« 2011年02月 | Main | 2011年04月 »
秀逸なKids/Baby売場 in GAP銀座
既に見に行かれた方も多いかと思いますが、先週3月3日にOPENした「ギャップ・フラッグシップ銀座」をチェックして来ました。


ファサードは、世界中でここだけというブルーのガラスを使った仕様(残念ながら、夜の撮影のため、その綺麗さをお伝え出来ないのが残念です・・・)

1F〜4Fの4層構成、フルラインの商品が揃う館です。1Fは天井も高くメンズ&レディスの1969 Premium Jeansを中心にコラボ企画を展開、様々な着こなし提案、今後は毎月、日本企画、様々な企画新しいGAPを見せていくそうです。

ウィンドウはご覧の通り、全部で3ヶ所有り、何処からも店内が見通せる様になっています、メインウィンドウはJeansをモノトーンでコーディネート提案、サブではKids&Baby、カラフルなカットソー&フーディ提案、もう1つのウィンドウは、この銀座店の為にラインナップされたイタリアで人気のセレクトショップ「10 corso como」(ディエチ・コルソ・コモ)との限定コラボアイテムをモノトーンでカジュアルシックに提案、と豊富な打ち出しをされていました。



2Fはレディス、3Fはメンズ、正直ここはあまり特徴は無かったというか、記憶が曖昧です・・・と言うのも4FのKids & Baby売場があまりにも秀逸だったので、忘れてしまったというのが本当の所です(GAPの方、ゴメンナサイ)


皆さん、是非とも一度足を運んで下さい!、特に子供服を商売にされているアパレル、小売りの方々、一見の価値有りです、恐らく圧倒されると思います、何かGAPのまわし者みたいですが・・・、写真では絶対伝わらないと思いますので、実際に店舗に行かれて空気感、アトモス、バランス、センス・・・を感じて頂ければと思います。


何が秀逸か?
それは、広い売場を各世代(Newborn、Infant、Toddler)、性別(ガールズ、ボーイズ)で明確に分け、テーマ性を持たせ、打ち出したいアイテム(例えば・・・フ−ディ、花柄など)で各売場を区切り、テーブル&ウォールでワードローブ展開されています、ん?いつものGAP Kids & Baby売場と変わらないじゃない?という方がおられると思いますが、分かり易いんですよ、触り易いし、買い易い。売りたいキーアイテム、キーカラー/柄が。壁面高も高く、それをうまく使ったフェイシング構成、壁面の上から下まで工夫しうまく売場を作られています。


「ワクワクドキドキする売場演出、VMD」と言うのはこのような売場なんだ〜と実感しました、時間が過ぎるのも忘れ売場に見入ってしまいました、30分近く居たせいか、スタッフの方から「あの〜VMDの方ですか?」と思わず聞かれました(笑)、そりゃ大の大人、それも年配の男が、ず〜っと売場を見ていたら気味が悪いですよね。。。

担当VMDの方々が閉店後、一生懸命に売場編集、ディスプレイをメンテナンスされた成果だと素直に思いました、同業者として凄く感動した今日の売場をずっとキープし続けて頂きたいと思います。

良い売場を見せて頂き、感謝です!
それとKids & Baby売場の販売スタッフの方はキャリアが有る方を選ばれているのか、凄く接客もソフトで心地よかったです。

それでは
 2011/03/09 07:00  この記事のURL  / 



中国エアポート広告事情!
ご無沙汰です。

先日、虹橋エアポート国内線でのヒトコマ。
一昔前のエアポート内のアドバタイジングと言えば、「セレブ御用達ファッションブランド」や「名だたる世界の化粧品ブランド」「富裕層が好む不動産物件」と言うのが王道でしたが、最近の事情はチト変化が有るようです。

今は「銀行系クレジットカード」「コンサルティング会社」「富裕層好みの車から大衆車まで」3つに絞られます、時代性を感じます、成功を収めた方々向け、更に会社を成長させる為、ビジネスユースでのアドバタイジング戦略ということでしょうか。




車に至っては、ご覧の通り何とPORSCHEの3車種が堂々と展示されています。



ブースにいた係の人に聞いてみました。「車を展示されていてお客さんの反応は如何ですか?」「はい、昨日お一人が商談に入られているようです・・・・」との事。えっ?エアポートで車をそれもPORSCHEを気軽にお買い物?どういった事でしょうか。単なる展示ではなく、本気で売る人がいて、それを本気で買おうとしている人がいるという構図です。

恐る恐るイエローカラーのプライスを見てみました、「911 Turbo coupe 2.641.400元」、えっ〜と、一、十、百、千、万・・・・、×13円で日本円で3.400万円!!!  確か日本では同車種で2.200万円以上はすると思いますが。買ってしまうんですね、超高額な車を・・・。確かに上海、北京、広州など中国沿岸部のみならず、内陸地方に行っても嘘の様に沢山走っています、PORSCHE、Ferrari など等、それも写真のような奇抜で異常に目立つカラーをよく見ます、このあたりは自己顕示欲の表れでしょうか、などと色々と勝手に想像してしまいます。


大衆車とは言えないまだまだ高値の車種、ドイツ、日本、韓国 入り乱れています




中国に行くと、時間の流れ方が異常に早いと言うか、街や物の進化、衰退が分かり易い形で見えます。流行もすぐに過ぎ去り、良い意味でも悪い意味でも「熱しやすく冷めやすい国民性」を表していると感じます。

今後も色んな視点で、エアポートのみならず、街、人、物の様変わりをウォッチしていきます。

それでは
 2011/03/08 07:00  この記事のURL  / 



癒しの源!
グローバルVMDという表題のブログでペットの事を書いて良いのか迷いましたが、書きますっ!

実は自宅でフェレットを買っていて(3匹も)、その中の末っ子が先日目出たく3歳になりました。
名前は「ビスケット」(通称:ビスケ)次女です、他には長女が「ラッキー」長男が「ハッピー」という子達です。たまに自宅に帰ると、彼らは私の事を覚えているのか、いないのか判りませんが、追いかけてきて大変です。すぐに噛み付きます。甘噛みとのことですが私には虐めにしか思えません。。。
 寝起き、且つネット越しの写真です、右が3歳のビスケ、左がラッキー、下で爆睡しているのがハッピーです 
  
           ビスケのアップ写真、目がうつろです


  突然起きたハッピー君、超アップで何の動物か判らないかと思いますが、フェレットです

仕事に没頭して忙しい日々を送っていますが、こんな感じでたまに自宅に帰ると、カワイイペット達や、美味しい空気、遠目から見ると?綺麗な海に本当に癒されます。お仕事での新しいアイディアや発想にも繋がっていると思います、多分。。。ブログを見ておられる方々も色んなペットを買われていると思いますが、フェレットも良いもんですよ、名前を呼んでも近くに来てくれないのは寂しいですが・・・あっ、何か食べ物をあげる時だけ、駆け足で来てくれます・・・。

それでは
 2011/03/03 07:00  この記事のURL  / 



うふふガールズ KOBEの狙いとは?
ご無沙汰しております。

大丸神戸店3Fに「うふふガールズ KOBE」がOPEN(2月23日)していたので、チェックしてきました。
大阪の梅田で今春、百貨店の進出や増床が相次ぐのを前に、神戸三宮や元町の商業施設が顧客の流出を最小限に食い止めるべく対抗策を打ち出しているようで、今回の「うふふガールズKOBE」もその一環だと思います。

         ピンク色が基調のショーウィンドウで展開ブランドの訴求

*ご存知かと思いますが・・・うふふガールズとは?
大丸松坂屋百貨店が展開、百貨店での購買率が低いと言われている、18〜34歳の女性を取り込むのが狙い、ヤングカジュアルのファッションブランド、セレクトSHOPをワンフロアに集結させた売場の事です。一昨年の大丸心斎店、松坂屋銀座店、大丸京都店に次いで今回の大丸神戸店が4号店目になります、もうすぐ大丸梅田店もOPENするようです。

噂によると今回の10億円を投じ昨年9月から改装をしていた「第1期改装」の目玉、週末だった事もあり、多くの人で賑わっていました。

売場面積は、3Fの半分を占める2000u、全部で約20ブランドはあったと思います、その中でも「turno juana」や「FRAY I.D」「Banner Barrett」など計6ブランドが神戸初進出とのこと。
ピンクを基調とした売場は、ジェラート店や休憩室、パウダールームなども有り、買い物に疲れたら小休止できる空間も備えています。


        1F店内吹き抜けスペースにも、売場と連動した「うふふガールズ」のVP提案

大丸心斎橋店のうふふガールズを見てみると、メイン客層は10〜20代だと感じますが、神戸店の場合は従来の客層に合わせ、20歳前後からアラサーがターゲットの様に感じました。

今回の出店が元町、神戸三宮の街の活性化に繋がると良いですね。

それでは
 2011/03/01 20:52  この記事のURL  / 



前へ
プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2011年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード