« 2012年09月12日 | Main | 2012年09月14日 »
激化する月餅商戦!
今年の中秋節(名月の中秋祭)は9月30日(日)。この中秋節に食べるのが皆さんご存知の月餅。今年も様々なお店、百貨店、ホテルで激しい月餅商戦が繰り広げられています。。。

久光百貨の外、南京西路に面した場所にご存知香港の「美心月餅」社がブースを構えています、イメージモデルは今年もケリー・チャン


大和総研さんの情報によると・・・昨年2011年の中国大陸における中秋節、約1ヶ月余りの月餅商戦は約7,000社の月餅生産業者と十数億人にも上る消費者の参加で大いに賑わい、月餅の販売量30万トンと生産高167億元はともに史上最高を記録したそうで、今年は更に大小の月餅業者が入り乱れ、昨年を上回る生産高を記録するだろう!という予測。

久光の地下食品売場の計3箇所に美心月餅の売場が、何となくですが・・・年間で一番の稼ぎ時、お金に糸目をつけずに広告をやられています

直径80CMはある月餅、かなりのインパクトです


私も20年前の駐在時代から中国に関係していますが、昨今見られる街中の商戦ムードや月餅の贈答様式には、少し疑問を感じざるを得ません。中秋節のための月餅なのか?、それとも月餅のための中秋節なのか?この辺りが不鮮明のように感じます。
本来の月餅を美味しく賞味したり、名月をじっくり楽しむ事、つまり本来の中国での中秋節の過ごし方が薄れて来ている感があります。

ここも同じ久光の地下、空間があれば全て、美心月餅が売場を構えています


そもそも月餅とは何か?ですが・・・(以下、大和総研さん記事より抜粋)
「中国では、漢の時代に家族と友人が集まって中秋の名月をのんびりと楽しむ風習ができ、明の時代に名月を観賞しながら月餅をおやつにする習慣が定着した。その後、時代の変化に伴い、作り方こそ全国で広式(広東風)、京式(北京風)、蘇式(蘇州・上海風)を主とする流派に分かれたが、いつの時代も月餅はあくまで名月を楽しむ時の自家消費用のお菓子だった。
そして、お月様の美しさに陶酔しながら、一時的に日常を忘れて親族たちと一緒にお月様のように透き通った純粋なひと時を過ごすのが、中国人の伝統的な中秋節の過ごし方であった。漢詩「海上生名月,天涯共此時。(海上 名月を生じ、天涯 此の時を共にする−張久齢)は、正にそれを表現している。
しかし、千年以上にも及ぶこの伝統は、近年の社会経済の急激な変化に伴って大きく変容し、すっかり中国の市場経済の渦間に巻き込まれている感がある。もともと単なるお菓子に過ぎなかった月餅が、それぞれのニーズに応じた利益獲得のための魔法のツールへと化している」とのこと。

明治製菓さんも月餅ならず、チョコレートを豪華パッケージで提案!そうなんです、本来は月餅の贈答が基本ですが、別のモノでもよい風潮があります

あの和菓子の源吉兆庵さんも月餅を出されています、やはり消費者需要があるのだと思います

これは伊勢丹6Fの食品売場、ここでも美心月餅が巾を利かせていました・・・


現在の月餅の在り方は、上記のように不自然とも言える現象があるとは思いますが、中国の風物詩である事は間違いなく、それが商売、ビジネスに繋がる、というのも残念ですが世の中の自然な流れで仕方が無い事だと思います。

ちなみに、私は月餅を好んでは食べませんが、これまでの経験から言うと有名ホテルなどで売られている、豪華なパッケージの月餅は、高いだけで美味しいとは思えません。やはり、地元の老舗月餅屋さんのものが、パッケージはシンプル、値段も安く美味しいと思います。中国人のいわゆる「面子を重んじる」という慣習からか、豪華で高いものを贈る、ことも互いの面子を保つ図式になってしまっているのだと思います。

それでは!
 2012/09/13 00:10  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード