« 2012年01月27日 | Main | 2012年02月22日 »
成長エンジン失速・・・!
気になる記事、先月の産經新聞から引用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「成長エンジン失速」世界経済に新たな危機 欧州危機で中国減速本格化!

世界経済を引っ張ってきた中国の高度経済成長の持続に「黄信号」がともった。温家宝首相は1月初めの地方視察で、経済の「下振れ圧力」を率直に認めている。欧州債務危機で世界経済の先行き不安が広がるなか、「成長エンジン」が失速すれば、回復シナリオは描けない。“中国頼み”の世界経済は、牽引役を失うという「新たな危機」に直面している。

「欧州債務危機は膨らみ続け、拡散している」。先月17日に記者会見した中国国家統計局の馬建堂局長は、成長鈍化の理由として真っ先に欧州危機を挙げた。

欧州は中国にとって最大の貿易相手先だ。欧州向け輸出の伸びは昨年9月以降、10%以下に急減速し、今年は前年割れを予想する声も出ている。金融引き締め策で、中国企業のマネーの動きが鈍っているところを欧州危機が直撃した。

さらに2008年のリーマン・ショック後に打ち出された自動車や家電の消費促進策が昨年、相次いで終了し、内需拡大のカンフル剤も切れた。高速鉄道追突事故の影響で路線建設など国内投資にもブレーキがかかった。

欧州危機の影響が本格化する今年は成長がさらに鈍化。市場では「1〜3月期の成長率は7%台に落ち込む」との見方が大勢だ。政府系シンクタンクの中国社会科学院も、今年の成長率を8.9%と予測し、今後5年間では平均7〜8%の“巡航速度”になるとみている。

国際社会は、欧州危機の解決策として、「世界第2位の経済大国」にのし上がった中国に対し、成長持続に加え、欧州の国債購入など資金供給でも“救世主”の役割を期待している。

だが、中国には積極的にその役割を果たす意思は薄い。国内では消費者物価上昇率が高止まりし、格差拡大への不満も高まっている。昨年、中東・北アフリカで巻き起こった民主化運動も物価上昇が引き金だっただけに、中国としてはインフレへの目配せを怠ることはできない。

「日本を超えた巨大経済が今後も2桁の成長を続けるのは現実的にも不可能」(エコノミスト)との指摘も出ている。

一党支配体制の中国には、トップダウンで実効性の高い経済政策を発動できるという強みがある。

「今年秋の共産党大会までに景気を回復させないと、指導部交代をめぐる権力闘争が起きかねない」(関係筋)との“政治的判断”もあり、市場では昨年暮れに続く追加の金融緩和策に加え、新たな消費刺激策の発動を予測する声が多い。

世界経済は、困難な政策運営を迫られる中国に命運を握られており、その動向から目を離せない事態が続くことになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
という様な内容。
高度経済成長を不安視する声は以前より多く聞かれていますが、直近の春節のマーケットでの賑わいの有る消費購買状況を垣間見たり、VMD契約して頂いている日系、中国アパレルさんの1月の売上予算/前年比を見るといづれも予算を大きくUPしている事(競合ブランドも同様)、また春節期間中の上海地区の2つの空港から海外への出入国者数、何と45万人と過去最高を記録するという記事など、不安、どこ吹く風という感じです。

中山公園龍之夢商城のcollect POINT、SALE期間という事もあり多くの御客様で賑わっています


同時に私の耳にも多く入って来る、日本のあらゆる業種の方からの中国国内販売の可能性についてのご相談。日増しに増えて来ていると感じます。知り得る範囲だけでこんな状況なので、アジア、欧米諸国から中国への様々な投資は馬鹿にならない額だと想像できます。

このような状況を見る限り、新しい投資で雇用拡大も期待され、成長エンジン失速!という予測が嘘の様に思えます。しかし例えば不動産価格の下落等々の見える部分、逆に我々が見えない部分で少しずつ偽りの経済が蝕まれているのでしょうね、きっと。


それでは!
 2012/02/04 01:10  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード