« 2012年09月08日 | Main | 2012年09月10日 »
久光百貨リニューアル・・・続報!
9/5のブログの続報です。

本題に入る前に・・・昨日の小島健輔さんのブログに私のブログの事を少し取り上げて頂き恐縮です。。。仰る3点はまさしくその通りで正しいと心底思います。私はVMD、インテリアという領域で中国でお仕事をさせて頂いていますが、仰る通りで周りの日本ブランドを見ていると、ブランドポジショニングの曖昧さ、マーケティング調査不足からの企画精度の低さとブランド方針の欠如、日系ブランドの中だけでの競争で良いと誤って捉えられているふしもあります。競争相手は世界各国から中国マーケットに本気の本気で乗り込んでこられていると考えられた方が良い様に思います。
いまの現実は我々がVMDという部分で手直し、化粧を施していると感じます。この辺りは私が関わる中国アパレルは未だ未だ勉強中ではあるも、ブランド方針を明確にして、これまではシーズンという長い半年括りでのMD計画から、まずは月別のMD計画からスタートさせ、その仮説を愚直に回されています。確実に売上も推移していかれています。

それでは、本題です。
昨日、9/7にリニューアルOPENをしたブランドをチェックして来ました。全館で20ブランド近くが新たにローンチした久光、その中でも11ブランドが入れ替わった4Fフロア。注目の「LIMITLESS LUXURY」や「titty&co」などなど華々しくOPENされていました。


4Fフロアー図、ピンクが新しくローンチ、オレンジが場所移動などでのリニューアルブランド。実に4Fだけで計25ブランドを活性化させています。年末に向け新しく巨大商業施設、モールのOPENが迫る上海において、久光だけでなく他の百貨店、施設も大幅な刷新をされています



両ブランドの旧知の方々にもお会いする事ができ、色々とお話を伺いましたが、そこでのお話詳細(商品構成・・・日本からorドロッシップ比率、スタッフ採用基準やルート、等情報)は控えさせて頂きます・・・。

昨日の日中は異常な豪雨に見舞われ、リニューアルOPEN初日にまさに水を差した感がありましたが、夕方前からは日差しも出て回復。夕方からは客足も伸びていました。

金曜日という事で、館全体としても客数は少なかったのですが、この4Fだけは日本ブランド集積OPEN!と言う情報を聞きつけて、上海のみならず地方からも日本ブランド好きの女の子達が数多く詰めかけていました。

この1週間気候的にも秋めいてきたこと、これから国慶節前までの売上ピークに繋がっていくこと、TGCイベント開催など日本ファッションにフォローの風が吹いて来ていること、を感じるので、更に客数とお買い上げが伸びると思います。
ただ、昨日の初日だけを見ると記録的な売上を作られたブランドは有りませんでした。


limitless laxury、少しおとなしめのインテリア、お客さんはそこそこは入られていましたが・・・

一方のtitty&coはご覧の通りの賑わい

写真中央のチェックシャツの子が雑誌モデル。後方がmina collection

インテリアは少しチープさが・・・スナイデルの内装投資額との差が歴然でした、VMDも。。。


OPENとOPENに至るまでの販促手法はそれぞれが考えられた事をやられていました。今後中国でOPENを控えられているブランドには参考になると思います。

●titty&co
・中国語サイト開設
  http://tittyandco.cn
 ・微博でのOPEN告知(抽選で280元相当の携帯カバー、50元クーポンプレゼント)
 ・オリジナル中国語版カタログ配布(下のURLでカタログそのものを見る事ができます)
  http://lux.hexun.com/2012-08-16/144795720.html
 ・雑誌モデルとの撮影会
 ・お買い上げでの粗品プレゼント

●mina collection
 ・微博でのOPEN告知(来店漏れなく粗品プレゼント)
 ・来店お買い上げ後、抽選で粗品プレゼント
 ・俳人モデル2名が店頭でお出迎え、プレゼント渡し
 
●limitless luxury
 ・中国語サイト開設
  http://limitless-luxury.cn/
 ・微博でのOPEN告知(2枚お買い上げでオリジナルバッグプレゼント)
 ・オリジナル中国語版リーフレット配布

等などと言う感じです。

@バーチャル店舗
日本のブランドサイトと連動した中国サイトを開設し、ECサイトでの購入喚起を提案

Aファンの創造
ミニブログ新浪微博で人気ブロガーに日々、OPEN告知、商品、OPEN販促などを囁いてもらい来店喚起

B固定顧客化
来店して頂くとオリジナル特典プレゼント

という初期投資を抑えたECテストマーケティングから入り、リアル店舗OPENに繋げるという、現在日本のブランド、小売りさんが取られている常套手段です。

是非参考にされて下さい。でも全く同じ事をやられても拙く、ブランドらしさ、オリジナリティを出されないと、勝ちめは無いと思われた方が良いと思います!


それでは!








 2012/09/09 00:15  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード