« 2012年06月 | Main | 2012年08月 »
南京東路様変わり!
本題の前に・・・今月も残すところ明日1日。ブログを見て頂ける方の数がまたまた過去最高を越え、新記録となりました。これもひとえにいつもチェックして頂いている皆様方のお陰です、本当に有難う御座います

8月も精力的にブログ書かせて頂きます!8月は上海以外に出張に行く機会も増えますので、違った視点で書かせて頂きますね。

さて、本題です。
今日7/30の最後のお仕事が南京東路の某中国ブランドさんだったので、その後久し振りに南京東路の歩行街(プシンジエ=歩行者天国)を歩きました。1993年〜数年、私がワールド時代になりますが、この近く(湖北路)にOFFICEがあり、日夜お仕事、昼ご飯や買物で過ごしていた時代を思い出しながら歩きました。その頃は当然ながら歩行街は無く、狭いながらも普通に車が行き交う一般的な道路でした。

平日月曜日の夜ですが、地方からの夏休みで上海に遊びに来たお上りさん達、地元のご婦人方のチームがテリトリー毎にダンスを繰り広げられ、それはそれは賑やかでした。また以前にも増して「偽物時計!安い、安い!」と言う執拗なセールスにはうんざりしました。

人民広場から南京東路まで1駅を歩いて見ました。以前よりも電飾看板が増えました、日系の看板が増えた様な気がします。

ワイタン方向〜第一百貨側を見る、オリンパスさん、化粧品ブランド等日系さんの広告が目立っています

アップル前〜人民広場方面を見る、平日、月曜日、夜8時の状況です。食事を終え散歩をしている人達で溢れます

こんな感じでアチラコチラで社交ダンス、カラオケなど趣向を凝らした出し物が楽しめます。普通このような社交ダンスは公園や、家の近くの空き地などで行われるのですが、この南京東路は違います・・・メチャクチャ古い話しですが、原宿で週末に繰り広げられた、ローラー族、竹の子族を彷彿させるほど、お年寄りの方々で異常な賑わいです


南京東路も南京西路に負けず劣らずカジュアルブランドが続々とOPENしていました。オランダのSPAブランド「WE」が旗艦店を構えたり、「GAP」もアップル前にOPENして賑わいを見せていました。


WEの旗艦店、有名な南京東路の歩行街に大規模な店を開く事で、中国中に対して知名度を上げ、ブランドを知らしめる効果を狙っています、ただほとんどの商品が70%OFFと、かなりの投げ売り状態でした・・・

百聯世茂内に2層で売場を構えます、約700坪くらいの面積、1F〜2Fのの階段踊り場VP、明らかにUNIQLOの南京西路旗艦店を研究した事が伺えます、デニム売場の壁面上もUNIQLO流のフェイクBOX積み上げが真似られています・・・

GAPも堂々と店を構えます、近くにFE21もOPEN予定です

なかなか用事が無いと足を運ばない南京東路、今後は定期的にチェックをしたいと思います。上海に来られる方は是非とも夜に訪れてみて下さい!ただスリ被害も多い事で有名な通りですので、バッグは肌身離さずで御願いします。また色んな客引きが入れ替わり立ち代わり寄って来ますが、無視をするのが一番です。

今週は日本出張、話題の大阪のタイガー(デンマークの雑貨SPA)をチェックしてきます。
それでは!
 2012/07/30 23:57  この記事のURL  / 



中国のオリンピック模様!
今朝の開幕式で幕が開いたロンドンオリンピック!こちらでも開幕式の模様は生中継されていました。JAPANと言えばご存知、男子サッカーの超番狂わせで、期待出来るスタートとなりましたね。

さて、上海の街のオリンピックを盛り上げる状況はと言うと・・・、正直なところ街をあげてオリンピックを応援しよう!というノリはあまり感じられません。各企業が様々な広告、CM上でオリンピック出場選手を活用し、放映しているのが目立つ(これは、日本含め何処の国でも一緒かと思います)のと、街中のスポーツバーなどで「オリンピック観戦できます!」という告知を出しているのを多く見かけます。

昨日、立ち寄った徐家フイのガンフイでは、以下の様にモールの中、外で、オリンピックを、いや我が祖国、中国を応援するためのブースを設置しているのが印象的でした。


ご覧の様に、飲食店が並ぶ吹き抜け部分には、大きなモニターと中国加油!のメッセージボードが設置されています、丁度前日の対スペイン戦で決勝ゴールをあげた大津の映像が流されていました。

同じガンフイの館内では、ご覧の様にオリンピック期間中の販促イベントも行われています。メダル数を予想すると言うもの。7/27〜8/13の期間にお買い上げ500元単位で、イベント参加の権利がもらえます。賞金は50元〜4999元のガンフイの商品券のようです。

でも2008年の北京オリンピックで中国は100個のメダル(金51、銀21、銅28)ものメダルを獲得していたのですね。。。いや凄い・・・アメリカに続き既に立派なスポーツ大国なんですね〜。ちなみに2008年の北京オリンピックでのメダル獲得数はアメリカ110個、中国100個、ロシア73個。でも驚いたのは金メダルの数だけを見ると、アメリカ36個、中国51個、ロシア23個と金メダル比率は既に世界一になっています。

今回のロンドンでも中国がどこまでメダル獲得数を伸ばすのか、メダルを獲得する度に日増しに国民が盛り上がっていくと思います、その状況をリアルに感じたいと思います。

それでは!
 2012/07/28 11:45  この記事のURL  / 



13SS展示会の季節!
今晩、いつもお世話になっている、某スポーツウェア企業さんの水着ブランドのイベントと13SS展示会にお邪魔して来ました。

30スタイリングを越える13SSの水着ファッションショーのスタート

スゥィムだけでなく、水着の上に着るウェアも提案されています

一番盛り上がったのは、HelloKIttyコラボ、子供モデルいっぱしにポーズ決めてました・・・

フィナーレ

展示会前夜の本日パーティが行われたのは、前にブログにも書かせてもらった人気店「Dr.Beer」・・・・・・・・

展示会は上海市内5ツ星ホテルのバンケットルーム、中国全土から100を越える代理店さん、アジア各国からも発注に来られます。

今年はオリンピックイヤーという事で、水着に限らずスポーツウェアは稼ぎ時です。
水着と言うのは、当たり前かもしれませんが年間の中で一番売れる季節は夏、まずはこの夏に如何に御客様から支持を頂きお買い上げ頂くか?、そしてそれ以外の3シーズンの中で特に中国独特のオケージョン(春節、労働節、こどもの日、国慶節)期に如何に売上を取るか?更にそれ以外の通常月の売上を平準化させていくか?の大きく3つに要約出来ると思います。

ただ、皆さんもそうだと思いますが、本気で毎週の様に泳がれている方は別ですが、普通の方は年間で水着を着用する機会はそんなに多くは無いと思います。すなわち一般消費者の方が水着を購入する頻度は決して高くは無いと思います。そのような難しい商売だからこそ、水着一点一点の完成度(デザイン、FIT、機能、素材など)が重要な売れる要素になると思いますし、ここに如何に集中出来るか?が鍵になります。

通常のアパレル商材と違い、水着をはじめスポーツウェアは特殊な状態、過酷な環境で着られる事がほとんど、だからと言ってあまりオーバースペックにするとプロユースとなり、一般の方には手が届かないプライスになります。逆にカジュアル過ぎると競合が犇めいていてこれまた難しい状況、丁度この中間辺りが商品化する落としどころだと思います。

VMD面では、私見ですが通常アパレル商材の展開と基本は同じだと思います。強化するアイテム、重要キーアイテムを目立つ場所に展開し、マネキンに着せて訴求する、水着とは言えカラーコーディネート(キャップ+ゴーグル+水着+Bag+サンダル)も欠かせません。更にゴーグル等のグッズもサイズ、カラーの在庫を切らさない様に展開する等、服と同様です。

一番大事なのは、販売スタッフのセールストークに尽きるのでは無いかと思います。水着は当然ながら水の中で着るウェア、店舗で実際に水中に入り試着する事は不可能。だからこそ水の中での、素材特性やシルエット、FIT感など、スタッフの経験が物を言うと感じます。

いやはや、ほぼ1年前からこの水着ブランドのVMDコンサルティングに携らせて頂いていますが、逆に日々勉強もさせて頂いていると感じます。水着は実に奥が深い・・・幾つになっても勉強です。。。

明日25日から展示会が行われる、虹口地区の5つ星ホテル


それでは!

 2012/07/25 00:00  この記事のURL  / 



SALE真っ盛り!
昨日土曜、SALE状況をチェックしに来福士(ラッフルズ)へ。

街を歩く人のファッションも、こんな感じで真夏です・・


気温も日中36度、外を歩くと本当に倒れそうなくらいの熱気、まさに夏真っ盛りです。涼しい館内は人、人、人・・・食事と涼み目的、SALEの買物目的と様々なお客さんが多数。吹き抜け空間ではGUESSのショーイベントで凄い集客でした。この状況を見ると、「中国人のファッションショー好き」というのを実感します。

テナントとして入るNOVO、凄い集客です

地下へ降りるエスカから、この来福士の集客要素No.1,飲食フロアー、地下鉄とも直結していて押すな押すな状態です

GUESSの新作イベント、3Fまで沢山の人だかりです


館内でも集客が目立ったのは、日系のアパレル、50%OFFは当たり前、中には70%OFFというブランドも有り、プロパー不振で溜まった在庫をSALEで一掃している姿が目立ちました。

ALL50%OFFのアース、確かに春商戦が苦戦し、在庫一掃のチャンス、館内で一番のお客さんの入りでした

このブランドもOPEN後、目標比の状況は良く無いと聞いています、70%OFFから・・・


また、Hollisterも部分SALE中、割引はシーズン性の高い水着、ショートパンツ類のみ、割引率も10〜20%OFFと他ブランドと比べても低く、ブランド価値を下げない目的か、夏物プロパー展開も有り在庫一掃という見え方はしていません。まぁ年中、定番カットソーアイテムが多くSALEをする意味も無いのかもしれません。同時に秋物も一部立上がっています、長袖チェックシャツ、ライトダウンベスト、スエットパーカ、チノパン等。気温は36度の中でも、次シーズンものをしっかり立ち上げる、ブランドとしてやるべきmustな事を愚直にやられています。来福士に店を構えていませんが、UNIQLOも各店SALE真っ盛りの中、同様にチェックシャツ、ライトダウンベスト、スェットパーカ、チノパンを立ち上げて来ています。

Hollister Womens、ひな壇商品、一番上はTシャツ、中段はKNITカーディ、共にプロパー、最下段はデニムショートパンツ、これのみSALE、でも329元(約4,000円)と市場的には決して安くはありません、陳列手法はカラーの縦割り陳列でカラーを合わせコーディネートしています、手抜きはしません


こちらはMens、長袖チェックシャツ、スエットパーカ、共にプロパー、縦割りカラーコーディネート陳列、見事です。横のラックには既にアウターが・・・でもご覧の様に手に取るかたがおられます

各フロアーで常にブランドのRenewalがされている来福士、1FにあのKate SpadeもOPENしていました


上海の蒸し暑い夏はこれからが本番、8月は当たり前、9月の中旬まで平均ですが最高33度、最低25度の気候が続きます。アパレル各社この時期から8月中旬までは大々的なSALEが続きます。SALEでどこまで在庫消化を図り、8月中旬からのいわゆる端境期の商売をどのように組み立てるか?非常に重要になってきます。

それでは!


 2012/07/22 16:00  この記事のURL  / 



ついにザ・コンランショップOPEN!
待ちに待ったザ・コンランショップが上海にOPENしました!昨日19日(木)オープニングレセプションパーティに行ってきました。


外観はこんな感じです。インテリアモールの中の一角、三層です


コクヨのプレスリリース
http://www.kokuyo.co.jp/com/press/2012/06/1259.html

ただ、今回のお店はまだ「0号店」という事で市場把握、実験、事業展開モデル検証の位置付けのようです。これから本格的な出店を目指し、期待出来る商業施設を幾つか検討しているようです。

既にご存知の方も多く説明の必要も無いとは思いますが「ザ・コンランショップ」とは?
*以下、コクヨさんのサイトからの抜粋です。

英国人インテリアデザイナー、テレンス・コンランにより世界中から厳選したインテリアアイテムを扱うホームファニシングショップ。1973年にロンドンに現在の本店となる1号店をオープンし、以来、フランス(パリ)、アメリカ(ニューヨーク)、イタリア(ミラノ)、アイルランド(ダブリン)、日本と、現在では6カ国10都市に13店舗を展開しています。

日本では、コクヨグループのLmDが展開ライセンス権を持ち、新宿(東京)、丸の内(東京)、名古屋、大阪、福岡に加え、埼玉県越谷市のアウトレットショップ「ザ・コンランショップ ウェアハウス」、本年5月に渋谷ヒカリエ内にオープンしたシングルコンセプトショップ「ザ・コンランショップ キッチン」の7店舗を展開しています。

コクヨグループLmD社は、日本に加えて中国・香港・台湾・マカオでの「ザ・コンランショップ」ライセンス権を獲得し、富裕層の関心が資産からライフスタイルへと広がり、また経営層の執務空間のトレンドもシフトしつつある中国上海市場を焦点に第一号店を開き、市場特性の把握・事業展開モデルの検証を行っていきます。

今回の「ザ・コンランショップ上海(文定)店」では、より豊かで上質なライフスタイルにこだわるテレンス・コンランの世界観を、リビングやダイニング、キッチンといった空間ごとに表現します。店舗面積は約400平米と小型店舗ではありますが、多彩なアイテムで構築した各空間は「ザ・コンランショップ」のエッセンスを充分に体感できるものになっています。中国現地のハイエンド顧客に向けて、そうした顧客の住居空間づくりに大きな役割を担う設計事務所やデザイナーと連携し、空間提案を強化していきます。


安定生活、というインテリアモールの入口、この中に憧れのザ・コンランショップが鎮座します


ショップの前の空間を囲い、レセプション会場としています


サインもして、まるでスター気取り!


コンラン卿のテーブルとイームズのチェアの組合せ


プライスはこんな感じです


リビングを表現しています


ダイニング


著名なチェアの数々


キッチン


レセプションの様子、本国英国からも駆け付けられていました


という事で、元々英国が発祥のザ・コンランショップ、通常で考えるとアジア地域で有れば元々英国領の香港やシンガポールでの出店が考えられるのですが、やはりハイエンド富裕層を核に、80后世代のニューファミリー層の潜在的なインテリアの需要が見込める中国市場を、攻める辺りが流石良く市場を研究されていての判断だと思います。

それでは!
 2012/07/20 13:10  この記事のURL  / 



| 次へ
プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード