« 2012年03月31日 | Main | 2012年04月04日 »
2012北京CHICを見て来ました!
レポートが遅くなりましたが、今年で記念の20回目を迎えたCHIC(中国国際服装服飾博覧会)を見て来ました。いや〜デカイ、会場の広さ何と8万平米ですって、出展ブランド、企業数は600を越え、ちゃんと見ようと思ったら半日を要します。
3/29の昼前に会場着、この日北京の気温22℃、この時期の上海と北京の気温は逆転し、北に有る北京の方が暑い日が続きます、ご存知でしたか?


さてアパレル各社のCHIC出展の目的は「代理店を探す事」に尽きます。ですので、各社共に気合いの入り方が違います、2〜3割りのブランドがリアル店舗に近いアトモスフィーで臨んでいます。相当内装施工費に投資していると思います。或る意味広告宣伝ですからね。さて今回はメンズ、KIDSを中心に見て来ました。

「YOUNGOR」(ヤンガー)、ご存知中国メンズブランド業界の雄、ここまで誇示しなくても良いのではと思うほど、しっかりとお店を作り込んでいます、たいしたもんです。左側の壁全部がYOUNGORです。。。

また中国でダウンウェアと言えば、誰もが知っている「波司登」(ボストン)、ここも異常に広いブースで波司登の歴史や、素材の良さ、ご覧の様に少々インスタレーション風ではありますがダウンの表現、そして背景の寒さの演出など、悪くは無いと思いました。確かにこのブランド最近の新店のインテリアは、これまでの単品大行列、中国ドローカル風から、都会的セレクト風に180℃イメージを変えて来ています。恐らく新たにディレクターが入ったのだと思います。


今回の展示会で見た新しい手法としては「映像 VISUALの多用」です。よくNYタイムズスクェアのビル外壁やビルボードにある、アレです。イメージは良いのですが、本来は遠くから見るから何を映しているのかが判り、イメージも良く雰囲気も有るのですが、幾ら大規模な展示会と言ってもブース前の通路幅は、せいぜい最大6Mほど、そこで大音響とともに映像を見せられても、正直何も伝わってこず、自己満足で実に表面的な手法だと思ってしまいます。



それと、他に目立ったのが乗り物系をイメージしたブース、飛行機だったり、船、車など、純粋に商品を着ていくシーン演出ではなく、奇をてらう事を考えていったら、乗り物になったのでしょう。そう言えば過去真っ赤なロンドンバスも有りました。。。


目新しい所では、Meters / bonweの新男女ブランド「TAGLINE」、林志玲をブランドイメージキャラクターにして、これまでカジュアル一辺倒だったブランドの新たなチャレンジだと御見受けしました。
http://www.metersbonwe.com/#/app=tagline/open=1
なかなか洒落たHPです。


他にも様々な趣向を凝らしたブランドが数多く有りました。
UKのどこかで見た様なアトモスフィー
商品とは全く関係ない、古いTVをファサードに、最近古いTVをインテリアに用いるカフェ、服屋を良く見かけます。



子供服エリア、スポーツブランドもKIDSを展開、スポーツユースだけではなく所謂服も提案されています。


今回のCHICで一番驚いたのは有名な子供/ベビー服、玩具、雑貨の「博士蛙」、4日間の為に什器、商品を投入しリアル店舗を作っています。トミカのミニカー、ベビー服、粉ミルク、パンパース等に至まで、POP含めて実際のお店に有る物全てがあります。ここまで拘った目的は何だったんでしょうか?言うまでもなく片付けは一番大変だったでしょう。


今回は昨年と違いJAPANブランドは目立ちませんでした、海外エリアにひっそりと、ポツンとありました、今年は上海で「百貨店/モール出店の足掛かりが目的」のNOVO展示会が開かれたりと、出展先が分散し日系が少なかったのでしょうか?

でも、集客面、知名度、代理店チャネル開発では、NOVOと比較するとまだまだ圧倒的にCHICに軍配ですね。。これは仕方が無い事ですね、中国服装協会がバックですし、でも今後のNOVO展示会に乞うご期待です。。。

最後に、今回のCHICは3/26-29の4日間で行われ、私は仕事の都合で最終日にしか行けなかったのですが、展示会は最終日に行くのはNGですよ、まざまざと体感してしまいました。本来は昼の3時までは開催している予定なのですが、昼前に会場に着くや各ブースにロープが張られ、既に片付け始めているブランドも有れば、ブース内で弁当を食べていたり、酷いブランドは施工撤去作業を始めている有り様。。。皆さんも中国の展示会に行かれる際は、絶対に最終日だけは避けてください(笑)


今週末は日本に帰国し大阪で某アパレルさんの幹部研修のお仕事、そのまま某レディスブランドの新店準備のため北京に移動、そして今度は東京でのNAXISさんのセミナーと、1週間程上海を離れます。バタバタですが、気合い入れて頑張ります。


それでは!
 2012/04/02 20:00  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード