« 2013年03月09日 | Main | 2013年03月15日 »
CBDに見る中国のライフスタイル変化!
前回のブログにも書きましたが、中国のネット広告や飛行機の機内誌、そして上海の街を歩いたり、地方出張に行くと、「CBD」という広告、文字を良く見かけます。この言葉自体はかなり以前からありましたが、よく使われる様になったのは恐らくここ5〜6年前からの現象だと思います。「CBD」は上海、北京のような大都市だけでなく、当然ながら地方にも建設されいています。その影響が一般消費者の動向やライフスタイルに変化が出ていると思います。
記事とは直接関係ありませんが、地下鉄婁山関路駅近くに建設中の「ARCH WALK」、つまりはこのような複合型の施設が新市街地に続々とできていいっています。ちなみにこの「ARCH WALK」にはあのUNYが入ります



中国の検索サイトで「CBD」を検索すると、山の様な情報が出てきます。それだけ、中国や外資系の不動産業者やデベロッパーは「CBD」=「利便性」という事を多くの市民に訴求しているのだと思います。

「CBD」を分かり易く説明すると・・・「Central Business District(中心業務地区)」の略、都市の中心部に位置するビジネスセンターの事。例えば北京では「3環路内」「5環路内」とか「●●地下鉄駅直結」などとよく使う様に、消費者にとって分かりやすい不動産関連用語となっているように思います。

いわゆる「CBD」とは、各都市、街の顔となるメインストリートに百貨店や商業施設、大型スーパーマーケット、家電量販店、老舗/新興のレストラン等、さまざまな店が軒を連ね、著名ホテルや、銀行の本店などが入った高層ビルが建ち並ぶ。一般的な中国の多くの都市で「CBD」の風景というのは、このようなもの指します。

しかし最近は、都市の中心から離れているのに「CBD」を他称ではなく自称する物件が増えてきています。そのため以前に比べ「CBD」という言葉の重みは軽くなり、何処でも、何でも「CBD」というように、言葉だけが一人歩きをしているように思えてなりません。

政治的にも経済的にも変化が激しい中でも、まだまだ消費が衰えず逆に拡大成長している中国ですが、たまに「都心部の老舗百貨店が閉店」という事を聞きます。その理由としては今がまさに旬のECショッピングサイトの台頭や、新市街地に続々と誕生する大型SCに客を奪われたことも理由のひとつだと思います。

上述のように中国では自称「CBD」が都心部から離れた新市街地に百花繚乱の如く建設されています。それらの郊外型「CBD」を見ると、ビジネスビルには明らかに空きが多いのですが、SCのテナントは中国/外資系の外食チェーン、外資系アパレルリテイル(ZARA、H&M、ユニクロなど)、KTV、映画館等の娯楽、スーパーマーケット、百貨店、家電量販店などがそろっています。

その郊外型「CBD」の代表例が何と言っても「万達広場」、ホテル、ビジネスビルも併設し、郊外に次々と建設されています。2020年迄に数千店舗の出店を目指すユニクロが、この万達グループを戦略的パートナーに選ぶのも至極当然の事だと思います。

SCが新市街地にあるなら、買物だけの目的でわざわざ人や車でいっぱいの都市中心まで、地下鉄に乗って行く必要はありません。まさに日本で言うと、例えば郊外のイオンSC等で十分な用が足りるようになったことと同様に、こちら中国都市部でも、人の流れや庶民のライフスタイルに大きな変化が起きていると感じます。

これからの中国、ことアパレルリテイルの出店先候補として、●●モールとか、△△百貨店・・・という様な都心一辺倒ではなく、新市街地、郊外から都心に攻め上げる(逆に言うと、攻め上げなくても良いかも)という図式が当たり前の時代になると思います。

それでは!
 2013/03/12 10:30  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード