« 2014年09月13日 | Main | 2014年09月16日 »
中国ソーシャルメディア ランドスケープ!
中国のネットを探していて、CIC社(ソーシャルビジネス情報会社)サイトで「中国ソーシャルメディアランドスケープ2014年」という構造図資料を見つけました(以下、URL)

http://www.ciccorporate.com/index.php?option=com_content&view=article&id=1204%3Acic-2014-china-social-media-landscape-where-to-play-a-how-to-play&catid=99%3Aarchives-2014&Itemid=208&lang=en

この資料の分かり易い点の1つとして、内側の円には同分類に属する海外(Int'ls)の代表的なサービスが掲載されており、外側にはそれに対応する中国の代表的なサービスが書かれています。例えば・・・「Photo Social」ところには「Instagram」があり、中国にも「推図(Tuitu)」などの類似サービスが存在することが分かります。

このランドスケープ資料は毎年春頃に更新されており、昨年2013年版は分類が24種だったのが、2014年版は18分類に減っています。これはその年その年の流行などで分類が減ったり、統廃合されたり、分類名称が変更したりするようです。

2013年から2014年の変化を見ると、今年から新規追加された分類の「Short-video Social」には、「Vine」が海外の代表的なサービスとして紹介され、中国国内サービスとして2社紹介されています。この事から中国市場ではこの「Short-video Social」分野が注目なのかもしれません。

また、分類名称変更という点では、日本でいうところの「食べログ」と同様なサービスの「大衆点評」などに代表される「Rating & Review」が「Social Life」に変更されていたり、「Phot Sharing」が「Photo Social」に「Online Travel」が「Travel Social」と変更されている等、「ソーシャル色」が強くなっている事が読み取れます。

店舗の資料は英語版ですが、もちろん中国語版もあります



情報によると、2014年6月末時点の中国でのインターネット利用者総数は何と6.32億人、人口の約半分がインターネットを利用している事になり、うちモバイルを用いてインターネットを利用しているユーザー数は5.27億人(全体の83.4%)、因に残りの16.6%はPCとモバイル併用してインターネット利用をしているという意味です。このことからモバイルでインターネットを新たに開始するユーザーや、モバイルシフトが進んでいる結果となっています。


今週は久々に出張がなく、上海でのお仕事に集中できそうです、来週はまた杭州への出張となります。

それでは!
 2014/09/15 12:15  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード