« 2014年04月23日 | Main | 2014年05月03日 »
MARKS & SPENCER中国撤退!
少し古い情報で恐縮ですが、「馬莎」の中国語表記でお馴染みの英国MARKS & SPENCER(M&S)が中国大陸で展開している全15店舗を一旦閉鎖し、今後は加盟店方式で5店舗を再出店するとの事。ここへきてグローバルリテイラーの中国マーケットで苦戦が目立ちます。
昨年、同じく英国テスコの中国事業が華潤創業の実質傘下に収まるなど、少し前の米国ベストバイ撤退、アパレルでは90年代に一時代を築いたESPRITが昨年だけで40数店舗を閉店させ、あのMANGOも減速、と外資系リテイラーの劣勢が囁かれ、その実態が鮮明になってきています。



M&Sは、私がUNIQLOに居た時代はメンズ、特にインナー(下着)売場の表現方法、VMDが分かり易い、と言う事で何度も本国の店舗を調査した想い出があります。

最近の報道によると、今回の撤退の引き金になったのは、売場のほとんどを占めるアパレル(衣料品部門)が苦戦したようです。南京西路のM&S旗艦店を見ても、確かに少し古くさく洗練されていないデザインの服が並び、一時代前の百貨店という感がありました。特にH&M、GAP、UNIQLO、AEなど、グローバルリテイラーが並ぶこの南京西路では、立地が良い割りには入店客数も少なく、いつも「大丈夫?」と思った程でした。

ただ、上層階の食品売場については、ジャム、紅茶など他では手に入らない輸入物もあり、英国人はじめ多くのお客さんで賑わっていたのですが・・・、全館の特徴が食品にしかなかった事もM&Sがマーケットに浸透できなかった理由だと思います。

それと、最近のブログでも書きましたが、異常とも思えるここ数年に渡る不動産賃料の高騰、そして地方政府による法定最低賃金引き上げに端を発した人件費上昇など、売れているブランドでも厳しい状況、ましてや売れ行き悪いがブランドにとっては、いかんともしがたい状況に陥っています。

今から10年前(2000年初頭)頃の、グローバルリテイラーが未だ中国展開をしていない時代であれば、M&Sのような老舗の欧米百貨店、専門店!というだけで集客できたと思いますが、上述の通り選択肢が有り余るほど沢山ある現在では、看板、ネームバリュだけでなく、中国、中国人の嗜好に基づいた戦略で、品揃えはもちろん、集客策、事業展開を組み立てないと、成功の道は厳しい事を証明する様な、今回のM&S撤退のニュースでした。

それでは!
 2014/04/29 00:25  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2014年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード