« 2013年05月28日 | Main | 2013年06月01日 »
北京の新しいMALLを見て来ました!
某スポーツブランドのお仕事で今日から1泊で北京に来ています。こちらの昼間の気温は33℃と本当にもう真夏!という感じです。南に位置する上海よりも明らかに蒸し暑さを感じます。

北京マーケット調査の定番「新光天地」をじっくり見た後は、夜ご飯も兼ねて今年の春節時期にOPENした朝陽区東大橋路の「芳草地」(Parkview Green)をチェック。外観からは到底MALLには見えない三角形ガラス張りの建物。中に入るとビックリ!地下2層、地上2層の4層構造。大きな吹き抜けで4層分の空間の全てを一度に見る事ができて、外観とのギャップに驚かされます。
更に、アート性の高いオブジェがそこら中に置かれていて、MALLというよりも巨大な美術館の中に物販店が展開されている様にも見えます。上海でも、これまでの中国でもなかなか見ない作りとなっています。
大きな吹き抜け空間、地下に広がる美術館の様な雰囲気。上層部はOFFICEのようです
COS中国第1号店、既に2号店が天津に、3号店は年内に上海の月星環球港(地下鉄3/4号線 金沙江路駅 隣接)にOPENするようです。プライスはH&Mの1.5倍〜2倍程度
H&Mと違いシンプルな商品をゆったりとトーン&トーンのコーディネートで陳列しています
i.tもOPEN予定です



出店しているブランドで目新しいところを見ると,H&Mグループの「COS」(Collection of Style)の中国第一号店や「STELLA McCARTNEY」「Ted Bakey」。未だOPENしていませんでしたが、香港の「i.t」など。またMALLには欠かせない必須条件の飲食系では、中国初進出の「新宿さぼてん」1号店、ALFRED DUNHILLのレストランバー「Alfie's」、そしてこちらでは集客No1の台湾の小龍包「Din Tai Fung」など充実したテナント構成となっていました。さぼてんでヒレかつを頂きましたが、凄く美味しくほっぺたが落ちそうでした。。。
地下2階に位置します、中国語では勝博殿でさぼてん、と読ませます。入店待ちの行列が・・・皆中国人です
日本人はほんの僅か、今このさぼてんが中国人カップル達の流行の先端だそうです。ほとんどが2人連れです。これは意外でした・・・
メニューから、「やわらかヒレかつ煮膳」72元(約1224円)、決して安くは無いですね・・・
元祖ヒレ巻きかつ盛り合せ膳は94元(約1600円)、日本並みです



北京初、中国初を積極誘致して何とかOPENさせたこのMALL、実は地下鉄駅も遠く不便な立地のため、今後どのように御客様を集客するか?が肝になると思います。


話しは変わり、明後日31日に上海、中国で頑張られている、アパレル、メガネ、雑貨、インテリア、広告業界の方々、総勢30数名に集まって頂き、交流、親睦を図る食事会を主催させて頂きます。これまでの交流会も手前味噌ですが好評を博しているようです。今回もまた良い出会いが生まれる事を期待しています。

それでは!
 2013/05/30 01:20  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード