« 2012年06月07日 | Main | 2012年06月09日 »
中国の人材採用!
コンビニ激戦地の上海。店舗網の拡大の難しさと並び、人材採用も厳しいようです。

以下の写真は、日系コンビニに貼られている人材募集ポスター、店長候補となります。上がローソン、下がファミリーマートの人材募集のポスター。いづれも店長候補、SVなどを募集する内容。ローゾンのほうが写真から笑顔、明るさ、楽しさがあり、軍配が上がります。

実際のお店には、このような子たちはいませんが・・・

日系と行っても台湾資本のせいか、少し中国チック?


よく「日系企業で働く中国人は安定を選び、欧米系企業で働く中国人は成長を選ぶ」と言われます。

ですが、あのユニクロで働く中国人は全く逆で、自己成長=企業の成長と捉えているように感じます。ユニクロの採用ポスターは下記の通り、プロモーションポスターと見間違える様な内容、日本のHPでの新卒採用案内以上の情報の濃さ、将来のポジションは約束はされませんが、活躍次第では数年後の自分のポジションが見えます。中国人には、このユニクロの唱える「実力主義!」「店長=経営者」というスタイルをどう見ているのでしょうか。

南京西路旗艦店を背景にしたポスター


正直、日系の企業でここまでの人材育成戦略を明確にしているところはありません。ユニクロはアパレルでは無く小売り、原理原則の塊の企業、頑張れば将来夢が叶う!この考え方を中国のみならず、グローバル各国で愚直に推進している事は本当に素晴らしいと思います。

一般の日系企業は日本人駐在員は3〜4年で駐在期間を終え、人事の仕組みも中途半端、人が変われば仕組みも変わるというように、人が基準になってしまっています、これではせっかく向上心を持ってその企業に入社した中国人も、きちんとした評価もされず可哀そうです。そう感じた優秀な中国人は、他の企業に転職をし活躍するケースが多いように思います。

またユニクロの店舗スタッフのサービス、ホスピタリティでは中国企業、外資含めても群を抜いていると思います。よく店を覗きますが、質問や疑問には驚く程、分かり易く応えてくれ安心に繋がります、他の日系小売りではこうはなりません、客を客と見ず、スタッフの態度が悪く、気分を害する事も度々です。同じ年齢のスタッフを比べても、違いは歴然としています。同じ中国人とは思えません。

募集、採用を経て、ユニクロ大学という人材育成チームが、厳しい研修を行い生き残ったエリート達が、将来の在りたい姿、夢を描き、日夜店舗で仕事をしています。

このまま引き続き日系企業の代表として出店拡大とともに、良い人材の育成を行って頂き、気持ちの良い売場、ホスピタリティ溢れる店舗が維持される事を期待しています。日系コンビニさんも、もちろん同様です。

それでは!
 2012/06/08 19:30  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード