« 2012年12月 | Main | 2013年02月 »
日経ビジネスのコラム連載スタート!
御縁があり本日1月31日より「日経ビジネスのON LINE版のコラムコーナー」に寄稿、連載させて頂く事になりました

お題は「上海で見つけた このブランドがはやるワケ」です。今後2週間に1回の頻度で連載させて頂く予定ですので、是非ともアクセスください!

TOP見出しで宣伝して頂いております・・・恐縮です



日経ビジネスON LINEを既に読まれている方も多いかと思いますが、まだ読まれていない方々に。まずは日経ビジネス ON LINEから無料会員登録をされ、ログインをすることで記事を閲覧することができます。

このコラムでは「マネジメント」「政治・経済」「IT・革新」「環境・エネルギー」「ライフサプリ」、そして私が寄稿させて頂く「アジア・国際」という計6つのカテゴリーで、非常に多種多様な記事が掲載されていますので是非とも無料会員登録をされ閲覧ください。

下記、URLは私の記念すべき第1回目のコラムになります。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130128/242888


広大な中国で様々なブランドが流行っている理由、ブランド戦略等を私なりの視点で解説、提言をさせて頂く内容になります。

このアパログのコンサルタントブログではアパレルを中心に書かせて頂いていますが、日経ビジネス様のコラムではアパレルのみならず、他の業種、業界についても書かせて頂きたいと考えております。

お時間ありましたら、是非「日経ビジネスON LINE」にアクセス頂き閲覧頂けると光栄です。何卒宜しく御願いします。

それでは!


 2013/01/31 09:30  この記事のURL  / 



春節前の寧波出張!
今日30日(水)から金曜迄寧波出張。中国は来週2/9から春節休暇に入るという事で早い休みを取り老家(実家)に帰省する人達で虹橋駅は凄い人。。。駅に入る際の荷物、ボディチェックもいつも以上に厳しくなっています。
殺風景だった待合室も御客様視点になったような気がします
春節前後は事件事故が多い時期という事もあり、警察官の数が半端無く多く警戒警備しています。可愛い警察犬も登場



春節前後の列車や飛行機等の交通機関は割引きが無く、且つ混雑していて予約が取れない事も在り早め早めに民族大移動しています。
以前と比較すると新幹線網広がりで大都市と地方の距離が縮まったと実感します。大量に人を運ぶ事ができる新幹線、行き先にもよりますが1時間に3本近く列車があり、利便性も高くなっています。
私が最初に中国に住んだ1993年当時を思い浮かべるとまさに夢の様な事です!中国がこんなに発展する!と誰が思っていたでしょうか?日本人のみならず、中国人も思ってもいなかったと思います。

さて虹橋駅は数ヶ月前から大き待ち合い空間部分で店舗を作る為に施工をしていましたが、春節前に完成をして新しい表情を見せていました。前は勿体ないくらい贅沢な空間、逆に言うと味気ない雰囲気でしたので、少しステーションらしい賑わいになりました。
以前はコーヒーを飲みたくても一度地下鉄階に出るしかなかった(もしくはコーヒーを買って入る)のですが、COSTA COFFEEもでき、早く駅に着いても時間をゆっくり使える様に進化しました。
長い移動時間を潰すと言えば今も昔も本。という事でブックスタンドも好立地に登場
巨大待合室の周りには様々なテナントが入居しました。アパレルを中心に宝飾品、お土産物、携帯周りアイテムなど、AIGLE等もありますがほとんどがドメスティックブランドばかり、残念ながら購買には繋がっていないように見えます
2FにはBredTalkも登場。これまでは中華ファーストフードばかりでしたが、これからはここでブレッド+コーヒーを買って新幹線に持ち込めます
暮れ行く寧波東駅に到着。さぁお仕事お仕事!


それでは、寧波のクライアント様とのお仕事頑張って参ります。先ほど明日夜に年会(いわゆる会社の忘年会)が有ると聞きました。。。(怖)呑み過ぎない様、呑まされない様に気をつけます。。。

それでは!


 2013/01/31 00:00  この記事のURL  / 



松田翔太ファン必見・・・GATSBY旋風!
昨年の12月から上海の地下鉄駅に現れ出したGATSBYの広告が話題です!
人民広場駅を埋め尽くす松田翔太の顔、顔、顔。凄いインパクトがあります。リピート、擦り込み、効果的な手法ですね



GATSBYとはご存知、マンダム社が29年前に発売した一押しでロングセラーの男性ヘアスタイリング、男性化粧品のブランド名。
ヘアスタイリング、ヘアカラーリング、ヘアケア、スキンケア、ボディケア、フレグランスと多岐に渡る商品を展開されています。

マンダム社のHPによると。
GATSBYのブランドコンセプトは・・・『FUN TO GROOM』。オシャレやトレンドに敏感で面白いことが大好きな高校生、大学生の男性をターゲットに『旬なカッコ良さ』を提案します。いつも時代を先取るギャツビーの新たな挑戦として、フレキシブルで包容力のある存在感で、思い通りに自分自身を表現できるスタイルへと若者を導きます。
との事。

今回の中国での広告ジャックアイテムは「ムービングラバー」。松田翔太をCMアイコンにしたヘアスタイリング商材。・・・余談ですが私もヘアスタイリングWAXムービングラバー(エアライズ/ふわ髪ムーブ)を愛用しています。。。髪質のせいか年のせいか、なかなかふわ髪にはなりませんが・・・(笑)
ラッフルズに向かう通路のウォールにもオサレ星人 松田翔太が。きっと松田翔太のファンなのでしょう、キャーキャー言いながら大記念写真大会になってました
GATSBYとは中国語でこう書きます。しっかりと「外型人 松田翔太」という名前が明記されています。明らかに日本人の名前なので日本の企業広告だと分かっても特に問題は無いようです



この商材を中国では明らかに90后世代(〜23歳)をターゲットにし、若者が多く集まる人民広場の駅コンコース、人気商業施設であるラッフルズに向かう通路をジャックしたのだと思います。

以下URLから中国語で話すオサレ星人 松田翔太のCMを見る事ができます。これは必見です!
http://www.gatsby.cn/index.html

中国と日本は様々な政治的問題が山積みで、一筋縄ではいかない関係ではありますが、中国の若い世代、特に90后を代表としてアニメ、ファッション、ヘアメイクなど日本の流行をタイムラグ無しに受け入れ、良いモノ、カッコいいモノは購買する。という傾向が強いと感じます。その彼らに対して、「ムービングラバー」をぶつけて来る事は至極当たり前の戦略だと思います。

ただ中国に於ける男性化粧品、ヘアスタイリングマーケットはまだ成長途中であると肌身で感じます。逆に言うとだからこそ今後は高い成長が期待できる分野であると言えると思います。日本代表GATSBY頑張れ!

それでは!

 2013/01/29 00:30  この記事のURL  / 



initial Outlet OPEN!
知りませんでした・・・initialの Outlet店ができていたのですね、それも家の近くに。
そうなんです、先週1月16日(水)に中山公園の龍之夢購物中心2Fに、あの香港のinitialが中国初のOutlet店をOPENさせていたんです。
周りとは明らかに違うファサードに思わず足が止まりました、それくらいインパクトがあります



ご存知の方も多いinitialですが、簡単に説明を。。。
香港で2000年に設立して以来、独創的な世界観な服を展開し多くの若者の注目を集めるブランド。他とはひと味違う服を取り揃え、ユニークなライフスタイルを提唱しています。ベージュ、ブラウン、生成りカラー等のアースカラーを基調とした、一見シンプルに見える服は、シルエットの遊びや、麻やコットンなどの自然素材を使用した素材感の良さで、多くのファンを掴んでいます。私見ですがブランドの生き方や特徴あるインテリア、VMDは英国のオールセインズに似ているのでは?と思います。initialはレディス、メンズの両方を展開していて、トップスはHK$(RMB)1000〜の価格帯。店舗数は香港には確か15〜16店有り、尖沙咀店にはカフェも併設しています。中国大陸には既にレディス、メンズ合わせて24店もあります。うち上海は既に8店舗、その8店舗目として中山公園龍之夢購物中心にOutlet店がOPENしたという事になります。因に上海の衝山路にはカフェもあります。日本の中野にもinitial ATELIERという家具屋もあるようです。

素敵なHPです、是非御覧下さい。癒されますよ〜。香港、中国のお店写真(ファサード、店内)を見る事ができます、ここまでサービスしなくても良いのでは?と思うくらいです。

http://www.initialfashion.com/


これまでのインテリアは、薄暗いライティング、木のガラリ、モルタルというナチュラル感と鉄の組合せが特徴でしたが、今回のOutlet店はファサードを黒で引き締め、安っぽさを全く感じさせず、ライティングの照度は少し上げ、床のナチュラルカラー、白が基調となったウォールと言った様に、これまでのアトモスとは明らかに変えて来ている事が分かります。
メインウィンドウ、機織り機と言うのでしょうか?真っ白に塗装され皆がウィンドウを覗き込んでいました



実は今日偶然龍之夢に行き、素敵な店がOPENしているので何だろう?と近づいたところ、ファサードのロゴでinitianlだと知りました。スタッフと話しをしてOutlet店(レディス、メンズ)と聞かされ、更に驚きました。この店の商品価格は年中「打3折」つまり年中70%OFFという低プライスを売りにしているのですが、インテリアには全く手抜きをしていないところが流石だと思います。
レディス側入口より店内を見る、アンティーク家具とリプロ家具が商品展開用、ディスプレイ用として多用されています。床はモルタル仕上げ
メンズ側入口より店内を見る、床はヘリンボーン形状に張合わされ、ウォールはモルタル仕上げ、天井はスケルトンの黒
レディス、メンズの境には男女ユニセックスで着る事の出来るカットソーを、リプロ家具で展開する等、仕掛けが細かいです




今日の自分自身の行動からつくづく思ったのは、店舗ファサードは第一印象という意味で非常に重要、そして店内に導入させるキッカケのウィンドウ、入口付近のPPも当たり前ですが大事、そしてインテリア、更に売場全体の魅力的なアトモスと演出が決め手になると思います。OPENを知ってこの店に来たのでは無く、全く店の存在を知らずに立ち寄り、スタッフのちゃんとした接客、サービスで、買う気は全く無かった私も思わず買ってしまったのですから・・・・笑

是非一度見に行かれて下さい。中山公園龍之夢2Fです!


それでは!









 2013/01/28 00:00  この記事のURL  / 



春節のウィンドウ表現!
いよいよ来週2月10日から春節スタート。という事で街中が紅(赤)、紅、紅、紅、紅・・・に染まっています。その中でも各ブランドのショーウィンドウディスプレイも紅色一色、昨年と比較して春節らしい紅色、漢字表記のプロップス、ディスプレイツールを制作しているブランドが増えた気がします。外資系ブランドは中国らしさを表現し、逆にローカールブランドは抽象的表現!という傾向が強いのも特徴です。

とは言っても、もちろんカルフール等で普通に売っている縁起物の爆竹、提灯、桃の花枝、お金などのオーナメントを、そのまま使用している訳がなく、下記の写真のような工夫をしながらめでたい春節を訴求しています。
ローカルレディスブランド「EQ・IQ」壁面に赤い和紙を抽象的に貼付け背景にして、赤い柄の陶器の中にゴールドの玉が入っています。もちろんマネキンのスタイリングが紅色が基本です
これもローカルのESBACK、使い回しの効くBOX形状ツール。そのBOXで門構え、その中に定番の提灯を吊り下げるという、背景にもなりインパクトの有る表現方法。ただスタイリングは紅色ではなくベ−ジュ×黒で組合せ。かなりシックでした
PEACE BIRD、中国のブランドはクリスマスから春節まで同じウィンドウ仕様でプランし、春節に近づくと一部のパーツを変更する、という事が当たり前の様に行われます。日本の様に12/25夜にクリスマスウウィンドウを撤去し迎春ムード、というメリハリが無い為、どことなくどんよりした感があります
ESPRIT、紅色の提灯が10個も!床には石が敷き詰められ壁面は白レンガと、古き良き中国の春節の雰囲気を醸し出しています
ここからは外資系、アクアスキュータムはお城と到福の札という「中洋折衷案」、しかし札を紅色ではなく落ち着いたアクアスカラーにすることで締まったウィンドウになっています
Bershkaのウィンドウ、正攻法「新年快楽」を切り文字で表現、しかしそれだけでは味気ないため、そのすぐ右に白色で全世界の出店している都市を切り文字を入れたプロップスでバランスをとっています
こちらはSatchi、大小の紅色フレームパネルを背景として、中国らしい「倒福」(福来る)の文字を様々な素材で製作しています
HUGO BOSS、紅色壁面&床、壁から大小のゴールド梅の華がバランス良く設置されています。因に幾つかの華は風車の様に回り動きも表現しています
最後はカルバンクライン・ジーンズ、蛇腹パイプで蛇を表現、正に蛇腹に見えます。カルバンはシンプルに「あっ!」と言わせるVMD表現が単純に旨いと思います
日本代表でアースミュージック&エコロジー。宮崎さんのVISUALはマストなようです・・・それにプラスして大きな謎の華が吊られたり置かれたり・・・これ以上のコメントは避けます


様々なウィンドウ表現がされていることがお分かりになったかと思います。
キーワードは?「春節を紅色で分かり易く!」ではないかと思います。よく、ウィンドウのプロップスを考える際に「形」から入ることが多いかと思いますが、こちらの春節は「色」、つまり「紅色で何を、どのように表現するか?」を素直にプランされた方がしっくりとハマると思います。


それでは!



 2013/01/27 17:50  この記事のURL  / 



| 次へ
プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード