« 2012年09月02日 | Main | 2012年09月05日 »
攻撃的G-SHOCKの広告戦略! 
前にブログに書きましたが、CASIOの G-SHOCK拡販のための広告やイベントが盛んに行われています。地下鉄各駅では「あっ!」と驚くウィンドウが設置され人目を引いています。
先週、徐家フイのガンフイ広場に行った際、吹き抜け広場にて参加型のイベントが行われていました。

大きなモニターディスプレイが光り輝き、何をしているんだろう!と人が集まってきています



GW-A1000-1Aというモデルを大PUSHするイベント。このモデルを簡単に説明すると。。。

・大口径のブラックの文字板に配されたスカイブルーは、精悍なダイアルデザインを演出するだけでなく、積層の文字板や立体インデックスと相まって視認性の向上にも役立っています。
・パイロットが駆け巡る大空のブルーをまとったスカイコックピットシリーズのNewカラーモデルです。
 
定価:56700円(日本円)
●耐衝撃構造(ショックレジスト)
●ネオブライト
●無機ガラス
●トリプルGレジスト(耐衝撃・耐遠心重力・耐振動性能)
●20気圧防水
●タフソーラー(ソーラー充電)

という事で、イベント内容は、衝撃力、遠心力、耐震に満ちたカーレースで、タイムを競うもの。携帯で登録し予選に参加、1週間の予選を経て上位6名が決勝に臨み、最後に優勝者はG-SHOCKを頂ける、というもの。夏休み最後という事で、子供達も多く詰めかけていました。

子供達も思わずカブリツキ状態です・・・

夏休み終わりまじか、子供達で溢れます。子供達・・・G-SHOCKって何か分かっているかな〜



更に、そのレースの合間を縫って、上海の有名歌手がイベント会場でミニコンサートを行い、華を添えるという内容。CASIO G-SHOCKの知名度UPに繋げる施策。

上海では超有名な歌手だそうです、ブランドの顔!


更に更に、「遠心力に強い!衝撃力に耐える!」という売りのポイントをデモンストレーションできるという装置もあり、賑わいを見せていました。



展示コーナーはひっそり・・・

ブース前面の展示コーナーもこんな感じ・・・



もちろん、ブース内には商品を展示し販売するコーナーも有るのですが、残念ながら人はまばらでした。なかなか高額商品、イベントでおいそれと簡単に売れるアイテムでは無く、イベントそのものが「CASIOという会社のGーSHOCK」、・・・逆かな・・・「G-SHOCKを作っているのはCASIO」というのをアピールすることに重きを置いたイベントなのでは?と感じました。もちろん名を売る!という事もイベントで大事な要素ですからね。
いづれにしても、例の政治的な事情で日中間がゴタゴタするなか、日本企業がこのようなイベントを仕掛けた事に安心するやら、思わず応援したくなりました(でも、今回のイベントを担当された方々は、デモや諸々の騒動でギリギリ迄開催するかどうか?迷われたかと思います・・・察します)、よりよい関係回復を祈るばかりです。。。


それでは!



 2012/09/03 22:23  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード