« 2011年02月 | Main | 2011年04月 »
上海伊勢丹に日本ブランドが続々と!
最近何かと話題の梅龍鎮伊勢丹。

昨年から全館で少しずつリニューアルをしています。
6Fは、フランフラン、ZOFFなど、日本ブランドを集積した日本フロアーとなっています。
先週25日、3Fに「スナイデル」が初めての直営店としてOPENしたと言う事でチェックしてきました。


スウィートカジュアルの雄「スナイデル」、日本と同様の商品(一部上海のみの限定商品も6〜7型有り)、内装インテリア、VMD、見せ方をされており、平日の午後にも関わらず、沢山のお客さんで賑わっていました。
お客さんの層は、20代から40代と日本と比較して少し幅広いようです、お客さんの商品接触情況をチェックすると、万遍なく売れているかとは思いますが、構成要素として「レース」「かぎ針」「小花柄」、アイテムとしては「ドレス/ワンピース」というところだと思います。実際に1.500元(約2万円)のドレスの反応が良いようでした。
(下のMOOK本、一番左ブルーのワンピース)

噂によると、OPEN初日の売上は梅龍鎮伊勢丹の過去の1日の最高売上レコードを軽く抜いたそうです。。。

確かに昨年末から年明けにかけて、浦東の正大広場で展示、ファッションショー、限定販売など事前に様々な仕掛けを周到にやられてきた結果が、売上好調の要因になっていると思います。
来週4月7日には、話題の「ジェラートピケ」もOPENするようで、ここの売上も期待されます。

最近現地法人を立ち上げたマークスタイラー社が展開する「Laguna Moon」が昨年、その他伊勢丹には入っていませんが、「moussy」など109系ブランドが、また「rosebullet」「OLIVE des OLIVE」など日本独特のスウィートカジュアルブランドが、少しずつですが上海、中国で受け入れられ始めていると肌身で感じます。

                  Laguna Moon


                    rosebullet


                  OLIVE des OLIVE

事実、街中でもヘアメイク、ファッションも渋谷、原宿にいてもおかしく無いギャルをよく見かけます。日本発ファッションがジワジワ広がっていっています。

今後も引き続き、上海、中国の百貨店、モール、ブランドの情報を発信していきたいと思います。


それでは
 2011/03/30 10:43  この記事のURL  / 



東京事情!
実は地震が発生した11日が上海へ引っ越しをする日でした、地震が発生したため東京に家財道具を残したまま上海に旅立ってしまっていたので、週末だけ東京に戻り引っ越しを敢行、すぐに上海に舞い戻って来ました。

せっかく帰国したので、東京の街を色んな側面からウォッチしてきました。

【物資】
東京のスーパーやコンビニの売場で商品が無くポッカリ空いたコーナーは、「ミネラルウォーター」「カップ麺」「お米」「缶詰」「懐中電灯」「単一電池」など、非常に備えて備蓄するアイテム、ミネラルウォーターに至っては自動販売機でも「売切サイン」が付いています、東京や栃木での水道水への放射性ヨウ素検出など問題視されてはいるものの、お気持ちは分かりますが買い占める必要は無いのではないか?と思います。

                  水だけが売切れ

【報道】
また風評被害の事が取り沙汰されていますが、もっと各人がしっかりと政府や関係各省庁から正確な情報をつかみ、周りに惑わされずに行動されることを望みます。

マスコミの報道も誤解を恐れずに書かせて頂くと、スーパーでの物資が無い映像を流して、逆に何か煽っているようにも見えます、TVでのCMもほとんどがACジャパン(旧 公共広告機構)が流すタレント、スポーツ選手達が「助け合いの精神」「節電」「物資買い占め抑制」内容となっていますが、これはこれで説得力もあるのですが、もっと「飲料水への影響は無いです」など、繊細な部分だとは思いますが、もっと明確なメッセージを訴える必要があると思います。「安全、安心」を声を大にして。

【交通】
地下鉄も、東京メトロではエスカレータが停止されていたり、駅構内の電気も必要最小限まで消されており、何か薄暗い状態になっています。
ただ、不可解なのは或る駅では全ての上りエスカレータが動き、下りエスカレータが止まっているのですが、或る駅では上りが止まり、下りが全て動いているという、と言う様なチグハグさも有りました(そうしている、何か理由があれば良いのですが・・・)

【マーケット】
27日(土)原宿近辺、新宿を見て回りました。
想像以上に若者が街に溢れ、買い物をしている姿に少し安心しました、上海のTVで日本の震災後の町の映像を見ると、街に誰も出ていない絵ばかりが流れていたので。消費も少しずつですが上向きに動き出していると感じました。こういった面からでも日本を明るく、元気にさせていく必要があると思いました。


                   竹下通りも


                   Laforetも


                   赤いワニも


                   WEGOも


                話題のアウトドアの店も


                   新宿駅前も

人、人、人で溢れていました。

幸運にも直接大きな被害を受けていない東京や、その他の地域の方々も節電や、無駄な買い貯めをせず、切り詰める所は切り詰め、ファッションという世の中を明るくする事ができる部分で、消費を、日本を盛り上げていく事も必要だと感じました。

ユニクロの様に全世界の店舗に募金箱を設置してお客さんに善意を募っている企業もあります。最終的には被災地に寄付されることになります。他の企業も同様に売上の数%を被災地に寄付しているところも有ります。

日本を明るく盛り上げましょう、がんばろうニッポン!
 2011/03/28 19:42  この記事のURL  / 



デニムブランドLeeのイベントを見て考えた事!
ブログが2週間程空いてしまいました。

上海に住んで早2週間が過ぎつつ有ります。
日本の震災の事で、なかなかブログを書く気持ちになれなかったのですが、そろそろ書き始めようと思います。

先週末に知人と上海のマーケットを見て回りました、そこで見た光景。



ご存知デニムブランドの「Lee」が、大勢の人で溢れている来福士(ラッフルズ・・・シンガポール系モール)の1Fで大きなブースを構え、以下の様なイベントをやっていました。

まずは、NYはブルックリンで活躍する人達のインスタレーション・・・

@自由芸術家/画家が、デニムをキャンバスに絵を描いたコーナー
Aファッションデザイナー/スタイリストが、組んだスタイリングコーナー
B様々なシーンで活躍するバンドのCDを視聴できるコーナー



それらが、ブルックリの家をイメージしたブースの中に展示されているイメージです。
正直いうと、何かバラバラで、統一感が無い感じがしました。。。

それに追い打ちをかけて、ブースの周りでは・・・

・公衆電話型のモニターに出てくる電話番号に電話をする
・映像の中の人が公衆電話の受話器をとる
・そうこうしている間に、携帯にショートメールが送られてきて
 その内容は「3月20日までに4FのLee専門店にて、プロパー商品
 1000元以上お買い上げで、188元値引きます、お店へどうぞ!」というもの
・その場でもらえるプレゼントは、Leeのロゴ入りメモパット


結局、当たり前ですが売場への導入訴求の為のイベントなんですが、売場にはお客様は数える程しかおらず、効果が見えないと感じました。

言い過ぎかもしれませんが、ここまで、しっくりこないイベントも珍しいと思いました。それぞれは凄く考えられていて悪くはないと思います、十分に練ってプランニングされ実行されたと思うのですが。。。
場所的にも、恐らく相当の費用も係っていると思います。

という事で、色んな仕掛けを一度に提案する事、お客様にお伝えする事の難しさを垣間見た感じがしました。

売場でもVMDでもそうですが、よく私は研修の中で「足し算ではなく、まずは引き算から」という事をお話ししています。

つまり、一番売りたいもの、一番提案したいものを、一番良い場所に、一番分かりやすい陳列方法で訴求して、次に二番目に売りたいもの・・・という手順で売場を作成していくと思います。その候補の数が、三番目、四番目・・・と的を絞らず何でもかんでもと欲張ると、上述の様なイベントになってしまうと思います、売場でも同じで、まずは何が優先順位一番か?思い切って一番以外の余計なものは置かない、もし売場で迷ったらどんどん引き算をさせ的を絞る事が非常に重要だと思います。

足し算はややもすると、不明確、不明瞭な売場を作ってしまうだけだと思います。

週末にたまたまイベントを垣間見ただけですが、私自身のお仕事でも、この事は気をつけていこうと、気づかされました。

お客様視点に立ち、「入りやすく、見やすく、分かりやすく、買いやすく、触りやすい」つまり「売れる売場なっているか?」を念頭に置いたお仕事をしていきます。

それでは!
 2011/03/25 00:38  この記事のURL  / 



上海に居を構えると言う事!
さて、私13日日曜日上海に着任いたしました。上海では中山公園という地下鉄2号線沿いの最近にわかに人気のエリアに居を構えました、近くには龍之夢購物中心というショッピングモールが有り、地下にはカルフール、フードコート、その他フロアーはファッション、雑貨の店が多数入っています、上層にはレストラン、映画館と週末はこの館で1日過ごせそうです。近じか上海に駐在される予定で居住エリアに迷われている方、古北エリアも良いですが中山公園エリアもお薦めですよ。



         本日の虹橋空港のヒトコマ、何故か人は少なく公安の人が・・・


私は中国上海をハブにして、香港、台湾、その他アジアの国々で、「店頭基点のVMDディレクション」「リテイルVMD」を生業として本格的にビジネスを行っていく所存です。
どのような御用命でも構いませんので御一報ください。
  
例えば・・・
対中国、アジアでは?
「中国でVMD概念から売場作成まで一連のVMD研修を中国語で実施して欲しいのだが・・・」とか「店舗設計から什器備品開発プラン、売場VMDプランを・・」「センスが良く、現地に根ざしたインテリア、設計会社を探しているのだが・・・」「信用出来る施工会社を紹介してもらえないか」「自社でVMD人材を採用したいのだが人材の紹介を・・・」「新店のVMD面でのOPEN準備を依頼したいのだが・・・」「新店OPEN後の売場編集メンテナンスをお願いしたい・・・」「販売スタッフの教育を・・・」など等、もっと範囲を拡げると「中国で現地法人立上から、法人の事務所探し、その契約、出店候補地の御提案、店舗スタッフの採用、面接など、をパッケージで出来る会社は・・・」など、私の知人ネットワークを使わせて頂き、幅広くお手伝いができると思います。

対日本向けでは?
「マネキンやハンガー、ディスプレーツール、いわゆる売場販促資材などの開発からコスト、クォリティコントロールを依頼したいのだが・・・」等もおありかと思います、このブログの右上にあります「お問い合わせ」に詳細ご連絡頂ければ光栄です、すぐに返信させて頂きます。

今後も上海、中国を中心に、街の様々な情報、VMD視点での気づきをこのブログから共有、発信していきたいと思います、何卒宜しくお願いします。

私自身は頑張るしか術が無いので、前に前に突き進みます。

それでは
 2011/03/15 07:00  この記事のURL  / 



頑張ろう日本!
被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

私自身は「地震と上海」に何か運命的なものを感じています。
と言うのも、1995年上海駐在を終えて神戸に帰って僅か1週間で神戸淡路の地震に遭遇し当時の借家が半壊状態、命は何とか取り留めました、実は昨日16年振りに上海に着任をしたのですが、今度は直前に東京のマンションにて大地震に遭遇、神戸震災の経験から、これは神戸の時よりも大きい・・・・と直感的に感じるものがありました。自然が引き起こす事象にはなす術もありません。私自身は正直書かせて頂くと「天に生かされている・・・」と素直に思いましたし、私自身はこれからの残りの人生を精一杯ガンバルしかないと強く思いました。

神戸震災の時に「頑張ろう神戸!」というスローガンが神戸の街中に溢れていました。当時のプロ野球ORIXの選手、イチローも選手全員が袖にそのスローガンを付けて頑張っていた姿に我々神戸市民は凄く勇気づけられた事を思い出します。

どんな事が起ろうと日本は捨てたものではないし、毅然とした姿勢で、この局面を乗り越えることができると信じています。「頑張ろう日本!」この言葉を是非とも被災地、被災に遭われた方々にお伝えしたいです、素直にそう思います。
 2011/03/13 21:30  この記事のURL  / 



| 次へ
プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2011年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード