に産声を上げて既に丸5周年(7月11日)という事での地下鉄車両ジャック等を仕掛けているようです。昨年2012年1月のブログにも書きましたが、当時上海の各地下鉄駅のコンコースに疑似販売機のようなものが登場して、街の話題になりました。

地下鉄に向かう階段付近。駅自体をジャックしています
メッセージを翻訳すると「考え悩まなくても良いですよ!外に出て買物したくは有りませんよね?すぐに1号店にアクセスして下さい!」非常に端的で分かり易いと思います
昨年初めのこの疑似自動販売式地下鉄広告は上海中の話題をかっさらいました



「1号店」は、取り扱い商品が多く、総合型ECサイトですが、出発は食料品や日用品をメインに取り扱うネットスーパー。2012年度中国B2Cオンラインショップ流通額ランキング第8位であり、売上は45億元までに成長しています。(日本円換算では、約675億円)。自前で構築した物流機能、配送サービスは大変秀逸で、朝、商品を注文すると、その日の夕方に届くこともあります、以下は「1号店」のURLとなります。
http://www.yihaodian.com/1/?type=3


現在の中国のECマーケット規模を見てみると、2012年は2倍成長、今年は日本市場規模を追い抜きそうな勢いです。その中でも最も取り引き総額が多く、成長著しいのがB2Cマーケット。その規模を見てみると。

・2012年中国B2C EC市場規模は、4792.6億元(約6兆5607億円/2012年末人民元レート 13,69円/1元)
・2012年中国B2C EC市場成長率は、99.2% となっています。

2009年からたった3年で、実に21倍以上の成長を遂げているそうです、これには本当に驚かされます。

では日本はどうかというと、経済産業省によると『2011年の日本国内B2C EC市場規模は前年比8.6%増の「8兆4590億円」で成長率がやや鈍化、2012年、2013年に同成長率で進展したと仮定すると、日本国内B2C EC市場規模は2012年 約9.2兆円、2013年 約9.9兆円となるので、中国B2C EC市場がが50%以上の成長をすれば、日本市場を追い抜く』ことが想定されます。

一方で、中国B2C EC市場は現在非常に激しい価格競争のまっただ中におり、各社赤字覚悟で市場占有率確保に激しい火花を散らしています。中国B2C EC市場の主要プレイヤーを見てみましょう(以下順位は2013年3月時点)

順位 ECサイト     占有率
1位.天猫商城(tmall)  44.1%
2位.京東商城(360buy)16.0%
3位.騰訊B2C(buy.qq) 3.8%
4位.蘇寧易購(suning) 3.5%
5位.亜馬遜(amazon.cn)2.3%
6位.当当(DangDang) 1.5%
6位.国美在線(gome)  1.5%
8位.凡客誠品(VANCL) 0.9%
8位.1号店(yihaodian) 0.9%


・最大手はご存知「天猫商城(tmall)」、天猫商城(tmall)は、淘宝(タオバオ)の運営するB2Cサイト。
・2位は京東商城(360buy)、この上位2社で中国B2C EC市場の60%のシェアを占めています。
・3位は騰訊B2C(buy.qq)、QQで有名な騰訊(テンセント)が運営するサービス。
実はこの「騰訊B2C(buy.qq)」は、2011年12月にオープンしたばかりの1年半足らずのサービスです。サービス開始時は「QQの広大なプラットフォームを持つ騰訊(テンセント)が淘宝に戦いを挑んだ」と話題になりました。2013年は2位 京東商城(360buy)との差をどれだけ縮めることができるか?が非常に楽しみ。
・4位は蘇寧易購(suning)です。日本ではLAOXの親会社でお馴染みの、中国最大の家電量販店「蘇寧(スーニン)」のECサイトです。蘇寧易購と言えば、2012年8月に勃発した「京東商城・蘇寧易購・国美商城の価格競争合戦」は多いに盛り上がりました。各社が「相手サイトよりも高い商品は値引きします」という宣言を行い、京東商城CEOが微博(ウェイボー)上で言及するなど非常に加熱したのは記憶に新しいところです。
・5位は亜馬遜(amazon.cn)です。日本ではつい先日「Amazonの2012年日本国内売上高が楽天に匹敵」と言うニュースが話題をさらいましたが、Amazonは中国では苦戦している状況です。亜馬遜(amazon.cn)は、2004年に米Amazonが中国EC企業「卓越(ジュオユォ)」を買収し、しばらく卓越の名前で展開していましたが、2011年に亜馬遜へ正式に名称変更しました。そう言えば上海のマンションでも亜馬遜の宅配自転車・電動バイクをよく見かけます。
・かつては中国3大ECの一つと言われていた当当(DangDang)は、現在は6位まで転落してしまっています。中国B2C EC市場の競争の激しさを象徴しています。
・同率6位の国美在線(gome)は、中国家電量販店第2位の国美電器のB2Cサイトです。企業買収を繰り返し、拡大をしてきました。中国家電量販店1位(本ランキング4位)の蘇寧にはECの面でも遅れを取っており、「価格競争合戦」でも耳目を集めた国美在線(gome)の今後の動向が気になるところです。
・8位は凡客誠品(VANCL)と1号店(yihaodian)です。凡客誠品(ヴァンクー)は、「中国のユニクロ」とも呼ばれているファストファッションのネット通販会社です。昨年は経営陣が相次いで退陣し内部的な問題を抱えている様です。

そして、1号店(yihaodian)は、昨年2012年11月に世界最大の小売チェーンのウォルマートに買収されたことで話題になりました。「スーパーマーケットの成長の方向性としてECが必須」とする企業戦略の一環での買収劇だったようです。


という事で、1号店は8位に甘んじていることも有り、5周年を迎える今月、大規模なプロモーションを仕掛けてきているという事になります。日頃、常に街をウォッチしていて気になる事が有れば、すぐにその理由を探し出す、これが「自称マーケッター&VMD?」のしがない性です(笑)

それでは!
 2013/07/05 00:20  この記事のURL  / 



SALEだからこそウィンドーは手を抜かない!
日本も、中国も、全世界的にSALE真っ最中。今回のタイトル、至極当たり前かも知れませんが、できそうで実はなかなか出来ない事です。それは何故か?一般的に言うとプロパー販売時期は入店喚起や新商品の紹介、ブランドイメージ訴求目的でウィンドーに気を遣います。ですが意外と気を遣っていないのがSALE中のウィンドー表現なのです。ウィンドーよりも、店内のアイテム別/割引率別陳列や在庫量確保、スタッフのシフト体制ばかりに重点が置かれます。ですが、できるブランド、言い換えると長年御客様に支持をされるブランドは「SALEウィンドーは非常に効果が有り重要!」と気づいているのだと思います。
北京のJOYCE、刺々しい感じですが、商品のカラーに合わせ、暖色、寒色の円錐形での表現、ウィンドーの奥行き、高さ、立体的に見え、引き込まれるような錯覚に陥ります



ここ4〜5年のSALEウィンドーの傾向として、ファストファッションやSPAブランドが定着させた「SALE文字だけの明示」が有ります。例えば・・・ZARAが代表ですが、モノトーンの小石の背景に赤い文字でSALEというタペストリー(タペ)、このタペを見ればZARAのSALEがスタートした!とお客さんに認知されています。ウィンドー内のマネキンは撤去され、このタペに取って変わった訳です。理由は簡単、マネキンを用いたディスプレーは手間が係り、非効率的。この手間を上述の様に店内に費やすということだと思います。この方法を他のH&Mやユニクロ、中国に於いてもローカルブランドも追随していっていました。
常に手を抜かないのがMaxMaraグループの成せる業。iBLUESも素敵です!背景のグリーンに映えるカラー(トリコロール)、動きが有り楽しさを表現しているマネキン配置と組合せ、そしてこららのカラーにしっくりきて目立ち過ぎない山吹色でのSALE文字
こちらはSPORTMAX、左右のウィンドーでカラーを変え、着こなし表現をしています。これじゃSETで思わず買ってしまいますね。SALE文字はブラック
こちらはCLUB MONACO、盛夏のウィンドーの植物の切り絵を利用したSALE表現。バックスタイルを見せるあたりはVMD表現の心髄、SALE文字は大きくレッドで。
itのウィンドー、香港系ではこのITグループが「SALEで手を抜かない!」を浸透させたと言っても過言ではありません
INDITEXグループのstradivariusのウィンドー、これまでのMaxMaraグループの各ブランドと比べると、ウィンドー表現力そのものは随分劣るも、売りたいアイテムを単品で表現しています(盛夏のウィンドーはトラベルを表現しており、それを再編集したもの)




ここへ来て、手間は係るが他ブランドとの差別化の意味に於いて「SALEウィンドー訴求見直し」が少しずつですが変化してきた様に見えます。SALEの文字明示だけでなく、しっかりと商品、コーディネートを訴求し、更にプロップスを用いて、インパクトを付けています。
ただ面白いのは、「SALEだけのためにウィンドー制作経費を投下しているのでは無く、夏物最終プロパー販売時のウィンドーをSALE用に再編集している」という事。今夏この方法が幾つかのブランドやセレクトSHOPに見られました。これは有る意味合理的な考えだと思います。ただ勘違いしないで頂きたいのは、単純にプロパーウィンドーをたまたま再利用しているのではなく、事前に仮説立てとして「プロパーウィンドー→SALEウィンドーに編集する」というストーリーが出来ているという事だと思います。ここがミソなんですね。例えば・・・春立上がりのウィンドー、バレンタイン、初夏の装い(旅行、スポーツ等)、子供の日、母の日、父の日、盛夏、SALEというオケージョン別ウィンドープランを立てる際に、最後の2テーマを同時に考える、という事です。中国に於いては、春立上がりが春節(旧正月)のウィンドーに取って代わります。

まとめると「たかがウィンドー、されどウィンドー」だと思います。ご存知の通りこちら中国マーケットは世界中の外資系ブランド、世界を研究しているローカルブランドが犇めく、既にワールドカップ、いやオリンピック級の戦いが繰り広げられている激戦地。ウィンドーでの差別化が不可欠だと確信しています。絶対にウィンドーにプロップスが必要という事を言いたいのでは無く、折角ディスプレーをされるのであれば、適当にコーディネートをするのではなく、SALEだから残り物、残品感を見せるのでは無く、しっかりとLOOK提案をすべきだと思います。


それでは!

 2013/07/04 22:50  この記事のURL  / 



上海郊外SALE突入模様!
今日日曜日の上海は当初小雨の予報がはずれ快晴、気温も31度まで上がり絶好の買物日和という事で。都心から少しだけ郊外の虹口地区に有る、定点観測している「凱徳 龍之夢広場」のSALE状況をチェックしてきました。
龍之夢へは地下鉄3号線で。3号線のラインカラーはイエロー、強化商品のカラー「ブルー×イエロー」が一緒という事で「swatch号」でした



日系、中国系、デンマーク系のそれぞれのブランドは先週22日からSALEスタートしており、多くのお客さんを集めていました。割引率は様々ですが、30%OFFがほとんど、一部は既に50%OFF、中には70%OFFや90%OFFと謳い、旧物を投入して安さを訴求している日系ブランドも有りました。展開カテゴリで言うとレディス、メンズ、キッズ、スポーツ、シューズ、雑貨等のブランド群、ほぼ全てのカテゴリーでSALE開催中。
人気のあるレストランは午後3時からでも夕食の行列ができています
イタリーブランドmotiveは、分かり易いSALE表示、割引率で入店喚起、訴求を行っています。ブランドロゴがピンクという事で、タペストリー、POP類もピンクで統一させています
アース、日系ブランドの中ではダントツで集客されていました。こちらのスタッフはいつ伺ってもキチンとした接客をされます
休憩しようと行った所、鎌倉PASTAに変わっていてビックリ。。。カフェ業態は厳しかったのでしょうか???



SALEで盛り上がる中、何故かEランドグループを中心とする韓国系ブランド群だけは、派手なPOP等は無く、「えっ?未だプロパー販売?」と思い店内に入ると小さなPOP表示と、スタッフの囁きでSALEがスタートしている事を知りました。気のせいか御客さんの入りは派手にSALEを謳っている日系のブランドと比べると少なく感じました。
まだプロパー商品を大事に販売して行く戦略か?はたまた、このあと一気に割引率を下げてSALEに突入するのか?この館の韓国系ブランドを見ていると、少し不思議な感じがしてなりませんでした。

この館を見てつくづく思ったのは、これまでこのブログで何度も書いていますが、流行る館、そうでない館の運命の別れ道は、「集客出来る飲食店が有り、更に常に入れ替え、リニューアルを行っているか?」に尽きると思います。この龍之夢はそのコンセプトが明確で、集客出来る飲食店、カフェ、スウィーツ店を集めている事で有名な館なのですが、今日訪れると、幾つかの飲食店が既に入れ替わり、不動の人気を誇るスタバが新たに入るらしく施工中だったり、煙草が吸える事で私の憩いの店であったサンマルクカフェが、同グループの鎌倉PASTAに変わっていたりと、入居するテナント自体の事業戦略転換も有るでしょうが、館からの肩たたきでの入替えもあるのだと想像出来ます。それくらい集客が出来ている館は、テナントよりも強いという如実な力関係があります。

日本も先週末の28日辺りから本格スタートしたかと思います。こちら中国は既にSALE3週目に突入しています。これから気候も真夏に突入し(上海の今週後半の最高気温35度)、SALE商戦も盛り上がってきます。各業態、ブランドのSALE状況と初秋物の立上がり状況をを引き続きウォッチしていきたいと思います。


さて、話しは変わり今年も早くも半分が終わり、今日から7月と後半戦に入ります。これまでのクライアントとの下半期に向けた業務整理も済ませ、下半期から新たに取組ませて頂く、中国系アパレル、日系のアパレル、クライアントへのプレゼンも終えました。特に日系アパレルは名前は出せませんが、皆さんが聞くと、きっと驚かれる様な企業さんです。。。下半期もお蔭様でこれまで以上に超忙しくなりそうです。

後半戦もしっかりとクライアントと向き合い、今年を締めくくる時にクライアントと弊社の両方に成果が出るよう、「マーケットを熟知し、商売、売上向上に繋がるVMD」をモットーに、更に気を引き締めて臨みたいと思います。

後半戦のスタートの今週は、前半の上海でのお仕事、後半の寧波出張と続きます。
弊社名であるbespokeとは、元々メンズの仕立ての世界での言葉、私の意訳ですが「相手と向き合い、キチンと仕事を仕立てる事」としています。会社名に恥じないように頑張ります!

それでは!
 2013/07/01 00:00  この記事のURL  / 



前へ
プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード