« 2015年08月30日 | Main | 2015年09月19日 »
中国アパレルの現実は!
出張続きでブログ更新が滞りました。最近のお仕事は継続して数社の中国アパレル企業様の
SPA業態に於ける「週次、月次の業務標準化」が主業務、日本のアパレル、特にSPAを主体とする企業では、既に週、月次ルーチン業務として習慣化されている内容。それを中国各企業の
規模感やそれぞれが持つ課題によって、カリキュラムに落とし込み指導しています。

その中で肝となるのが、業務サイクル「PDCA思考法」、前年比、前月比、前週比から、当週、翌週、翌月、翌年を戦略的にどのように戦うか?をチーム(商品系、営業系、MK系、VMD系)一丸となって、「計画(PLAN)」、「実行(DO)」、「検証(CHECK)」し、「修正(ACTION)」を行うというサイクル。

写真は今回の内容とは関係なく、中国でミセスに人気のブランド「ICICLE」



どの企業も「計画」「実行」までは普通に進行できるのですが、いざ「検証」となると、足踏みしてしまいます。その理由は明らかで、計画精度が低い、言い換えると明確な指標(KPI)が不足している事がほとんど。つまり、定量面、定性面の指標が曖昧なため、「検証」の段階で何を、どのように、チェックするのか?そのチェックの結果、何を、どのように修正、改善すべきか?の道筋ができていないわけです。

「計画」を曖昧にすると、上述の様な結果を招いてしまいます。しかし御存知の方も多いかと思いますが、「計画よりも、走りながら考えるほうが速い」と揶揄される中国人のビジネススタイル、おいそれとPDCA思考を理解して頂けない、と言う側面も実在し、毎回頭を悩ます部分です(笑
ただ、こういう階層のアパレル企業が存在するからこそ、我々のようなコンサルティングを生業とする会社にオファーを頂けるのも事実なのです。今週、来週と、中国アパレル企業への指導出張が続きます。

それでは!
 2015/09/18 00:00  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2015年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード