« 2014年05月03日 | Main | 2014年05月07日 »
上海の主要商業施設!
私の中国商業施設情報の源である、「www.redsh.com」からのネタです。「上海の核心(中心)となる百貨店、MALL一覧」という、★の数でその商業施設の人気振りを表したものになります。全部で48の百貨店、MALLがリストアップされています。上海に在るほぼ全てとまではいかないまでも、知名度がある施設、歴史がある施設、出来たばかりの最新の施設など、様々です。
★(星)は五つ星が最高ランクなのですが、48施設中の4施設が五つ星、25施設が四つ星、そして残りの19施設が三つ星、となっています。

五つ星は、MALLが中心で、中山公園龍之夢購物中心、正大広場、来福士広場、そして久光百貨と施設ランクも高級ランクに位置するところが並んでいます。この4施設は上海のみならず、中国全土からリサーチに訪れる、知名度も、集客力も購買力も有る著名施設です。日本からの市場リサーチでも皆さん訪れた事があると思います。

四つ星は、MALLではIFC(国金中心市場)、K11、美羅城、万達広場、日月光中心、iapm、など比較的歴史浅いにも関わらず、知名度の高い人気の施設がランクインしています。超高級ランクに位置するラグジュアリーブランドを集積した恒隆広場や、カジュアルからラグジュアリーまで幅広く集めるガンフイ広場も13〜15年の歴史と知名度で人気があります。一方で百貨店では65年の歴史がある上海を代表する第一百貨、そして20年近い歴史の有る第一八佰伴、梅龍鎮伊勢丹、百盛淮海店、新世界城、が続きます。

三つ星は、百貨店、MALLそれぞれで多種多様な状況で、誤解を恐れずに書くと「以前は人気が有った施設」「市内の商業エリアから少し離れた施設」「規模も大きく話題性もあるが集客力に乏しい施設」など、三つ星ランクが決して悪い施設と言うわけではありませんが、歴史が浅い施設ではまだまだ数年の時間が必要と言う事だと思います。

特筆すべきは、4月末に上海博覧会(世博)跡地にOPENした、百聯集団傘下の「世博源」がいきなり四つ星にランクインしている事です。私はまだ見に行く事が出来ていませんが、世博跡地という知名度の高さ、地元客のみならず観光客も多く訪れるエリア、便利な地下鉄直結、施設面積も環球港に次ぐ広さ(完全OPENした状況で)と言う話題性など・・・将来の可能性を秘めた施設と位置づけていると思われます。

以下、一覧表の説明ですが、左から「都市」「施設名称」「簡単な施設プロフィール」「商圏」「客層/商品ランク」「施設/営業面積」「営業歴史」「★数」となっています。












それでは!
 2014/05/06 00:00  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2014年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード