« 2016年05月12日 | Main | 2016年05月17日 »
瞬時に伝わる日本の情報!
こちら中国のリテイルマーケット状況は日本同様にGW商戦の反動もあり、少し落ち着いている状況です。これから、MD23週 6月1日の子供の日、MD24週 6月9日から11日にかけての端午節が夏商戦のピークとなり、その後早い所では例年でいうと、MD26週,つまり6月20日週辺りから、プレSALEに突入するブランドが出てきます。残された6週間を週次で綿密な計画を立て、夏物投入と春物SALE、初夏もの消化をさせていく必要があります。

さて本題ですが、以前このブログでも書かせて頂きました、それは中国のアパレル企業、リテイル関係者がこぞって最新の日本マーケットを視察していると。これは冗談ではなく、本当に毎シーズン(3-4ヶ月に一度)日本で新しくできた商業施設(都心、郊外)やアミューズメント施設、新しい業態の店、話題の店(含むカフェ、レストラン)をリサーチに行かれています。
リサーチの目的は、日本のアパレルの方々が海外のリサーチをするのと同じで、企画サンプル購入、VMD売場表現の参考、販促POP/ポスターなどの参考、店舗アトモスフィア/内装インテリア/空間の捉え方、接客サービスの体感などが挙げられます。中国からも時差1時間で、距離的にも近く、ビザも取りやすくなったこと、そしていままさに日本ブームということも手伝い、本当に多くの方々が日本を訪れています、そのような方々も所謂「爆買い」の一翼を担っているとも思います。

では、どのようにして日本の最新情報を入手しているか?ですが、それはもちろんインターネット、SNSでの情報網に尽きます。例えば、いま話題の「PARK・ING ginza」がいついつOPENするという情報は、日本でプレスリリースされたと同時に、中国でもSNSで当然ながら中国語で発信されます。その情報が拡散され、アパレル企業やファッションフリークの人達は情報をインプットし、次回日本訪問、出張のスケジュールを組むのです。商業施設や話題の店がOPENして早くて翌日、遅くても1週間以内にSNSを通じて、写真付きで訪問者や、実際に商品を購入した客のコメントが掲載されます。
中国のアパレル企業を指導していると、日本リサーチから帰ってきたばかりの経営層や企画、デザイナー、VMD、インテリアに携わる人達から「内田さんは、東京のどこどこにできた新しい商業施設を見ましたか?」「あの施設に対してどんな感想を持っていますか?」「東急プラザ銀座の特徴は?」「何故the POOL aoyamaが無くなり、新たにPARK・INGをOPENさせたのか?」など、、、質問は多岐に渡ります。
H B&Yの情報

BEAMS TOKYOの情報

PARK・ING ginzaの情報

NEWOMANの情報

枚方蔦屋書店の情報

京都駅ビル施設の解説

セレクトSHOPの定義解説




私が定期的に日本に帰り、話題の商業施設や新しい店をチェックしているのには上述のような理由があるのです。日本人だから「日本の情報は当然全て知っているよね!」という事だと思います、私は中国でのお仕事が主で且つ上海在住のため、新しい施設、店がOPENするタイミングで、日本に帰国できるわけではないのですが、質問されて「いえ、まだ見ていません」とか「知りません」とか、その場で答えに詰まると、仕事にも大きな影響を及ぼしかねません。
これまでは、年に1回のアメリカ視察で多くの商業施設や、話題の店をリサーチして写真を撮って報告したり、サンプル購入などでクライアントにはアウトプットができていたのですが、今は完全に日本マーケットを熟知していないと、中国で仕事にならないということを実感しています。しっかりと話題の商業施設、店を見てインプットし、自分なりの感想を言うこと、そして見るべきポイントを伝えることも、私の使命だと思い、今後も継続していきたいと思います。

それでは!




 2016/05/16 15:00  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2016年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード