« 2017年02月11日 | Main | 2017年03月20日 »
外人が活躍する中国アパレル業界!
以前にも書いたかもしれませんが、2、3年前から中国アパレル企業に正社員として活躍する外人が明らかに増えています。
ここで言う外人とは、西洋人、東洋人を指し、西洋人ではイタリア、フランス、アメリカ、東洋人では日本、韓国、香港、台湾の人達。特に昨年あたりから韓国人が多くの中国アパレル企業で総監(ディレクター)や、高級経理(マネージャー)の役職で力を発揮しています。

職種を見ると、ブランドディレクター、デザイナー、MD、VMDなどを担う人が目立ち、それも韓国の衣恋(Eランド)出身の人達ばかりなのです。
衣恋は中国に於いて確固たるポジションを確立したのが2010年頃、7から8つのブランドで、何処の百貨店、モールでも彼らのブランドが良い場所をもらい、売上も好調でした。
それが2014年頃から売上、店舗数も減り続け、直近では或るキャラクターブランドを中国企業に売却するなど、キャッシュフロー的にも厳しい状態になっていると聞いています。

当然ながら、優秀で中国語もネイティブに近い衣恋の数多くの駐在員達にも、本社から帰任命令が下ります。素直に韓国本社に帰任する人もいれば、これまでの中国での実務経験を活かして中国に支社を持つ別の韓国アパレル企業に転職する人、コンサルタントとして自ら起業する人、そして中国のアパレル企業に正社員として転職する人もいます。

もちろん、衣恋出身の人達全てが皆優秀とは限りませんが、中国マーケットに明るく、言葉もできコミュニケーション能力も高く、まだ続いている韓流ブームも手伝い、韓国っぽいテイストを提案できる人材は、韓国っぽさを醸し出したい中国アパレルにとっては願ったり叶ったりなのだと考えます。

中国にリサーチに来られた方なら、或るブランドの服や店のアトモスフィアを見て「これは韓国系ブランドだな...」と思ってタグを見ると、実は中国アパレル企業だったという経験もあるのではないでしょうか?

これらの事が上述のいま中国アパレル企業に韓国人や衣恋出身者が多い要因なのです。私の中国のクライアントにも衣恋出身の多くの人達がいて、私は外部顧問の立場として毎週のようにクライアントの会議に参加しますが、彼らがイニシアチブをとり会議をファシリテートしています、見事なものです。

当然ながら、高額で雇用契約をして正社員となっているわけですが、経営陣からは常に高い成果、結果を求められ、毎日残業をしたり、週末も出勤したりしていて、見ていて気の毒に感じることも多々有ります。実際にそのプレッシャーに耐えかねて、中国企業を渡り歩く韓国人もいるのも事実です。
元モンクレール メンズチーフデザイナーがデザインする某ブランドのダウンウェア(2016年秋冬のもの)




一時期(2005〜10年)は今の韓国アパレル出身者の役割を担っていたのは、実は日本アパレル出身の日本人でした。ブランドディレクター、デザイナー、パターンナー、MD、VMD、販売員教育...など、多くの専門職の方々が活躍していました。
でも今はかなり減っています、その理由は日本テイストと中国マーケット、嗜好との乖離、長いタームでじっくりと、計画性を重視し物事を考える日本人と、いつでも即断即決即判断、進めながら考える中国人との差など、政治的な事も含めて、徐々にズレが生じてきているのはないか、と考えます。

その点、中国アパレル企業で働く衣恋出身の韓国人(あくまでも私が知り合った方々はですが)は、進めながら考える中国人の思考に迎合しながらも、途中、途中で自らの意見をこれでもか、くらいにバンバン言って、軌道修正させたりと、非常に巧みだと感じます。
私もたまに驚きつつも、相当勉強させてもらっています。

これまた、他のクライアントで正社員として活躍するイタリア人男性、この方は元プラダ、元Dsquared2、元モンクレール メンズチーフデザイナーと著名なブランドを渡り歩いてきています。毎月10日間ほど中国に来てデザインワークを行っています、残りの20日間はイタリアにいて、メール、電話などで仕事をこなしています。
この彼は私のように外部顧問としてクライアントと契約するのではなく、正社員としてアパレル企業で契約するも、雇用形態は西洋人らしく色々と条件を言っているようです。
それでも、ブランド活性化、差別化、売りの一つとして、外人を雇用する旨味があってのことだと思います。

と言うように、多くの中国アパレル企業では様々な外人を雇用して、ブランディング再構築、セカンドブランド化、業務の標準化、グローバルな思考導入、人材ネットワークの活用...など幅広く、色々と仕掛けています。

余談ですが、私もたまに中国アパレル企業社長から、「正社員にならないか?」とお誘いを受けますが(笑)その時は「サラリーマンを卒業し、自ら色々なクライアントさんの支援をさせて頂く為に起業したので、申し訳ありません...」とお答しています。
仮に高額の給与を頂けたとしても、今現在の楽しく、自由に仕事をやらせてもらっている環境は変えたくない、というのが真実ですが。

それでは!





 2017/02/25 00:00  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード