« 2016年11月30日 | Main | 2016年12月14日 »
ユニクロ擬き横行!
早いもので今年も残すところ早1ヶ月となりました、気を引き締めて臨みたいと思います。ただ、こちら中国では旧暦のため、12月が年末という感覚は無く、来年1月28日が春節のため、1月が年末で慌しくなります。

さて、中国ファッションリテイルで好調なブランドと言えば、やはりファストファッション系ブランドと言わざるを得ないと思います。代表的なブランドは、ZARA、ユニクロ(中国語では優衣庫と言います)の二大巨頭、それぞれの知名度は高く、多くのファン、顧客を持っています(正確に言うとユニクロはファストファッションでは無いですが)。

しかし、この2ブランドの出店地域は、いわゆる1、2線都市が中心となっており、3線都市以下の都市はまだまだ開発ができていないのが現状です。ZARAにいたっては昨年から今年にかけて新たな出店を抑え、EC販売の強化を図っています。一方のユニクロはECも強化しつつ、少しずつですが3線都市にもじわりじわりと出店し、店舗網を広げています。

中国ならではと言っては言い過ぎですが、様々な模倣品(偽物)が出回るのがこちらの国、これまでも流行しているブランドを真似た業態が、雨後の筍のようにすぐに出てきます。
ZARAで言うと、ASOBIO、UR...など、今回取り上げるのはユニクロ、これまでも多くのアパレル企業がユニクロ風の商品作りや、品揃えを模倣したリアル店舗は、私が知っているだけで4ブランドもありますが、今回のブランド「悟衣坊」(Orin-V)は全て(ブランド名、商品デザイン、商品構成、出店モデル、内装、販促物、販売スタイル...)を模倣していると言っても過言ではありません。その「悟衣坊」について書かせてもらいます。

これら模倣ブランドの共通点は、出店地域は基本的に3線都市以下であることです。つまり1、2線都市では本物のブランドが数多く出店していて勝ち目は無いこと、1、2線都市は家賃、人件費も高く経営的に困難なこと、本物の知名度の高さを利用して3線都市以下で、まるで本物のブランドが登場した!というように謳えること、ということだと思われます。

これはあくまでも想像ですが、3線都市以下の方は、仮に本物で無くても良く、1、2線都市で流行っている風な(似たような)ブランドであるならば買っても良い、間違いない、と判断しているかも知れません。もちろん、ZARAやユニクロを見たことも、聞いたことも無い、本物を知らない人達も買っていると思いますが。







最近この「悟衣坊」が中国アパレル業界を賑わせているのが、キャッシュフロー問題で経営が行き詰まり黄色信号が灯っている、という内容。
理由として、この「吾衣坊」は2014年に創設され、9ヶ月で20店舗という相当無理したスピードで出店攻勢をかけ、昨年2015年10月には30店舗一挙にオープンさせたりと、これもユニクロの出店モデルを模倣したものだと思われます。しかしリアル店舗に掛かる経費が高すぎ、費用がかさみ、第2回目の融資が受けられず、にっちもさっちもいかなくなった。商売の要である倉庫から全国に商品を送り届ける物流に対しても、支払いが遅れ物流会社から訴訟されています。

12月1日現在で、「吾衣坊」は中国全土に108店舗あり、上述の通り3、4線都市に展開しています。具体的には、河南地区35店、山東地区15店、江蘇、安徽地区に11店、東北地区8店、華南(江西、福建、湖南、湖北)地区23店、華東地区(浙江、上海)4店、西南地区(貴州、西安、重慶)12店、となっています。

このブランド創設者の2名共に既に会社を去り、元社長は別の企業に入り、新たにインテリア、ライフスタイル事業をスタート(私は実はこの社長とは面識があります)、もう1名はコンサルティング業をやっているそうです、何とも言えない状況ですね。因みにこの「悟衣坊」は「吾行居」という無印良品を模倣したブランドも展開しているようです。

いくら流行りのブランドを表面的に模倣しても、本物のブランドstrategyやideology、商売に対する想い、商品開発力と品質力、人材育成力..などの本質、根幹までは模倣できないのだと思います。

日本では週刊文春のユニクロに一年潜入ルポが話題になっているようですね。やれやれという感じです。

それでは!

 2016/12/01 21:40  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード