« 2011年06月 | Main | 2011年08月 »
2011 INFOBARは実にカッコいいですね!
日本に帰って来ています。

久々の東京で街中で多く目にしたのが、スマートフォンのビルボード看板や広告、中でもiidaのINFOBARの広告、今まさに強力PUSH打ち出し中!という感じでしょうか。


原宿キャットストリートの民家の壁にも広告が、若者が集まるエリアで集中的に仕掛け、話題訴求していく戦略が見えます


INFOBARと言えば2003年au第1弾モデルとして登場、プロダクトデザイナー深澤直人氏のデザインの斬新なデザインとカラーリングは、それまでの携帯電話に対する固定概念を裏切り、驚きを与えたと記憶しています(当時、私は一般的なドコモを使用していましたが・・・)


以下、INFOBARの広告から抜粋・・・

そして、2011年充実のスペックでINFOBARがスマートフォンとして再び登場しました、他のスマートフォンとは一線を画す、滑らかなフォルムと鮮やかなカラーリング。これまで体験したことのない、新感覚のオリジナルUI(ユーザーインターフェイス)







初代INFOBARから受け継がれてきた、アイコニックなスタイルと豊かな色彩。手にピッタリと収まるサイズ感とバランスは、精緻な計算と精密な技術によって成り立っています。携帯電話からスマートフォンに変わっても、INFOBARらしさは脈々と息づいています。四角くも角張らない、優しいかたち。持ちやすさと携帯しやすさという実用性が備わったシルエット。ムダな装飾や機能を排除し、最低限の機能のみで構成されたシンプルな背面も、INFOBAR独特の美しくて柔らかな表情を醸し出しています。

タイルキー&マルチカラー
初代INFOBARから受け継がれるタイルキーは、INFOBARのアイデンティティとして力強い存在感を放ちます。デザイン性だけでなく、操作性にも優れており、キーの間の溝は、それぞれのキーの指による識別を容易にしています。それぞれのボタンには異なるカラーリングが施され、INFOBARならではの知的でポップな印象を作り上げています。

カラーバリエーション
INFOBARといえば伝統のカラーNISHIKIGOI、全4つのカラーリング、あなたのライフスタイルに心地よくなじむカラーを見つけ出してください。

という事で、私はiidaのまわし者ではありませんが・・・格好良い個性的なINFOBAR。今はiphone超ヘビーユーザーの私ですが、機会があれば是非とも使いたい1台です。

それでは
 2011/07/23 16:09  この記事のURL  / 



シンガポールマーケット!
実に1年振りのシンガポール、経済産業省とのプロジェクト、現場確認と百貨店さんとの商談が目的でした。過去数えきれないくらいお仕事、プライベートでシンガポールを訪れています、私の大好きな街の1つです。

今回宿泊したデザインホテル、元学校を改造したようです、カッペジプラザからも徒歩圏内


街には原色の鮮やかな花が溢れています、本当に心洗われます・・・


オーチャードのメインストリート、午前中はこんな感じで、車も人も少ない様子


ION前です、昨年のOPENでこの辺りの人の流れが変わりましたね、ウ〜ン・・・空の青さが良いです・・・


シンガポールを好きな理由は、幾つか有りますが・・・
何と言っても、綺麗な街並、景色と空気、特に中国から訪問するとなおさらそう感じます、そして整ったインフラ、そして人柄、という感じです。

マーケットとしては、赤道直下、常夏の気候という事で、アパレルとしては簡単では無いと、私の過去の経験からも感じています。「Tシャツ+短パン+サンダル」が昔から言われていたシンガポールの代表的なカジュアルファッションでした、今でもこの定番スタイルは変わっていないと思います。元職でキャリア系の某ブランドを展開した事がありますが、OLファッションというものが存在せず、数年で撤退した苦い苦い想い出があります。
ですが最近は、ZARA、ESPRIT、TOPSHOP、MANGO、GAP、UNIQLO、等のSPAブランド、欧米ブランドが入って来て、カジュアルだけではなく、ドレッシーな服まで着こなす幅が出て来た様に思います。

市場を見ていて元気があると感じたブランドは、UNIQLOとForever21くらいでした。UNIQLOは既に5店舗を展開、Forever21はサマセットの311に1号店が出来て以来、何店舗出されているかは不明ですが、IONの横のモールに新しい店ができていました、地下鉄の駅からも店舗が見え、素晴らしい立地と分かり易いプロモーションをやられていました。


地下鉄と直結していて凄く便利、若い客層で賑わっていました


地下鉄から出ると、このような非常に目立つエスカと階段があり、お客さんを出迎えます

今年中にはあのアバクロ1号店がオーチャードに出来るようです、丁度マンダリンホテルの目の前、オーチャードロード全体の活性化、街に賑わいを出す、起爆剤になると思います。


隣にはTOP SHOPやTOMMYも店を構えています


今年の9月末には売場編集の実務で再訪問させて頂く予定です。


それでは!
 2011/07/18 07:22  この記事のURL  / 



刻々と変化する北京マーケット!
大変ご無沙汰しました。

先週某レディスブランドさんのお仕事で北京に行っていました。
2ヶ月振りの北京、以前は上海と比較すると変化のスピードが緩やかで、コンサバな街という印象が強かったのですが、ここにきてこれまでの商城などがパワーアップしてきている様に驚きました。

外国人が周りに多く住み夜迄賑わいが絶えない三里屯地区、国貿3期をOPENさせた国貿地区、新光天地を核とした大望路地区、大悦城を中心として若者が大挙して訪れる西単地区、そしてそれぞれがそれぞれの客層、環境立地の中で少しずつ深さを増しているように思います。


街中に「中国共産党設立90周年」の案内オブジェが・・・上海ではあまり見かけません、やはり首都ならではの光景です


三里屯にある、あの隈研吾氏が手掛けたブティックホテル「ザ・オポジットハウス」、その1Fには「MESH」という都会的なラウンジ、地下にはネオゴシック調クラブ「Punk」もあります


国貿の全体像が分かる模型がありました、一番後ろの一番背が高いペンシル状のビルの1F、地下に国貿第3期が有ります、多くのブランドが入りゴージャスな雰囲気です


案内板だとこんな感じで、下が元の国貿、上が国貿3期(国貿大厦)、北へ北へ施設が伸びていっています


国貿地区前のOFFICEビル、この地区はSOHOを初め、銀泰など、高層ビルが建ち、以前とは全く違う様相です


新光天地、昔は高級すぎてお客さんの入りが少なかったのですが、ここ3年で周りにマンション、ホテル、OFFICEビル等が建ち、昼夜の流動人口も増え、北京東部の一大マーケットとなっています


北京の後、その足で某メンズブランドの代理商様の新店OPEN準備のために河南省の鄭州に行き、一旦上海に戻り翌日シンガポール出張と、最近ようやく私が本来やりたかった、中国を核としたアジア地域でのVMDディレクションのお仕事に携らせて頂いています。本当に有り難い事です。

それでは!
 2011/07/16 16:25  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2011年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード