« 2016年08月06日 | Main | 2016年09月15日 »
中国アパレル企業あれこれ(取組み編)
こちら上海も8月も下旬に向かっていますが、まだまだ蒸し暑く秋物初動はまだまだな状況です。
さて、上海で起業して早丸5年を迎えました、当初は日系アパレル企業70%、中国アパレル企業30%からスタートした弊社ですが、ここ最近は90%が中国アパレル企業、残り10%が日系アパレル企業と大きく逆転しました。
元々中国で起業する目的は現状のような中国アパレル企業をクライアントに持ち、「VMDを起点に商品企画/MD、MK、店舗運営、VMD、内装インテリア、教育...など、アパレル本体、小売リテイルのサポートを行うこと」が事業戦略だったので、読み通りに進んでいると言えます。

これまでに、規模は大小様々なアパレル企業、百貨店などと取組みをさせて頂きました。企業数でいうと30数社(合同セミナーなどを除き、純粋に契約締結数)になるかと思います。
契約内容は実にさまざまで、短いもので店舗リサーチ&レポート提出や展示会全体監修のみ等の単発で終わるものや、本部商品系/MK/VMD部門の指導で、期間3ヶ月、半年、1年間など。もちろんこちらはビジネス上でのリスクも多いお国柄のため、契約不履行(未払い)案件も数件あり、怖さも経験しています。

ここ最近は本当に有難いことに、大手アパレル企業(中国アパレル企業の売上高TOP 10)からのお仕事の依頼も多い状態です。基本的には老板(社長)に対して直接取組内容をプレゼンするようにしています、その理由は社員研修部門、HR部門、VMD部門の責任者と話をして、取組みを了承されても、最終的には老板の判断なため、それまでの交渉が時間の無駄になる経験を何度もしていて、いろいろな手を使い、直接TOPに対してプレゼンをするようにしています。
写真は本文と関係ありません。中国レディースアパレルの中でNo.2の売上高を誇り、全部で9つのブランドを擁する企業の社内セミナーを行いました。セミナー会場のスタンドに顧問と書いていますが、そんな話をこれっぽっちもした覚えはありません...笑



では、何故大手アパレル企業からのお仕事の依頼が増えているか?ですが、この部分は今の日本のアパレル企業を取り巻く環境と少し似ているかもしれませんが、日本では大手と言われていたアパレル企業は、肥大化、戦略の欠如、ファストファッションブランドの台頭...など縮小均衡に陥り、人員削減、店舗閉店などに追い込まれています。知名度は抜群にある企業でも、その中身、実態は酷いものだと聞いています。その大手に準じる売上1,000億円規模のアパレル企業が次々に打ち手を変え、アパレルだけでなく、ライフスタイル業態も含めて、実需に応じた拘りのある商品を企画、開発して、ブランド網を築いていっています。

実は中国も同様で、レディス、メンズ、子供、とそれぞれ単独、もしくは総合アパレル企業が存在しますが、中国で大手と言われるアパレル企業も知名度は抜群なのですが、消費者が服を購入するチャネルがリアル店舗からEC店舗になったり、ファストファッションの台頭で価格破壊要素もあり、加盟店、代理店での出店拡大も限界(儲からない)にきており、数年前までは全国に1万店規模の店舗網があったものが、今や5,000店と半分にまで減ってきている企業もあります。
商品戦略も「昔の名前で出ています」ではないですが、旧態然とした商品企画のやり方、鮮度のなさ、もしくは他ブランド売れ筋のコピーなど...自ら開発することを忘れてしまって世の中の変化についていけていない(変わることにリスクを感じている)、という側面もあります。

それら大手アパレル企業の中には、自ら変革することを決め、様々な国の外部のアパレルを専門とするコンサル(例 / 欧米、日本、香港、台湾、韓国...)を探し、討議して、一緒に変革の道を歩みだしています。具体的には、これまでの加盟、代理店チャネル策から自らコントロール(商品、売り方、売場)できる直営店化を推進する企業が目立っています。
かくいう弊社も、上述のような課題を抱える大手企業からの依頼を多く頂いているという事になります。ただ、課題が大きいだけに企業からは当たり前ですが、成果KPI、効果、スピードも含めて要求されることが多く、契約ができたからと言って全く安心できず、そこから地獄のような追及や、報/連/相に対して、寸暇を割いても対応し、一緒に変革に取り組んでいくことになります。


それでは!

 2016/08/20 17:15  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2016年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード