« 2013年04月30日 | Main | 2013年05月14日 »
神戸ハーバーランドumie!
こちらの労働節(4/28-5/1)に合わせて、お仕事&休暇で日本に帰っていました。
何と言っても「空気がうまい」。これは実感しましたね。上海、中国に住んでいると、咳き込む事が良く有りますが、日本では全くなく、逆に深く息を吸った深呼吸を何度もしてしまうほど。

「日本のGW前にOPENした関西の幾つかの商業施設を見に行く」と帰国前に決めたにも関わらず、神戸の家のTVのニュースなどで「梅田のグランフロント大阪、入場制限中」などと聞いて、思わず行くのを諦めました。。。新しい施設を勉学のため是非とも見に行きたかったのですが、普段、人の多さに酔う様な中国にいて、リフレッシュも兼ねて帰国しているのに、わざわざ中国の様な環境の中に身を置く事もないな〜、というのが本音。次回は少しはお客さんが減っていると思われるので、そこで見に行く事にします。

残るは神戸ハーバーランドumieと、姫路のピオレ姫路のいずれかの選択・・・結果は家の近くのumieをチェック。まぁご当地という事と、10年程前にハーバーランドが出来た時によく息子を連れて行っていたので、懐かしさと、前職で1,000坪級の店をOPENさせたので、それがどのようにリニューアルしたか?で決定。
外観はあまり変わっていません。よくよく見るとFR社のUNIQLOとGU、このようにロゴサインが横並びになることを想定して、guからGUにロゴを変えたという事ですね、ナルホド
ノースとサウスを繋ぐブリッジが出来て回遊性はUPしたと思います



素直な感想としては「こりゃ拙い」という第一印象。ノース館とサウス館に分かれているものの、ノース館はイヅミヤはそのままだし、上層階もZARAや神戸初出店のH&M、OLD NAVYが目立つくらい。サウス館(その昔は阪急百貨店)は今どきのブランドを集積しているも、館全体の居抜き感が有り、昔の少しバブリーな百貨店の中に各テナントが入っているという見え方をしています。到底ファションビルには見えず、OPEN景気中はそこそこの集客を見込めるかもしれませんが、その後は集客に翳りが見えてくるのではないか?と感じてしまいました。
OLD NAVYは凄い集客をしていました。ほとんどが子供服のお買い上げだと思われます



10年前も鳴物入りでOPENしたハーバーランド、当時日本全国で流行した「ウォーターフロント」(もう死語かも)ロケーションも、いつの間にか時代の流れで寂れていくいっぽうでした。そして今回はAEON MALLが運営し起死回生といきたいところでしょうが、どうなるでしょうか?
そもそもわざわざ神戸駅から7〜8分近くかかる施設に足を運ぶか?という疑問(今の流行は駅隣接ですからね)、1駅で若者が集まる路面店がある元町が有り、2駅でmintなど施設もある中心地の三宮。更に言えば梅田戦争というべき、商業施設乱立の梅田へも電車で30分足らず。umieはもっと特徴を出さないと弱いと思います。

ただ今後のこのエリアへの集客面だけを鑑みると「アンパンマン ミュージアム」は引き続き週末は多くの家族連れで賑わい、集客装置になる事は間違いありません。年間60万人の入館者を目指すようです。ここに来るお客さんの財布の紐を緩めるかが鍵でしょうね。
JR神戸駅からハーバーランドに行く地下街。子供達に大人気のアンパンマン、町おこしに一役、いや二役かっています


半年後のumieを見ると、今後の優劣、可能性が分かるかも知れません。

それでは!



 2013/05/09 01:50  この記事のURL  / 



鳥・鶏・・大丈夫?
日本でリフレッシュし上海に戻って来ています。
夜の食事にいつもの近所の焼き鳥屋へ、味と安さと近いという言う事で、ついつい足が向いてしまいます。ん・・・そうだ「鳥インフルエンザ」。いつもは中国人でいっぱいのこの店、流石に客は少ないだろうと、恐る恐る扉を開くと、人、人、人、中国人で満席状態。そして当たり前ですが、皆さん焼き鳥を美味しそうに食べていました。もちろん私も。
9割は中国人、その他欧米人、日本人客で一杯です



世の中的には鳥インフルの蔓延で、鶏肉を食べない!というのが大多数な中、この店はいつもと変わらない状態。店のスタッフに聞いても「鳥インフルが世間を賑わせている最中でも、さほど客足は減っていないです」とのこと。「鶏肉皆で食べれば怖く無い」というわけも無く・・・この店が「日本人経営の店だから衛生面も万全だろう」という安心、安全神話ができているのか?前にこのブログで書きましたが、この店のローカル客からの支持、その強さ、リピーター客数の多さを垣間見た瞬間でした。

決して鶏肉を食べましょう、という奨励をしているわけではありませんので、お間違いなく。。。

それでは!
 2013/05/09 00:34  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード