« 2014年01月16日 | Main | 2014年01月23日 »
中国高級ブランド市場は足踏み模様!
昨年12月の「第一財経日報」からの抜粋。2013年の中国高級ブランド市場状況は、前年比で約2%の成長に留まり、2012年の同7%から大きくペースダンした。特にメンズブランドが振るわず、アパレル,腕時計などの販売は2ケタのマイナス成長だったようです。
淮海路に昨年OPENしたiapmに入る「VALETINO」、2層をぶち抜きマネキン35体のマネキンが並ぶウィンドウは圧巻です
これもiapmの「TODS」、午年にあやかり、午のオブジェとめでたい紅色で演出



高級ブランド品を扱う業者は、販売が落ち込んでいる理由にとして、以下を挙げています。

@経済の停滞
A新体制政府による倹約令の影響

多くのブランド代理店はこの状況を踏まえ、今年14年はレディスブランドに重点を置く方針を示したそうです。
確かに上海だけを見てみてもラグジュアリーブランドを取り扱う商業施設が、淮海路、南京路を中心に次々にOPENし既に飽和状態、合わせて海外旅行の一部自由化で海外にショッピングに出かける富裕層も増加、わざわざ高い中国内でブランド品を買う理由も無いという事だと思います。

また高級ブランドのみならず、2013年の中国アパレル業界を全体を見てみると、メーカー各社が消費低迷により増大した在庫処理を、自社のオンラインショップのみならず、オンラインモール(Tmall、京東商城、アマゾン)に出店し大型セールを実施した事や、マルチブランド戦略を見据えたアパレルブランドの買収案件(森馬服飾のGXG寧波中哲慕尚 買収 *今年1月に買収中止)も目立つ等、アパレル各社が奔走する1年だった様に思います。これを受けて2014年のアパレル業界は更なる消費低迷が予想される中、引き続き厳しい状況であると考えます。

それでは!
 2014/01/21 23:34  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2014年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード