« 2013年06月 | Main | 2013年08月 »
中央什器の高層化が目立ちますね!
先週,実に3ヵ月ぶりに日本に帰国し、東京、神戸の新しい商業施設を足早で見て回りました。
その中で気がついた事、それは「中央什器が高層化している」という事。これはアパレルというよりも、「無印」を代表とするライフスタイル雑貨店やコンビニに顕著に見受けられました。高層化する理由は様々あると思われますが、一番大きな理由は「家賃の高い都心の施設に入居する場合、出来る限りストックスペースを小さくし、その分を売場に充てるという考え」、つまり「在庫自体を売場にストックする」という発想だと思います。



店舗面積の狭い店が売場効率を上げるために、上述の様な施策を打つ事は至極当然の事なのですが、六本木ミッドタウンで見た新イメージの「無印」は、店舗の壁面什器も高層化し、そのバランスをうまく保つ為と、敢えて在庫を見せる為に高層什器を導入しているのだな、と感じました。もちろん、店頭はテーブルで受け、店の中央はいつもの高さの什器、店の後方に行くに従って中央高層什器が現れるといった、セオリーに乗っ取った什器配列をされていて、心地良い空間になっています。

ただ反面、レジが最後方に有る事で、最後の精算がし辛い(というかレジが何処に位置するのか?探さないと分からない状況)という印象を受けました。更に言うと、高層什器が多過ぎると正直圧迫感も有るし、高層什器が邪魔をして周りに何の売場があるのか?も見通しが悪いというデメリットもあると感じました。

次に今回宿泊したホテルの1Fにあるコンビニ、ここも全ての中央什器が高層化していて驚きました(今の日本、特に都心のコンビニでは当たり前で、私だけが浦島太郎なのかも知れません・・・)。このコンビニは都心ではなく大井町という少し離れたエリアにあるのですが、上層階が大規模なホテルで、宿泊者が一日中ひっきりなしに訪れるので、高層化を図らざるを得なかったのかもしれません。ホテルという事で通常の街のコンビニではなかなか見かけない、メンズのインナー下着やソックス、シャツだけの中央什器1台が存在したり、お弁当、パンコーナーの什器が一般店舗の倍の台数有ったりと、お客さんの需要があるので対応せざる負えないとは思いますが、そのしわ寄せが他の商材の展開場所にきて、結局中央什器の高層化という図式になっていると思いました。本音はコンビニなので、低い中央什器で構成すると周りが見通せて、万引き防止にも繋がり良いはずなのですが、この方法を選択するしかなかったのだと思います。上述の「無印」とは違う理由の什器の高層化です。このコンビニは中央高層什器の上部に在庫をストックしているのでは無く、展開出来ない商材を所狭しと陳列せざる負えない状態で、棚割りや見え方として決して美しくは無いと感じました。まぁ結局売れてナンボという考えなのでしょうね、きっと。



長々と書いて何を御伝えしたいかと言うと、「売場編集を考え、実行するには、当たり前ですがVMDの概念を注入する事が非常に重要だ」という結論です。同じ中央什器高層化を施すにしても、一方はVMDを駆使する事でバランスも取れ、決してストック在庫には見えないのに、もう一方は雑多な感じがして、売場効率が良いようで実は店舗、お客さんにとって効率が悪いという様に映ります。売れるものが決まってしまい、本来売れるべきモノまで売れなくなってしまうという悪循環を引き起こすのだと思います。

今回はたまたま「中央什器高層化」という事例を書きましたが、我々が生業とする「売場」において、売場編集で何か新しいアクションを起こす際には、最終地点(ゴール)まで想定した施策で臨むべきだと改めて感じた次第です。

それでは!


 2013/07/31 10:00  この記事のURL  / 



中国で知名度の高いブランド一覧 その8!
まだまだ続きます、中知高(中国で知名度の高い)ブランドシリーズ(勝手に短縮していますが・・・笑)

これまでの第1〜第7回目までは中国のMALL、商業施設で知名度の高いブランドの数々でしたが、今回第8回目からは「中級〜高級百貨店で知名度の高いブランド」になります。その最初は「精品女装」=「レディスのエレガンスカテゴリー」から。



少し古しデータのようで、幾つかの過去に一世風靡をしたブランドも入っています、あしからず。。。この所謂ミセスカテゴリー、中国のマーケットにおいて私が思うに数少ない狙い目のゾーンではないか?と考えています。ターゲットは70后(1970年代生まれ,いま40代前半)を中心とした世代で、役職(タイトル)としてもそこそこのポジション、または企業経営者レベル。収入も高く、きっちりとした身なりを要求され、服にかけるお金も糸目をつけない層であると思います。実はこのゾーンに参入するブランドも多く、国内外の競合ブランドがないわけではありませんが、逆に言うと日本のブランドが参入しやすい(拘った素材、商品クォリティ、テイスト、フィロソフィー面)領域ではないかと考えます。90后(1990年代生まれ)がこよなく愛する、トレンド色が強い、ナチュラル、可愛いテイストではなく、ファンになると長いタームで御付き合いをしてもらえ、ブランドに忠誠心を持つ顧客になる可能性が有ると思います。

このミセスゾーンでは台湾系、韓国系、地元中国、日本のアパレルが凌ぎを削っている状態。そこに最近欧米のブランドも参入し始めています。台湾系では「JORYA」や「歌弟」「AMASS」「Bernini」という、古くから中国に根を卸し代理店施策で出店拡大しているブランド、韓国系では「KOREANO」「KLOVA」と言った天津に本部を持つブランドが、中国系では「PORTS」(元々はカナダ資本)シンセンが本部の「Marisfrolg」杭州が本部の「OTT」上海が本部の「DECOSTER」など。日本では古巣ワールドの「CORDIER」がランクイン、何故か「NEW YORKER」もあります。欧米系で目立つのが、この資料にはありませんが、MALLにも数多く出店しているMaxMaraグループのiBLUES等のブランドが巾を利かせています。ただプライスレンジで見ると上述のブランドと比較した場合、3〜4マークUPの価格設定をしており、あくまでも外資系というブランドポジションを確立させています。


次回第9回目は「キャリアゾーンで知名度の高いブランド」情報を御届けします、お楽しみに。

それでは!

 2013/07/23 01:15  この記事のURL  / 



中国で知名度の高いブランド一覧 その7!
さてこの「中国で知名度の高いブランドシリーズ」、少し間が空きましたがリスタートします。
第7回目は「中国国内のMALL、商業施設で主力となるブランド一覧」です。
下記の蒼々たるブランドがランクインしています。まずは今やデベ側からすると、集客が見込めという事で喉から手がでるほど欲しいブランド群「ZARA」「H&M」「UNIQLO」の人気三大ブランドをはじめ、韓国勢ではEランドグループの「E-LAND」「PRICH」等のブランド、そしてデンマークのベストセラーグループの「ONLY」「VERO MOSA」「JACK JONES」等のブランドが顔を出しています。アパレルではないのですが「SEPHORA」も欠かせないブランドとなっています。
またこれは中国のMALLの特徴だと思うのですが、ジーンズブランドが好立地で店を構えており、知名度を上げる要因となっています。「G-STAR」「Levi's」「MISS SIXTY」が代表的なブランドです。上述のブランド群は確かに中国の何処のMALLに行っても、見ない所がないくらいの勢いで出店しています。これが逆に言うとどのMALLも同じように見えてしまっている要因かと思います。


次に、誤解を恐れずに書かせてもらうと昔一世風靡したブランド群も顔を出しています。この一覧はあくまでも「知名度がある」という事で纏めた資料なので、現在の売上とは比例しないという事で御覧下さい。「ESPRIT」「MORGAN」「BENETTON」「MANGO」「Etam」「G2000」「AZONA」等がそれです。

逆に勢いがあるブランド群もあります。日系で言うと来月上海のAPMに旗艦店をOPENさせる「MUJI」や、中国ブランドとして今や飛ぶ鳥を落す勢いの「ochirly」もランクインしています。他には日系の「POINT」も少しずつ中国の主要都市に出店しており、名を上げて行っているようです。

今後の中国の小売りの中心は百貨店業態からMALLなどの巨大商業施設業態に移行していくと言われています。これまでは百貨店で言うと各都市一番店(知名度、売上、集客)への出店がマストと言われていましたが、今後は都市郊外に続々とOPENしている、商業施設、OFFICE、ホテル、居住エリア等で街を形成していく、所謂CBD(Central Business District=中心業務地区)に出店していく事が当たり前の時代になっていくと思われます。

このCBDには上述の人気三大ブランドは間違いなく出店していくでしょうから、集客を見込めるこの三大ブランドと、「ケンタッキー」「マクドナルド」等のファーストフードチェーンや人気飲食レストランチェーン、そして核となる「カルフール」などの大型スーパーマーケットが出店するかどうか?を必ずベンチマークして出店するしないの総合的判断をされた方が良いかと思います。

今週は実に3ヶ月ぶりに日本に帰国します、東京、大阪の新しい商業施設をチェックしたいと思います。

それでは!


 2013/07/21 17:15  この記事のURL  / 



上海ジェラートピケ・カフェOPEN!
世界初のジェラートピケ・カフェが、いよいよ明日19日に上海梅龍鎮伊勢丹3FにOPENするようです。4月の全館リニューアル時には間に合わず、この時期のOPENになったようです。
OPENが楽しみ楽しみ


中に入ってみよう試みましたが、関係者が沢山おられて思わず断念。。。ファサードの雰囲気からすると、なかなか良い感じのアトモスのよう。また軽食も食べる事が出来るようで期待できます。
ただ残念なのは、百貨店インショップという事で、当たり前ですが百貨店営業時間内(10:00-22:00 このカフェは21:30CLOSE)での営業になってしまうところ、本来このようなカフェは御客様の夜の利用需要がある事を考えると、百貨店インショップでは無く営業時間に関係の無い屋外の施設に入り、夜遅く迄の営業もできたのではないか?と思います。更に言うなれば、この伊勢丹自体御客様の年齢層が若干高い事を考えると、本来は90后世代が多く集まる施設への出店がベストだったのではないか?と思います。
NYによくある感じのカフェ。入口右横にはテイクアウトが出来るカフェコーナーがあります。インテリアにはマッシュグループのセンスを感じます、流石です



これはあくまでも想像の粋ですが、現在snidel以外のgelato Pique、Lilly Brown等の売場を拡大している中で、このカフェ出店が関連ブランドの増床等の条件だったのかは分かりませんが、伊勢丹としてもsnidelを百貨店の顔にしたい想い、マッシュ側も出店場所としては満足はされていないのかも知れませんが、グループ全体感、面で押さえる事が出来るという想いが合致した、一蓮托生での取組みなのでしょう。

いずれにしても明日のOPEN以降に、御邪魔したいと思います。

それでは!
 2013/07/18 12:40  この記事のURL  / 



日本語教材の自動販売機・・・!
久々のブログUP内容がこれか〜?って感じですが、でもこれは画期的な事です。

その前に、ほぼ一年前の尖閣諸島(こちらでは釣魚島)国有化に端を発した、反日デモ、日本製品不買と我々中国に住む日本人は、街中のレストランや、地下鉄、新幹線、飛行機などの公共交通機関で日本語で話す事もはばかられ、肩身の狭い思いをしていました。今年の春先頃から少しずつ、地下鉄構内での日本企業の広告露出が戻り始め、日本食レストラン等にも客足が多くなり、日本語で普通に話しをしていても、明らかに嫌な顔をされなくなったと感じています。タクシー運転手から「釣魚島についてどう思うか?」というこの1年間聞かれ続けた質問もあまり聞かれ無くなりました(ただ、ここ最近の安倍総理の中国を刺激する発言で、またポツポツたまに聞かれますが・・・)。
遠目から見ると「何だろう?」という感じ
近づいても「何の販売機か不明」考え込む
マジマジと説明を見て「ナルホド」と納得、「でも誰が買うの?」という疑問が頭をよぎります




昨年2012年の初め頃は上海の地下鉄広告ジャックをする等、派手なプロモーションで話題になった日本語スクール「桜にほんご」(桜花国際日語)が地下鉄構内に「日本語教材の自動販売機」を設置しています。それもこの企業のCIカラーである可愛いピンクの販売機。中味をよく見てみると@簡易的な日本語教材 Aスクールお試しクーポン B教材DVD この3つが1セットで20元(320円)。週刊誌等の自動販売機もあるので驚きはしないのですが、語学教材、それも人気の英語ではなく少し肩身の狭い日本語の販売機が登場。私がこの販売機を見た駅は上海地下鉄2号線の浦東にある東昌路駅。これだけ派手な販売機なので、もう少し人がたかっていても可笑しく無いのですが、朝の出勤時間だったせいか残念ながら見ている人は1人も無く、御覧の通り教材も綺麗に入れられており、売れた形跡が見えません。
しかしこの語学スクールも、昨年の事で著しく日本語を学ぶ人が激減し、あの手この手を使い新しい生徒を集めるのに必死、全精力注ぎ込んでいると思います。この販売機施策もその中の具体策なのでしょう。こうやって少しずつ日系、もしくは日本に関するモノ、文化(語学はまさに文化なのですが)が中国の人々に、昔の様に違和感無く広がって行く事を祈るばかりです。

来週は実に3ヶ月振りの日本。東京や大阪、神戸の今をしっかりウォッチしてきたいと思います。

それでは!
 2013/07/17 01:05  この記事のURL  / 



| 次へ
プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード