« 2012年09月11日 | Main | 2012年09月13日 »
ちりとり鍋の美味しい店!
まるで「食べログ」のようですが。。。上海で出されている情報誌の人に「いまどのお店が美味しくて人気が有りますか?」という質問に対し、すぐに名前が挙がったのが「そりゃ、ちりとり鍋でしょう」、という事で私が元々居たW社のOB1人(現在某日系メガネチェーンの中国代表)、W社現役1人の全3人で話題の「ちりとり鍋」のお店に行ってきました。

見るだけでヨダレが出ませんか・・・実際に味わってみてください、美味です


名前は「炊鍋屋」(たきなべや)、場所は虹橋の遵義路×紫伝路の虹橋上海城(元 百盛)の1F、入店したときには既にお客さんで一杯。期待できる感じ。

お客さんは日本人のサラリーマンが中心


まずは、ビールとアテに「オールスターキムチ」という、白菜、トマト、特製(山芋、カクテキ)のキムチ盛り合わせからスタート。トマト、山芋のキムチは美味でした。アテはこれだけ、焼酎を呑みつつ、待ちに待った「ちりとり鍋」の登場、ちりとり鍋は全4種類あり、タレも白、赤から選べます。この日は「ちりとり鍋 ホルモンの赤」をセレクト、とは言ってもホルモンだけではなく、カルビとホルモンがMIXになっています。これもまた美味でした。

最後はお約束で、うどんかラーメンか、ご飯のいづれかを選んでしめます。この日は「ご飯」をセレクトし「炒め飯」に。玉子を溶き、ネギ、海苔で味を整え食すと・・・何とも言えない味、いゃ〜最高でした。

食事メニューの表面、当たり前ですがお客さんの全てが注文する「ちりとり鍋」がメインです

メニューの裏面、サイドメニューですが、これまた充実しています

ドリンクメニュー、プライスも良心的でサラリーマンには優しいですね


このお店、日本人の女性お二人がOPENさせたそうです。近々更にもう1店舗をOPENさせる、との事。大手で無くとも飲食は味と、どの隙間を狙うか?が重要なポイント。決して場所的に便利とは言いきれないけど、まずは味でお客さんの舌と心を掴むかが非常に大事だと思います。

是非とも知人に伝えたいお店です。


店名:炊鍋屋

電話:5234-1132

住所:遵義路100号1階1-19単元

営業時間:11:30〜14:00、17:00〜L.O.22:00 (ランチもやられています)


それでは!
 2012/09/12 14:33  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード