« 2012年10月 | Main | 2012年12月 »
束の間の日本・・・震災とクリスマス!
僅か4泊だけの日本、明日からは香港出張で土曜日に上海に戻ります。

今回東京と神戸の商業施設、路面店をリサーチ、この時期はクリスマスムード全開・・・という事でどうしてもクリスマスイルミネーション、デコレーション、ディスプレイをチェックし写真をビシバシ撮ってしまいます。さっきこの3日間で撮った写真の数を数えていたら、クリスマス関連の写真だけで何と600枚近くも有りました・・・。今は携帯のデジカメ精度が上がったお陰で手軽に写真を撮れるので凄く楽で、携帯で話しをしている振りをしながらの撮影。撮る角度、ポイントをサクッと決めたらガードマンや店舗スタッフに叱られるまで(笑)撮り続けます。

今回見せて頂いた中で一番インパクトが有った、表参道TOMMY HILFIGERのウィンドウ。こんな派手でカジュアルなゲレンデが有ったら楽しいだろうな〜!と思わせるシチュエーション
明治通りのPaul Smith、路面店だからなせる技ですが、こんな風にシンプル且つストレートに「ラッピングギフト」表現する事で、全てが伝わるという分かり易い代表事例、ただただ「凄い」の一言です
MINT神戸のBEAUTY&YOUTH、立ち止まって思わず覗き込み、吸い込まれるほどのインパクトが有りました。クリスマスはこうでなきゃ!という代表例
大丸神戸店メインウィンドウ。心に響くメッセージと創造的なウィンドウ事例、ここも覗き込んでしまいました・・・



さて、あくまでも個人的感想ですがここ最近のクリスマス装飾が若干地味になってきたのかなぁ・・・と感じます。もちろん昨年の地震の要因もまだまだ影響はしているかも知れません。ただ、年に数回しか無い気分を盛り上げるオケージョン、ここは世の中を明るくする意味も含め、派手過ぎるのは拙いと思いますが、街を盛り上げる意味ではデコレーションは必要だと思います(95年の阪神・淡路大震災の時、私は神戸にて家屋半壊と言う被災に遭いました、ですがその年に開催された神戸ルミナリエと言う光の祭典イベントで随分勇気をもらいました)

久々に地元神戸三宮、元町、南京町をチエック。そうすると何やら騒がしいストリートが、そうですルミナリエが開催される旧外国人居留地。
*今年も12/6(木)〜12/17(月)までの12日間開催されます。既に第18回目になるんですね!
http://www.kobe-luminarie.jp/

その準備の真っ最中だったようで、イタリア語が飛び交う現場でした。私は第1回、2回までは家族で見に行っていましたが、その後はお客さんの数が凄く混雑するという理由で足が遠のいていました。既に18回目という事で日本人がメインで現場造作していると思っていましたが・・・ご覧の通りイタリア本国から来たスタッフがクレーンに乗り、細かいディティール部分の造作をしていました。この辺りはプロ意識の高さと言うか、このルミナリエにかける拘りを垣間見た気がします。

2台のクレーン車に乗り、自ら照明を固定、修正させていました
特注らしき木の脚立も登場しました、恐らく本国から持ち込んだ、使い慣れた道具なのでしょう。楽しそうに唄いながらの作業、陽気なイタリアン



やはり、何のお仕事でも(もちろんVMDのお仕事でも)、何処の国に行っても現場で拘りを持って自ら実践してみせる事!これ非常に大事ですね。評論家にはいつでもなれますが、プレーイングマネージャーとしてお仕事をする、これでないと人から尊敬はされません。特に中国は。。。私は今後もこの事を肝に銘じて愚直にお仕事に邁進したいと思います。

香港では英国と中国カルチャーMIXのクリスマスを見てきます。

それでは!


 2012/11/28 22:20  この記事のURL  / 



円山町の魚が美味しい店!
今日は大雨の東京でしたが、新宿リサーチでした。そして久々の日本、美味しい料理を食べるのが楽しみ。
今日は前職ユニクロ時代に大変お世話になり、今は某アパレルで活躍をされるお二人(Nさん、Aさん)との食事会。
前職時代の事も話題にのぼりながらも、現在お二人が改善を取組まれている会社のお話で盛り上がり、私も勇気と元気、やる気を頂きました、この場を御借りして御礼を言わせて頂きます。
赤いテントが目印、フランス料理屋か何かに見えますが、立派な魚メインの日本料理
店内は魚の図鑑のページを入れた額が所狭しと掛けられています


そのNさんは超グルメ、その彼に選んで頂いたのが渋谷駅から道玄坂をあがり神泉駅近くにある魚が新鮮で美味しいお店。価格もリーズナブルでした。私が住む上海も最近は空輸で新鮮な魚が食べられるようになりましたが、やはり日本で食べる魚、その料理方法も中々上海ではお目にかかれず味わえません。魚だけではなくお肉も美味しいお店でした。

この辺り、数年前まではここまでレストラン、小料理屋は無かったように思いますが、今はかなりのお店が軒を連ねています。大人に御薦めのエリアです。

ご存知の方も多いかと 思いますが、お店は以下の通りです。

開花屋(KAIKAYA BY THE SEA)
渋谷区円山町23-7(渋谷駅から道玄坂交番を右折300M 右手)
03-3770-0878
17:30-23:30(フードLO 22:30、ドリンクLO 23:00)
2軒が並んでいますが、右側が禁煙、魚屋を挟み左側が喫煙のお店
(私は喫煙者ですが、食事は食事に徹し、喫煙は外に灰皿が有るので大丈夫)

さぁ明日は某ブランドの展示会、そして表参道、青山のマーケットリサーチ、そして家のある神戸へ移動。


それでは!

 2012/11/27 00:50  この記事のURL  / 



大人気のGALAXY NOTE2!
今日土曜日、仕事の合間に時間が空いたので上海駅近くの天目西路に有る携帯電話屋が軒を連ねる「不夜城商厦」をぶらり。

この不夜城商厦も一時期はiphone人気でビル中がiphone4だの4Sだの、iphone一辺倒でしたがここに来て、中国でもやはりサムスンのGALAXYブームをヒシヒシと感じました。
日本では先週11/16(金)から発売をされた「GALAXY NOTE2」が既に中国でも発売されていて、言い過ぎかも知れませんがiphone以上の人気で、このビルを訪れている多くのお客さんもGALAXY NOTE2購入目的で来館しているようです。価格は3,399元(約40,800円)。
各店の店先ガラスケースにはiphoneに取って代わりGALAXY NOTE2が並びます
この店でも・・・お客さんが聞くのは「NOTE2を見せて!」という一言
各店にはこのポスターが貼られています
この店は土曜日という事も有り、特別にテーブルとイスを用意し、GALAXY NOTE2購入者にセッティングをできるスペースを提供
中山公園龍之夢MALLの外壁を用いた広告露出、携帯部分だけでも約3層分はあります



一方のiphone5に関しては本体よりも先に携帯カバー等の附属アクセサリーが売られています。中国でのiphon5は正式には12/5発売開始、 5,780元(69,360円)16GBだそうです。因に香港からのiphone5は既に1ヶ月前くらいから売られていて、5,200元(62,400円)

因にipad mini も香港からのモノが売られていて、16GB/WIFI版は既に3,000元(36,000円)を切る店もありました。


素直な感想として・・・
携帯においてはiphoneのシェア率が異常に高い中国ですが、ここへ来てGALAXY率が上がってきていて、今回のNOTE2の発売により、iphone5よりも30%以上も安く、新しいモノ好き(見栄も含めて・・・)で、流行に左右され易い中国の人にジワジワ浸透していき、GALAXY NOTE2がiphoneを脅かすのも時間の問題ではないかと思います。

明日から日本、そして香港へ出張に出ます、各地の新しい情報をUPします。

それでは!


 2012/11/24 21:00  この記事のURL  / 



寧波発カワイイ系ブランド「楽町」!
今日明日と寧波出張中。
中国カワイイ系ブランドの代表と言えば寧波を本部とする太平鳥/PEACE BIRD傘下の「楽町 LE' TEEN」が挙げられます。上海、北京等の1級都市にも数多く出店しているため、ご存知の方も多いかと思います。2008年にブランドが発足、代理店を中心に500店舗を超えています。中国のレディスブランドが90后世代に向けたブランド開発をする際に、まず最初に思い浮かび、ベンチマーク&リサーチするのがこの「楽町」。

寧波世紀東方店の「楽町」ウィンドウをシッカリ構え、カワイイファッションを発信中


サイトから簡単にブランド紹介を・・・中国語の直訳ですのであしからず・・・

1.顧客:心理年齢16-22歳、彼女達は新しい物事を受け入れ、自ら表現する世代。
 職業:学生、社会人になったばかりの女性。心理年齢が若く活動的な女性。

2.商品:安い価格で高いファッション性。簡単に着れる単品と流行のコーディネート。トレンドもしっかり抑えています。東京とロンドンのストリートファッションのMIX。MIX&MATCH。スゥイート、セクシー、更に女性の優美な一面も表現できる服。我々の武器はMIX&MATCHです。

3.価格:春夏平均 150元、秋平均 200元、冬平均 300元

4.店舗:200〜250平米が中心、路面店/ショッピングモール

だそうです。以下は「楽町」の様々なサイトURLになります。

http://www.3gegg.com/taipingniaoleting/?post/whthnf

http://www.peacebird.com.cn/Industry_ld.asp

http://www.peacebird.com.cn/

先日の反日デモを挟み、8ヶ月振りに寧波を訪れてこの「楽町」の店舗を見ての感想ですが大きく2点。

@毎月発行しているカタログからヘンテコな日本語表記が無くなっています。
Aスタッフの掛け声、日本語で「いらっしゃいませ〜」が中国語になっています。

反日デモの前後、日系ブランドが店舗や販促物の「日本」という表記を消したり、店舗に置いてある日本雑誌を隠していました。一方でこの「楽町」は正真正銘の中国ドメスティックブランドなのですが、「日本カワイイファッション」を売りにしているブランドであるため、こういう最中に日本語表記のカタログや、日本語での接客はNGとなったのだと思われます。
毎月発行されるカタログ、以前は各頁に意味不明な日本が記載されていました
右に見える「百搭」とは?数多くのコーディネートが組める、つまりMIX&MATCHの意味
最終頁はヘアアクセ、ヘアのセット法、そしてメイク法、全9頁構成



でも可笑しかったのが、「楽町」のサイトを見ていて「11/21〜26の期間、デザイナーは日本にリサーチです」という表示。そうです、丁度今日からブランドの拠り所である日本、東京をリサーチしているという事になります。日中関係回復の兆しはまだ見えないものの、商売を考えると背に腹は代えられない為、このように少しずつですが日中の交流がリスタートしている思います。

それでは!
 2012/11/22 00:40  この記事のURL  / 



上海高島屋その後!
先週11/16金曜にクライアントさんが出店する高島屋へ。ほぼ売場の施工は完成し竣工前の事前確認が目的。
館全体としては来月12月始めOPENと言われている割りには、正直「OPEN本当に大丈夫?」という状況です。
やっと「高島屋」の文字が現れました


反日デモの影響を避けるためファサードに貼られていたカバーシートも剥がされ、ご覧の様に「上海高島屋百貨」という名称が明確に露出されました。当たり前かも知れませんが、「日本」という文字は何処にも入っていません。また、この仮囲いにOPEN日時を書けず、「OPENING SOON」としか書けないのは、消防系審査が批准規制が厳しく、遅れると1日、2日という単位では無く、1週間、2週間で平気にズレ込む、中国ならではの事です。
1Fの施工模様、突貫工事で床が張られていきます。中国の多くの百貨店や商城に行くと、床下地のレベル合わせが出来ておらず、床の音が部分的に違ったり、床レベルが真直ぐで無い為、つまずいたりするのはこの下地段階での基準が甘いためです
エスカはかなり前から完成しているようですが凄い埃を被っています。これも中国の施工時によく見る光景ですが、いざエスカを運転する時、埃やゴミが邪魔して動かずにすぐに修理、という嘘の様な効率の悪い状況があります
4Fの模様、ここは共有部分の通路、照明も完成し、各テナントの施工に入っています


館内を見ると1Fの施工の遅れが目立ちます、まだ床を張っている状態でした。上層階に行く程、施工すら入っておらず、恐らくですが12月にOPENされるとしても、フロアー単位、もしくは歯抜け状態でのOPENは避けられないのではないか?と思います。

明日、明後日と上海から新幹線で3時間の寧波出張に行ってきます。

それでは!
 2012/11/21 01:10  この記事のURL  / 



| 次へ
プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード