« 2013年02月04日 | Main | 2013年02月14日 »
RUGBYから最後のレターが届きました!
大好きなブランド「RUGBY」が本国USAでは少しずつ閉店していっています。日本でも昨年OPENしたばかりの名古屋店が既に1月27日に閉店。東京の表参道店は2月17日、つまり来週いっぱいで閉店する様です

本当に大好きでした。私の初めてのRUGBYとの出会いは2005年の3月。ワールドを辞め、ユニクロに転職をするため、再度カジュアルリテイルの現状を勉強する意味で訪れたNY一人旅。趣きのある99UNIVERSITY PLACE店を見た時の感動は今でも忘れません。感動のあまり私の服はもちろん、嫁、息子の分まで沢山買ってしまいました。
ラルフ・ローレンのテイストを生かしながら、若者向けに振ったキャンパスカジュアル。プレッピー色溢れるデザイン、色使い。当時の私は40数歳でしたが学生時代にメンクラを読んで育ち、アイビーにはまり、結果アパレルの道に進んだ私。。。RUGBYは凄く昔懐かしく、私の青春そのもの、商品、インテリア、VMD・・・それら全てが惹き付けられるものでした。

本日届いた、RUGBYからの最後のレター・・・「now closed」というメッセージが悲し過ぎます。「また帰ってきてくれ〜!」と言うRUGBYファンの方々の声が聞こえてきそうです



大好きなブランドだったからこそ、私なりにラルフ・ローレンがわずか10年でRUGBYブランド事業を閉鎖したのはなぜか?を考えてみました。

・カジュアルマーケットの見誤りとブランドポジショニングの曖昧さ

一般的にアメカジやキャンパスファッションは、デザインがベーシックで素材も定番、アイテムも普遍なものが多く、結果的に価格帯も安価なモノが主流であると思います。
一方のRUGBYはラルフ・ローレンから派生したブランドであるため、この価格設定について結果として高額設定にせざるを得なかった。ラルフ・ローレンのファンや、高額商品でも購入できる富裕層はRUGBYの価値観や遊び心を理解できると思いますが、多くの人々には高額のRUGBYでなくとも他の似た様なブランドで十分だったのではないでしょうか?

結果的にRUGBYロゴマークを付けたレベルの付加価値ではマーケット競争力にはつながらず、ファッション業界では話題にはなるも一定のマーケットシェアを確保できなかったのではないでしょうか。それがUSAのみならず日本でも世界的にも競争力が無く、ブランドとしてのポジショニングを確立できなかったという事が最大の失敗だったように思います。


それでは!




 2013/02/06 01:20  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード