« 2013年08月17日 | Main | 2013年08月30日 »
「仮囲い考!」
何ともマニアックなタイトルで恐縮ですが、新装OPENや改装OPEN時に施工中の店舗を囲う「仮囲い」、実はブランド価値創造に繋がる非常に重要な要素だと考えます。

日本でも百貨店、MALLなど様々な業態の店舗や館そのもののOPEN時に、仮囲いが施されます。中には「えっ?」と目を覆いたくなるような、一言で言うと格好が悪く、センスの無いものも多く見受けられます。

こちら上海でも同様で、ピンキリのレヴェルの仮囲いを目にします。最近新しくできているMALLでは、事前に内装管理室で仮囲いの審査が有る等、館としてのトーン&マナーをかなり強い強制力をもってブランドに遵守させている所も有れば、全く逆で何の規制も無くブランド独自の設計で「自由にどうぞ!」という所もあります。先日、中国某ブランドで「OPENING ZOON!」という綴りを見て目を疑いました。。。「ZじゃなくSだろ!」と思わず突っ込んでしまうほど、間違いにも気づかず無法地帯状態のレヴェルの相当低い館も存在します。

今日仕事の合間に立ち寄ったガンフイ広場では、秋のリニューアルという事で、各フロアーで多くのブランドが移転、新店OPEN施工の真っ最中、という事で多くの仮囲いを見る事ができました。このガンフイは香港系資本のMALL、設計、施工規制も多く、施工中の仮囲いにも神経を尖らせる程、館のイメージ、レヴェル維持に拘りをもつ事で有名な館。
その中から幾つかのブランドの仮囲いを御紹介します。

移転OPENで施工中の「MCM」、ブランド名は入れずに大胆にモノグラムのアタッシュケースを模した仮囲い、インパクト抜群。自ブランドの柄特徴を分かり易く表現した代表例
人気の中国ブランド「m.tsubomi」、店舗インテリアのシンボル、丸をモチーフに、Opening soonという綴りの丸の多さとを掛け合わせた、デザイン力に優れた仮囲い。服作りの拘りを仮囲いにまで繊細に表現しています。
「HELMUT LANG」の世界観を、仮囲いという施工中限定のキャンバスに表現するとこうなります。モノトーンのシックさが逆に目立つ存在になっています
「red earth」ESPRITの化粧品ブランド、取り扱い商品を手書き風の絵で表現、可愛らしさ、女性らしさ、何のお店か?見てすぐに分かる仮囲い
これもこちらで人気のジーンズブランド「MISS SIXTY」、こちらは白ベースにゴールドの文字でシンプルなデザイン、高級感が伝わる仮囲いです
スゥイーツ店の仮囲い、自店の一押しの商品を写真で分かり易く表現しています。女性達はこの店のOPENが待ち遠しく、ヨダレが出ているのではないでしょうか?
こちらも人気の「MARC BY MARC JACOBS」、仮囲いの王道であるキービジュアルを用いています。郷に入ってはではないですが、きちんと中国語で「店舗改造中 乞うご期待!」というメッセージも入っています。ただビジュアルの中に施工中の出入り口が有るのはいただけないですが・・・


以上が、ガンフイ広場の仮囲いのほんの一部の写真です。如何ですか?ブランド特徴や店舗面積で施工に掛ける時間もマチマチですが、その施工期間も決して無駄にしない、逆に言うと、その間を利用して仮囲いでブランドイメージ最大化を図っていることが分かるかと思います。
この写真は皆さんも一度は見かけた事が有るかと思います。これは仮囲いでは無く、営業時間内のディスプレー変更時にウィンドー内の汚い状態を隠したり、ディスプレー設置方法を見えない様にする目的で用いられるカバー、Zaraが有名ですが、こちら中国でもこれはマニュアル通りなのでしょう、キチンとやられています。これも隠す事で逆に消費者の興味を駆り立てる心理的作用もあるように思います


という事で、長々と「たかが仮囲い、されど仮囲い」の事を書かせて頂きました、皆さんのブランド店舗の改装、新店OPEN時の仮囲いがどれだけ重要であるか?が御分かり頂けたでしょうか?

それでは!






 2013/08/23 00:00  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード