« 2012年01月18日 | Main | 2012年01月20日 »
ドラゴンイヤー!
当たり前ですが、2012年は日本も中国も辰年!

上海に辰年に相応しい名前のモールがあります「龍之夢購物中心」聞かれた事がある方も多いかも知れません、中山公園地区、虹口地区にもあります。

虹口の店は昨年12月2日にオープンしています(売場面積17万平米、駐車場1.100台)噂のモールを見て来ました、まだテナントが完全には埋まっていない歯抜けの状況でした。地下鉄 虹口サッカー場駅、3号線、8号線の2ラインが交わり、毎日20万人の乗降客がある交通の便が良い立地、ただ市の中心からは少し遠い郊外のイメージはあります。
こんな館外観、この角度からは規模の大きさに気がつきませんが、奥に長く2棟で構成されています

ファッションブランドはこんな感じです

飲食はこんな感じです


第一印象は周りに住居エリアを控えているせいか、飲食が凄く充実しているという事、最近OPENしている新しいモールには、地下もしくは最上階に飲食(地下はフードコート、最上階は各地の中華レストラン)というのがお約束なのですが、それを踏襲したフロアー構成。ただ凄く残念というか意味不明なのが、地下、最上階だけでなく、何と各フロアーにレストランが店を構えていて、どのフロアーに行っても、食べ物の匂い、香りが漂っていました。よほど飲食の強みを活かしてで集客したかったのでしょう。ですが、服を買うモードで何処からとなく香りを嗅いでしまうと購入意欲が失せると感じました。

こんな感じで夕方という事もあり、長蛇の列!最上階は天井高があり、いい感じの別空間が広がります。よくよく見るとアパレルの隣がレストラン、店の前にイスに座られ待たれても・・・・迷惑


杭州で人気の「外婆家」や「緑茶」など、上海でも未だ未だ数店舗のモールにしか無いレストランが入っていたり、シェフが目の前で手さばきも軽やかに焼いてくれる「57℃湘」(鉄板焼き)など、中華を中心に、韓国、日本など、店構え、店舗内装イメージも高い店作りをしています、日曜の夕方と言うことも有りますが、どこも長蛇の列が出来ていました。

57℃湘で順番待ちをするお客さん、ファサードは鉄板焼とは思えないアトモスです

写真で見えるだけでも計7人のシェフが焼いています、店全体ではこれの4倍、つまり20人強のシェフが同時にパフォーマンスを見せながら、お客さんとも会話も楽しみ焼いています、圧巻!


飲食フロアーのリーシングには課題が有るものの、アパレル小売りではレディスの日系の「原カワ系」(最近どのモールでもチームを組み面で積極出店をしている)のブランドが目立ったり、earth music & ecologyの2号店が有ったり、メンズではこれもローカルメンズの雄GXGグループの「gxg jeans」が出ていたり、これから出店するブランドとしては、1Fのインディティックスの「ZARA」「PULL & BEAR」「Steadivarius」、バロックの「moussy」など、よくここまでのブランドを揃えたな〜と感心しました。
新アトモス?のOLIVE des OLIVE、ここ最近売場を見ても安定度合いが見えます

retro gallery、最近の戦略は2〜3つのブランドでセレクトっぽい売場構成

独自路線?原カワ系の中でも独自の出店戦略を取っているように見えます

1号店(地下鉄で5駅)と違い、難しい立地、字型での出店だが巧く設計されていると思います

言わずと知れた、GXGのjeans版、兄貴分のGXGも近くに鎮座してます、このgxg、日本のセレクトSHOPをかなり研究し尽くしています、メンズを中国で展開されようとしている皆さん!GXG、gxg1978、は侮れませんよ・・・

1Fのインディティクスグループ3ブランドはまさに内装中、こっそり忍び込んで撮影、春節前にOPENしたかったでしょうが、いかんせん工人(作業員)は春節休みでまばら・・・


モール近郊に住む方は別として、市中心部からはなかなか目的が無いと足を踏み入れないエリアだと思いますが、今後地下鉄4号線(上海の山手線/環状線)外側のエリアにおいて、この虹口龍之夢同様の規模観のモール、ブランドの品揃えで次々に再開発、リニューアルがされるんだろうと想像しました。

同時に来年のワイハイ路のAPM、南京西路のケリーセンター、その後の中山公園北の大型モール(ラッフルズ)、古北開発など、市中心部においても続々と再開発案件が目白押しで、様々な業態のモール、施設でどのようなブランドリーシング、新たなブランド、飲食が出てくるか、楽しみでもあります。

それでは!
 2012/01/19 02:10  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード