« 2013年11月03日 | Main | 2013年11月11日 »
久々の香港は有意義でした! 其の1
昨年12月の香港出張。クリスマスディスプレイと当時海外1号店をOPENさせたばかりのniko andさんの店舗を拝見する、というのが目的でした。あれから約1年、今回はシンセンでの中国アパレル様50数名に対してVMD研修を行い、そこから足を延ばしクリスマスには少し早い香港をチェックして来ました。niko andさんは順調に3店舗まで拡大されていました。今回御会いしたniko andの皆さんも精力的に現場(店舗)入店されていて、本当に御忙しそうでした。

今回感じた事としては、以前にもまして韓国リテイルが進出加速していた事。Aランド(Eランドでは有りません・・・)というソウルはミョンドンにも店を構えるいま韓国の若者の間で一番人気のセレクトショップ(現在はアウトレット店含めて11店舗)が、ユニクログローバル旗艦店があるコーズウェイベイのリーシアター店にOPEN。ハーバーシティのLCX、APM MALLにも出店と香港には既に3店舗。若年層をターゲットに雑貨(オリジナルとバイイング)を展開してしています。
http://www.a-land.co.kr/shop/main/index.php
UNIQLOグローバル旗艦店が入るビルの2階にあるALAND
2箇所有る入口の一つ、こちらは雑貨からの導入
アパレルは男女共に基本的にハンギング、まるで古着の様に吊られています。カラートーン別での展開
メンズのモノトーンを中心にしたコーナー
KNIT、カットソー類は簡易的な棚什器で展開。無造作、ラフな作りに見えるけど。実はよく計算されていると感じました
ネックレス、ブレス、ピアス、イヤリング類はこの可愛らしいパッケージで壁面展開。
どうですか?可愛いですね。売場全体のレイアウトのみならず、このような細かいディティールに至るまで、拘りを感じるショップです



ここへきてniko andさんも含めライフスタイルテーマを前面に押し出したリテイル業態が熱くなっている事をこの1年間の変化として実感しました。
私が住む上海ではライフスタイル云々を語るショップは年々増えて来ているものの、「アパレル+生活雑貨」と言うグローバルで流行っている業態は残念ながらあまり無く、アパレルはアパレル、雑貨店は何処も同質化し特徴が無い雑貨店が目につく程度。90后世代や生活に余裕を持った層は、人とは違った感覚を持っており、そこをターゲットにした業態開発は今後の上海では受けいれられるのではないかと考えます。

それでは!

 2013/11/10 15:15  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード