« 2012年06月22日 | Main | 2012年06月24日 »
何度も読み返している本!
「ロジカル・シンキング・・・論理的な思考と構成のスキル」

かなり前に購入した本ですが、上海にも持って来ていて迷ったら読んでます(既に読まれた方も多いかと思いますが)



人に分かりやすく自分が言いたい事を明確に伝える、もしくは相手が何を言われたいのか、本質をうまく引き出す、つまりは「コミュニケーション能力」を上げていく事が、日本のみならず、何処の国でも必要になります。特に中国でお仕事をさせて頂く時には、言い訳を先に語られる有り様なので、この思考方法は不可欠になります(笑)

下記は、アマゾンでこの本のアピールポイントを纏めたくだりです。
数年前から、日本人の「コミュニケーション能力」の低下が指摘されています、ここにきてビジネス社会のなかでも、個人のコミュニケーション能力不足がささやかれるようになってきた。私たちの社会が個々人のコミュニケーションによって成り立っている以上、仕事でも家庭でもコミュニケーションがうまくいかなければ、物事は何も進展しないし、問題も解決しない。

では、コミュニケーション能力が低下しているとはどういうことでしょうか?
1つには、相手が何を言いたいのか、思っているのかを引き出す能力が低下していること。
もう1つは、自分の伝えたいことを相手にうまく伝えられない、ということ。そこに欠けているのが、論理的な思考と論理的表現能力だと言うこと。

この本は、コンサルティング会社マッキンゼーのエディターとして活動している著者が、「ロジカル・コミュニケーション」の新しい手法について述べたもの。

そのポイントは、話の重複や漏れ、ずれをなくす技術である「MECE(ミッシー)」と、話の飛びをなくす技術、「So What? / Why So?」を身につけることと書いてあります。

MECEは「ある事柄を重なりなく、しかも漏れのない部分の集合体としてとらえること」を意味していて、ちょうど、全体集合を漏れも重なりもない部分集合に分けて考える、集合の概念。

「So What? / Why So?」は、よく話をするときに「したがって」や「よって」「このように」などを使われるが、それらの言葉の前後で話に飛びがなく、伝え手の結論と根拠、結論と方法のつながりを、相手にすんなり理解してもらうための技術。
「So What?」は「手持ちのネタ全体、もしくはグルーピングされたもののなかから、課題に照らしたときに言えることのエキスを抽出する作業」であり、「Why So?」は、「So What?」したときの要素の妥当性が、手持ちネタの全体、もしくはグルーピングされた要素によって証明されることを検証する作業」とあります。

これらの技術を何事においても習慣づけることによって、論理的思考力や論理的表現力がかなり向上するはず。実践に即した問題も随所に載っているので、楽しみならロジカル・コミュニケーションを身につけられる。と締めくくっています。

この本の狙いは、体系立った、しかもシンプルで実践的なロジカル・コミュニケーションの技術を習得することにあると思います、「技術」と呼ぶのは、これまでの経験から訓練を積めば誰でも身に付けられると確信するからだそうです。

相手に話しが伝わらないから相手を責めるの間違いで、自分がキチンと伝えきれていないのでは、と考えるほうがコミュニケーションエラーを発生させずうまく話しが纏まると思います。


それでは!
 2012/06/23 20:00  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード