« 2012年12月16日 | Main | 2012年12月20日 »
いよいよ高島屋 明日プレOPENか!
二転三転していた上海高島屋のプレOPEN日が明日19日(水)になった模様です。ですが20日(木)がプレOPENという説もあります。何故「説」かと言うと・・・元々明日19日(水)がプレOPENで。本日18日(火)がメディア、関係者向けに内覧会という事だったのですが、誤解を恐れずに書かせて頂くと・・・全館施工の遅れからの百貨店内部の調整不足か?内部徹底の甘さか?かなりのアパレルメーカーさん達も、高島屋側からの情報が錯綜しているようで・・・明日19日か20日か情報が人によって違ったりと???かなり曖昧なようです。
中には折角作成したプレOPEN日時が入った販促POPからOPEN日付を削除し再作成したりと、この曖昧さの影響をモロ受けているようです。
高島屋の館外観を描いたショッパー。可愛くて素敵ですが・・・これも大事ですが、集客策を期待したいところです。このエリアは「誰でも来るエリアでは無く」、「用事が無いとなかなか行かないエリア」なのですから・・・




しかし、今回の高島屋のOPEN情報ほど、事前に各種有る情報誌を通じて日本人コミュニティに情報が落ちていない(落としていない?)館OPENも珍しいと思います。来年のグランドOPENに照準を合わせているのかも知れませんが。。。
通常ですと日本人が多く住む古北エリアにOPENするにも関わらず。駐在夫人、奥様の皆さんも「いつOPENし」「各階にはどんなブランドが入り」「気になる食材やレストランはどうか?」特に毎日の生活上で欠かせない、日本食材情報等を欲しがっているという噂を聞ききました。これは大事ですよ〜「ご近所に住む御客様の生の声」なのですから。

百貨店の方針として、中国人がターゲットなのか?日本人を含む外国人なのか?何人なのか?プロモーションは?など等、尖閣諸島問題も有り、OPENが大きくずれこんだスケジュールを実行力で明日プレOPENに持ってくる迄の道のりは、相当苦労をされたと思いますが、足下の上述の様なお客さんをどうされようとされているのか?年内にとりあえずOPENさせる事が目的になってしまっていないか?

今からでも全く遅く無いので、まずは認知度の高い日本人コミュニティに対して、館のプレOPEN告知と、奥様方が一番知りたがっている「食材」「子供関連商材」などの品揃え情報を含め、早急「我々は何者?」をコミュニケーション&集客をされたほうが良いと思います。前のブログにも書きましたが、テナントとして入る、アパレル、小売りさんも高島屋だからと言う事で、決して一等立地では無いと知りながらも、館の広告戦略も有り、OPENの集客をしてくれる!と期待して出店されているのですから。。。

それにしても、百貨店、GMSの売場計画からOPENまでの業務スキームは、昔の方が活気があり、荒削りでしたがかなり魅力的でした。私が最初に実担当者として経験した、今は無き伊勢丹の1号店、華定伊勢丹を皮切りに、浦東ヤオハン1号店、長沙平和堂1号店、青島JUSCO1号店、天津伊勢丹、広州JUSCO、梅龍鎮伊勢丹、北京SOGO、久光百貨など、VMDとして関わった案件は、中国の百貨店を含めて数え上げれば切りがないですが、日本から来られたメンバーは、日本流サービスを徹底的に現場に落とし込む!を合い言葉にされ、スパルタ教育もされ日々苦労されていた事を思い出します。

時代は変わり、反日ムードもまだまだ冷めない中での新店OPENまでの道のりは、並大抵のものではないと御察しします、ですがもう少し日本人が前に出て陣頭指揮を執り、上述の集客云々についてももっとコテコテにやられても良いのでは?(やられていたらゴメンナサイ)と感じます。中国人だけが前に出て綺麗でスマートなやり方では、この中国で日本流サービス浸透は難しいと思います。


それでは!
 2012/12/19 01:45  この記事のURL  / 



期待のロペピクニック ローンチ!
待ちに待ったロペピクのお店が今週2店舗立て続けにOPENします!
それも、誰もが上海で出店したい商業施設ベスト3に入る、中山公園龍之夢購物中心3Fに明日12/19(水)、そして人民広場のラッフルズシティ3Fに12/21(金)OPEN。

チラッとラッフルズの施工中のお店を覗かせて頂きましたが、日本同様の拘りを持った別荘のようなアトモス。商品が入りどのように陳列されOPENするかが非常に楽しみです。

OPENに先駆けてラッフルズシティ1Fのイベント広場で、昨日12/17(月)〜23日(日)までPOP UP SHOPが設置されています。初ローンチでこのようなPOP UP SHOPでイベントを仕掛けるのは、今は常套手段となってきています。更にロペピクに関しては、今年の春に梅龍鎮伊勢丹1FでテストSHOPも開設し、過去最高に近い(最近某ブランドに抜かれました・・・)高い売上を作った事も記憶に新しい事です。という事でミニブログweibo(微博)のファン数はローンチ前から何と24,000人を超えているようで、これは仮説立案から実行まで検証のPDCAフローが行えていて凄く立派だと思います。日本ブランドの中で人気のsnidelは既に中国で店舗を拡大している中で57.000人越えと群を抜いているも、これに追いつきそうな勢いです。以下、ロペピクのweiboです。

http://e.weibo.com/ropepicnic


相当な費用を掛けていると思われるSHOP。メインの吹き抜けエリアでは無いものの、ロペピクのローンチに相応しいカワイイ雰囲気を醸し出しています。色んな服が有る!では無く、下記にあるような売り込みたい商品に集中させ、マネキンと販売員に着せているものが同じLOOK、非常に分かり易く、ロペピクの世界感が伝わってきます
SHOP奥にはトートバッグに好きな文字を貼る事ができるアトリエも完備しています
サイド面はメインVISUALと後方にはCMがずっと流されています。ねっ、スタッフのLOOKと多部さんのLOOK同じでしょう



それでは、POP UP SHOPの中味はと言うと・・・

POP UP SHOPのイメージは?
店舗イメージと同様に「女の子の別荘」というテーマ。

POP UPでのイベント内容は?
1.4種類のSETお買い上げで約30%OFF 。更に携帯ストラッププレゼント
 12/21のOPEN当日に800元以上お買い上げでトートバッグをプレゼント

2.weibo登録。
 12/17〜23の期間サンタクロースと記念撮影をし、weibo上で友人3名にメッセージを送 るともれなくクーポンをもらえ、更に抽選でiphone5が当る。

上記1.の店頭告知ポスター、若干チラシ風ですが・・・「限定数量」と言うのがお客さんの買う気をそそります
上記2.の店頭告知ポスター、欲を言えばこのポスターに書かれている事を販売員がもう少し声出しをして「サンタと一緒に撮影してweiboにupすると、クーポン差し上げます!!!」と訴求した方が、よりお客さんに伝わると思いながら見てました。と言うのも上記2.の事を知らずにサンタと撮影する事が目的でそのまま帰る人を多く見かけました



イベントをまとめると!!!
OPEN前には・・・SET買いでの割引ご提供とオリジナルグッズプレゼント
OPEN日には・・・お買い上げ金額設定で、これまたオリジナルグッズプレゼント
weiboでは ・・・7日間で記念撮影しweiboにupすることで、もれなくクーポンGET、更に
iphone5が当る可能性も。。。

という様に、「売上」「知名度」「ファン獲得」、良く考えられたコミュニケーションプランだと関心します。
本職はモデルという外人サンタ、右は販売員、真ん中は知人の阿久根さん、この人がいなかったら、ここまでの有力施設との出店交渉、今回のイベント企画は出来なかったでしょう・・・多分ですが・・笑



明日の19日の中山公園龍之夢購物中心は、沢山のお客さんがつめかける事でしょう!週末には2店舗とも再度訪問し、またブログUPさせて頂きます。

私は明日は高島屋のプレOPENを見届け、夕方に寧波出張に向かいます!

それでは!
         

 2012/12/19 00:00  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード