« 2012年11月10日 | Main | 2012年11月13日 »
11/15メゾン マルタン マルジェラ発売!
コチラ中国でもH&Mとメゾン マルタン マルジェラとのコラボが話題を呼んでいます。
日本では5店舗限定で発売されるようですが、こちら中国では上海、北京、広州など9都市計12店舗限定で販売されるようです。
http://www.hm.com/cn/en/maisonmartinmargiela#inspiration

10月の末頃からH&Mのショッパーもご覧の様に、今回のコラボを宣伝しているものに変わりました。
中国では未だ未だ口コミ文化があり、weiboなどを使いながら情報が広がっていきます。今のzaraショッパーも自社ECサイト開設を紹介したものに変わっています



中国のH&Mのサイトを見ていて驚いたのは店舗数が既に116店舗に達していた事。因に日本の店舗数は22店舗。上海のワイハイ路に中国大陸1号店が出来た時は良く見に行ったものですが、あれから恐らく5年近い間に、1、2、3級都市は当たり前で既に大慶(黒竜江省)、ウェイ坊(山東省)などの4級都市にまで手を伸ばしていることが分かります。

店舗数が多い都市は、上海16、北京12、武漢6、天津6、杭州5、シンセン5、成都4、重慶4、広州4、青島4・・・と華東地区だけでなく、華北地区、西南地区、華南地区、幅広い範囲で出店拡大していることも分かります。更にハルビン、沈陽などの東北地区にも少しずつ店舗網を拡げています。

ユニクロは恐らく10/末現在で180店舗くらいかと思います、店舗数では先を行っていますが出店地区開発でいくとH&Mが更に研究をして先をいっています、この辺りは1都市でドミナント戦略を進めるユニクロとH&Mとの出店戦略の違いなのでしょうね。


11/15のメゾン マルタン マルジェラの発売日、私も是非見に行きたいと思います。

それでは!
 2012/11/11 15:24  この記事のURL  / 



我が母校、交通大学の想い出!
徐家フイのガンフイ広場近く華山路沿いに、1993年5月より半年の留学を過ごした「交通大学(略して交大)」があります。江沢民氏の出身校としても有名な大学です。
綺麗に修復されている正門、93年当時この門をくぐった時は、これからの人生で何が起るのだろう・・・不安で一杯でした
交大前の華山路、左の信号機少し先が交大の正門。昔は片側1車線の凄く狭い道でした。今は高層ビルが建ち並び昔の面影は全くありません


ガンフイに行ったついでに、実に19年振りに立ち寄りました。久し振りに上海に住んで早1年半、いつでも行けると思って、交大に行く事を後回しにしてきたのですが、中国で事業を起こすキッカケになった地の交大、私の原点を確かめる意味で訪れました。

街の様相も大きく様変わりしています。93年当時は華山路も道幅は狭く、古い街並が残り、小さな個人商店が建ち並ぶ学生街でした。交大の目の前に写真館があり、そこで学生証なのか仕事上の書類用か忘れましたが、写真撮影をした記憶があります。また少し歩くとマントウなどを売る小さな店も有りましたが、今は見事に跡形も無く大きなビルが建っていました。イャ〜20年の時間経過を思い知らされました。
真ん中に見える三角屋根の建物が「教師活動中心」。外装は以前とは違っていましたが、中は変わっておらず懐かしさで想いにふけっていました
綺麗になった学生食堂。我々の頃はもっと汚く、木のテーブル、イスでした。列に並ばない学生に負けずに、雪菜肉絲面というラーメンを食べていました



学び舎は老朽化のためか改装中、我々が半年間を過ごした「教師活動中心」と呼ばれる宿舎は健在でした。少し改装を加えられていましたが、懐かしさで一杯でした。昔は当然ながらインターネットも携帯電話も普及しておらず、日本とのやり取りは交換手を通じての電話か、手紙。よく日本に住む家内や両親に交大内の郵便ポストに手紙を投函していた事を覚えています。

留学は、W社の「海外研修制度」という社内制度の第二回目で施行されました。私自身はW社の現地法人が有ったミラノを希望したのですが、この第二回目は何故か上海。我々4人の研修生は、後にも先にもここまで勉強した事が無いのでは?というくらい真面目で濃い半年間を過ごしました。

毎日毎日朝8時〜12時までみっちり4時間、発音、文法、会話の3つをひたすらやり続けました。午後はそれぞれが実務(生産の方は工場勤務、私は販売系でしたので店舗勤務、当時OPENしたばかりの華亭伊勢丹に日参していました)、つまり午前は勉強、午後はそれを活かす実践の場、と言う素晴らしい環境を与えて頂いていました。

半年が終わり4人が無事卒業(私が一番語学の出来が悪かったのは言う迄もありません・・・笑)、一旦日本に帰国しその後4人とも再び上海に駐在するという事になりました。いま思えば、この留学を起点にして留学した4人中、私も含め3人が独立、現在1名がまだW社に在籍と、それぞれの転職、起業のキッカケになった留学でした。
宿舎前の芝生広場、いわゆるキャンパスらしい雰囲気ですが、勉強、会社、勉強、会社の連続で、この芝生で寝そべったりという記憶は有りません
大学の更に奥にあるグランド、昔は土、いまは人工芝。周りにも高層マンションが立ち並びます。校内にコンビニも銀行のATMもあり時間の経過を垣間見ました・・・


懐かしさに浸りつつも、次に向かって高い志で臨もうと誓った交大のひと時でした。


それでは!

 2012/11/11 14:00  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード