« 2013年05月 | Main | 2013年07月 »
中国で知名度の高いブランド一覧 その6!
先ほど、天津・北京出張から上海の家に帰宅しました。北京ではクライアントのOFFICE近くにある「悠唐購物中心」のSALE状況を見てきました。
先週、第25WよりSALEが本格化しており、平日金曜日にも関わらず、昼休みのOL層で賑わっていました。この悠唐(U TOWN MALL)、OPEN当初はこんな場所に大きな商業施設を作って大丈夫?と心配していましたが、周りに競合の施設が無く、OFFICE街という事も有り、逆に地下飲食店を核に集客が出来ているようです。H&M、ZARA、ユニクロのSPA三羽ガラスが揃っています。ただ総体的に見るとアパレル物販に関しては、メインの館、吹き抜け周りに位置するブランドはまだマシですが、2階以上になると開店休業状態の所も有り、今後もテナントの入替え、飲食店への転換など動きがあると思われます。
ミニとコラボし、集客を図っています
ミニの改造車がお客さんをお出迎え。中国では愛嬌があいカワイイという事で女の子に超人気です
これらのブランドがSALE突入しています
インディティックスの「Pull and Bear」、私も好きなブランド、たまに購入します
その「Pull and Bear」の店頭のマネキンは何と「打折Tシャツ」、SALEと書かれたTシャツを着せるのは今や何処の国でもありますが、中国語で「打折(SALE)」は初めて見ました。これが本当の現地化!!!



さてシリーズ「中国で知名度の高いブランド一覧」も第6回目。今回は、中国の代表的超級商業施設、その超級施設で展開されている(MALL)、「子供服のBEST30」となります。
中国ローカルの子供服ブランド一覧は今後(中国の百貨店で知名度の高いブランド一覧)で掲載する予定ですが、流石に超級施設ではラグジュアリーブランドの子供服がランクインされています。「Chloe」「TRUSSARDI」「ESCADA」「D&G」「MOSCHINO」など。香港系の「CHICKENDUCK」「kingkow」や日本のあの「miki HOUSE」「BOOFOOWOO」も顔を覗かせています。特筆すべきは超級施設だけでなく高級百貨店チャネルで、店舗数や実際の売上上位に位置するのが、米国の「Hallmark」、商品そのもの、店舗内装も品と格の違いを見せており、フランスの「jacadi」と共に富裕層に受けているブランドだと思います。
最近超富裕層向けにローンチした「GUCCI」の子供服は店舗数が僅かなため未だランクしていないようですが、いずれは上位に顔を出してくると思います



次回は、超級商業施設での「家庭用品BEST30」を掲載します。お楽しみに!

それでは!

 2013/06/29 01:15  この記事のURL  / 



中国で知名度の高いブランド一覧 その5!
先ほど天津から移動、北京の某スポーツブランドの店舗クリニックを済ませ、ホテルにチェックインしました。
天津は伊勢丹しか見る事が出来ませんでしたが、上海と比べてSALEスタートはまだまだで、数ブランドが部分SALEをやっているレベルで、如何に上海のSALEが早期化しているかが理解出来ました。一方の北京は新光三越を見て回りましたが、既にラグジュアリーブランドも一部SALEに突入しているといった状況で、競合が犇めく上海、北京のような大都市がSALEの口火を切り地方に広がっていく様相が垣間見えました。

さて、第5弾の今回は「中国で人気があり売れている貴金属ブランドBEST50」です。時計、宝石、貴金属、アクセサリー、万年筆、高級携帯電話まで、多種多様なブランドがランクインしています。今回は2つの資料を添付していますが、実はこの上のBEST20、下のBEST30の分類表を穴があく程見たのですが・・・結局、違いや意味が分からず、同時に掲載しました。

中国で腕時計と言えば「ROLEX」「OMEGA」が、中国でも人気のクリスタルでは「SWAROVSKI」が独占し代表的なブランドとなります。
誤解を恐れずに書かせて頂くと、中国の裏のマーケットでは、ここに載っている貴金属ブランドのコピー物が多いという事にもなります。もちろん全部が全部、偽物が作られているわけでは有りませんが・・・。

日系では世界の「MIKIMOTO」がランクイン、日本の美の象徴的な真珠も認知されており、嬉しく思います。
上海のPLAZA66にはここに載っているブランド全てが有ると言っても過言では無いと思います
AGATHAがランクインしているのが不思議です・・こちらでもそんなに高価格では無いのですが知名度は有ると言う事でしょう


それでは!
 2013/06/28 23:50  この記事のURL  / 



上海SALE突入情報!
「中国で知名度の高いブランド一覧」を一休みし、先週から突入した今夏の最新SALE状況を御報告します。

以前このブログでも書かせて頂きましたが、昨年の夏のSALEは今年で言うところの第26Wあたり(6月末)からSALEに入るアパレルブランドが目立ったのですが、今年は第24W
(6/10週の端午節の3連休)から徐々にスタートして、先週25Wから本格的にSALE色が際立ってきており、今週第26Wにほぼほとんどのブランドが第一弾のSALEに突入していっている状況です。もちろん、正価販売(プロパー商材)もしながらとなります。例年より実に2週前倒しで、SALEが本格化している事になります。日本でも同様かも知れませんが、SALEの早期化が当たり前になってきています。

中国では一般的に春、秋が短く、夏、冬で年間の商売を組み立てるのがセオリー。多くの中国のブランドは4月始めの「清明節」、そして4月末〜5月初の「労働節」の連休で春物消化と初夏物の一部SALEを行うのが通例。今年は多くのブランドが気候的になかなか暖かくならずに春の商売悪化に繋がり、その後の百貨店、MALL等の商業施設で集客が伸び悩み、夏物消化率ダウン、という状況が続き、早期SALEに突入しているようです。
C&A、H&MなどグローバルSPAブランドもSALE突入。ユニクロは中国での200店舗越えを記念した限定SALEを行っています
中国レディスブランドの代表Ochirly、この時期には珍しくSALEスタート。とは言ってもほんの一部、VIP顧客5%OFF、99元で50元割引き
Ochirlyの妹ブランド5+は、逆に大々的にSALEスタート。割引率は30%OFF〜50%OFF



SALEはスタートしたばかりですが、シーズン的にはこれからが夏本番の7月、8月を迎えます。つまり、2ヶ月、60日間(8W強)という長い長い時間をSALEで戦うことになります。夏の新商品(正価販売)も大事に売りつつ、春、夏の在庫と競合ブランド、商業施設を見ながら60日間のSALEの割引率とタイミングを愚直に仮説、検証する事が不可欠になります。第一弾、二弾、三弾(ファイナル)をどう設定するか?は分かれ道という事になります。
日系の某ブランドも先々週(第24W)から部分30%OFFを始めています
POPは分かり易さが信条、アースも最近中国でも増えてきている「お買い上げ枚数が多ければ割引率も高くなる」という施策で臨まれています
伊勢丹百貨店も第24W週末からクリアランスセールスタート。3階,4階ではワンピース、Tシャツお買い上げで伊勢丹のポイントカード10倍キャンペーンを行っています。アイテム強化したい時には効果的な打ち手だと思います。百貨店だけではなく、自ブランドで会員カード制があるところは流用しても良いかも知れません



一方で、これも例年より早まっている初秋物展開(秋立上がり)も大事なファクトになります。昨年の状況を鑑みると、今年は第32W(8/5週辺り)には店頭の20%位の割合で初秋物を展開するのが良いのではないでしょうか?もちろん、夏SALE在庫消化の状況次第ですが。。。第32Wの理由としては、以下の3点が挙げられます。
@SALEスタートから7週が過ぎ、第一弾、二弾、ファイナルと続く中で、SALE目的の商業施設への来店される御客様が減り、SALE販売の勢いが鈍化する事。
A中国では(特に上海は)次シーズン商品の先物買いの御客様が多く見られます、秋の新品を御紹介する絶好のチャンスである事。
B上述の通り、秋のシーズンが短く、商売の組み立てが難しく、秋のピークで有る国慶節の連休まで8Wしか無く(第32Wから起算して)、早期展開、早期消化が望ましい事。

以上が、SALE突入から、SALE経過、初秋物投入までのストーリーになります。少しでも参考になれば幸いです。

さて、明日から天津、北京の出張。天津はどれくらいぶりでしょう・・・恐らく4年近くは行っていないと思います。マーケットをじっくり見てきたいと思います。

それでは!
 2013/06/27 00:00  この記事のURL  / 



中国で知名度の高いブランド一覧 その4!
まだまだ続きます・・・第4弾の今回は、特にMALL等の商業施設での「中国で比較的知名度のある革製品ブランドBEST30」です。
靴を中心に、バッグブランドがランクインしています。えっ「革製品って作っているか?」と疑問を持つ「LeSportsac」等もありますが、広義の意味で取り込まれているようです。また歴史のあるブランドも多く見られます。

添付の資料で見て取れることとして、欧米の革製品(靴、バッグ)ブランドは中高級MALLを中心に展開されている事。残念ながら日系ブランドは僅かながら展開されているも、知名度上位には上がっていない(目立っていない)という事が分かります。日系のブランドはMALLよりも集客が多く、且つ同フロアーに競合が多い百貨店を出店候補地として選ばれるのかも知れません。この資料は日系の靴、バッグ企業の方々にはMALLでの出店を模索する時の参考になると思いますし、非常にチャンスもあるかも知れません。

グローバルブランドが並びます。中国系ブランドは無く、ここ最近の秋冬シーズン、御洒落好き女性達に人気でヒットを飛ばしている、「UGG」「STEVE  MADDEN」などのブランドもランクインしているのが特徴です


それでは!
 2013/06/26 00:35  この記事のURL  / 



中国で知名度の高いブランド一覧 その3!
さて第三弾の今回は「中国で知名度の高いグローバルファッションブランドBEST30」です。
ここでようやく日系の「UNIQLO」「MUJI」がランクインしてきました。「UNIQLO」は中国で200店舗、「MUJI」は50店舗を超えてきて、有力商業施設で展開する事で知名度も確実に上がっていると思います。我々日本人にとって中国の調査報告書に日系ブランドが存在する事は非常に嬉しい事です。

ただ、グローバルファッションブランドというカテゴリーで、アウトドアブランドの「THE NORTH FACE」「Columbia」「Timberland」、スポーツブランドの「le coq sportif」が入るのが不思議ですが、これが中国のセグメントだったりします。事実、この資料に載っているブランド群が、同じフロアーにリーシングされているという姿も見かけます。

また、ジーンズブランドの人気ブランドはどこか?を知りたい場合は、今回の資料は参考になるのでは無いでしょうか?「Levi's」「G-STAR RAW」「MISS SIXTY」の中国ジーンズ三大人気ブランドがランクインしています。

また現在の中国マーケットに於いて、知名度も上がり集客が取れ、実績も残していて、どこの大型商業施設もこぞって入って欲しい三大ブランド「ZARA」「H&M」「UNIQLO」もしっかりランクインしています。

ファッションブランドカテゴリー?には見えないブランド群、「何で?」と思う事もしばしばですが、でもこれが中国の商業施設のフロアーMDにも通じています・・・



それでは!
 2013/06/25 00:40  この記事のURL  / 



| 次へ
プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード