« 2016年07月11日 | Main | 2016年08月02日 »
「MO & Co.」いま中国で一番成功しているブランド!
「MO&Co.」中国に来られた方なら都心、地方のMALLや百貨店で一度は見たことがあると思います。いまレディスアパレルで勢いが有り、成功の道を歩んでいると言われているブランドです。最初見たときは「MAX & Co」のコピーかと思いました(笑
Frejaで溢れかえるHP
北京でのブランドローンチ発表会の模様


以下、wechatのファッションサイト「LADYMAX」からの一部抜粋と、自らの記事になります。
2004年に創立され、今年で12年を迎える中国ブランド、一説にはフランスのブランドと言われますが、広州に本拠地を構えるEPO集団というアパレル企業です。
2010年から広告塔を務めるモデルはFreja、ご存知の通りFrejaはモデルの誰もが憧れるシャネルのミューズをシャネル史上最長の7期も務めたスーパーモデル。
ブランドとしてのイメージ戦略創出もしっかり持ち合わせた、中国アパレル企業では数少ないブランドだと思います。
その甲斐もあってか、中国本土ブランドとしては初めて、香港のレーンクロフォードに入った事も有名な話です。今やSelfridges、Opning Celemony、de Bijenkort、に入るまでに成長した90后に人気、且つステイタスのあるブランドとなっています。

http://www.mo-co.com

これまでEPO集団傘下のブランドは、25歳から35歳ターゲットで、デイリースタイルからパーティスタイルまで幅広く展開する「MO & Co.」と、30歳前後がターゲットで、少し尖ったクールな雰囲気の「Edition 10」の2つだったのですが、先日北京で行われた発表会で、来年2017年春夏から天然素材に拘った子供服「little MO & Co.」、そして化粧品の「REC」を展開すると宣言して、大きな話題になっています。


市況的には決して芳しくない状況が続いている中国アパレル業界ですが、このEPO集団の挑戦は、今年の1月から正式に一人っ子政策が廃止され、今後マーケット的に可能性がある子供服、そして服以外の化粧品領域まで手を伸ばし、顧客を囲い込みたい姿勢の表れだと思います。
「Edition 10」
初の子供服「Little MO & Co.」
今後単独店舗を出店していくREC



「MO&Co.」の各アイテムごとの価格帯は以下の通りで、中国ドメスティックレディスブランドのセグメントでいうと、「中の上」クラスだと思います。

*1元は日本円で約15,5元
【インナー】
シャツ 1,500〜2,500元
Tシャツ 700〜1,500元
タンクトップ 700〜1,500元
キャミソール 700〜1,500元

【スカート類】
フレアースカート 1,500〜3,000元
ストレートスカート 1,500〜3,000元
プリーツスカート 1,500〜3,000元
ワンピース 2,500〜4,500元

【パンツ類】
ストレートパンツ 1,200〜2,000元
スリムパンツ    1,200〜2,000元
ハーフパンツ 1,200〜2,000元


「MO&Co.」はいま中国で一番クールで、若い層に支持され、成功しているレディスブランドと言われています。中国、台湾、香港での店舗数は今年年末の計画で600店舗、ヨーロッパではパリやロンドンに6つの直営店、そして36の卸先があります。これ以外含めて、全世界で18カ国、地域に販売網があり、これにEC販売を加えると年間売上額は24億元(約372億円)の規模に達しています。

一方の「Edition 10」は、中国、台湾、香港での店舗数は90店舗、ヨーロッパで5店舗、25の卸先があり、EC販売を加えると年間売上額は3億元(46,5億円)

今年2016年のEPO集団の上半期売上増長率は、二つのブランド合わせて40%、前年比増長15%、利益率も大幅な伸びで12年連続の二桁成長をしています。ECチャネルでは昨年2015年の売上は2億元(31億円)、これも前年比200%を叩き出しています。

一般的に中国アパレル企業の発展段階は、ある程度成長から成熟に向かうと、海外のブランドのM&Aというのが通る道、鉄則なのですが、EPO集団はそのセオリーをやらずに、服+ファッション領域の化粧品に更なる発展の可能性を見出した事が、業界的には意外でもあり、非常に良い印象を与え、注目されています。
また、多くの中国のレディスブランドが商品、デザイン面での競合(コンペチター)に挙げるブランドで、一番多いのがこの「MO & Co.」というのも頷けます。ブランドの生き方も目指したいのだと思います。

化粧品については、1年前から研究開発を続け、原材料も世界中から選りすぐりのメーカーと協力をして、中国女性の肌に合う品質の良いものを開発しています。今年4月には既に化粧品単独店舗もOPENさせており、将来的にはMALL、百貨店、ECではT-mall、Eshopなどの販売チャネルを使い、中国NO.1の化粧品を目指しているようです。
CEOのJenny Kim



EPO集団の創始者&CEOのJenny Kim女史の大事にしている言葉は「初心」。これを常に肝に銘じて、「高デザイン、高品質の良い商品を企画し、顧客に喜んで買って頂くこと」を社員全員に機会ある度に話をしているようです。目標数値は2020年には、全世界80カ国まで販路を伸ばし、売上額で今の4倍強の119億元(1,845億円)、中国デザイン、中国生産のブランドを、中国No.1にするという強く、高い志がある方です。
誤解を恐れずに書くと、このような地に足をつけて事業をされている方は、中国では非常に珍しく、是非一度お会いして色々とお話を伺いたいと思った次第です。

それでは!

 2016/07/27 12:30  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード