« 2012年01月08日 | Main | 2012年01月16日 »
ユニクロモドキ・・・!
「ユニクロモドキの店が中国に沢山できている!」という噂を聞きつけ、早速リサーチに行って来ました。

その名も「maxwin」(馬威服飾)という寧波が本部のブランド、既に華東地区で6店舗をOPENさせています。上海にも2店舗有ると言う事で、そのうち昨年12月2日にオープンした虹口の龍之夢店に行ってきました。春節前という事でかなりの人で賑わっていました。

maxwin=超最高に勝利する、というブランド名の意味でしょうか???


ファサード部分、これは香港にあるユニクロの店舗デザインを模倣しています


ユニクロで言う、「ひな壇展開」と「キャンペーン壁面」壁面はSALE中ですが男女ダウンでの打ち出し


MENSダウン+ニット、中国企画だけに中国の人が好きそうなカラーに集約されています


いわゆるC/Sルームパンツ、畳み展開もユニクロっぽい手法


MENSシャツコーナー、デザイン物は無くほぼベーシックデザイン


KIDS壁面展開方法、そっくりです


インナー、ソックス壁面、この展開方法、什器、そのままズバリです


レジ前の雑貨展開、マフラーが飛ぶ様に売れていました



MENS、WOMENS、KIDS商品(フリースやダウン、ニット、インナー)はもとより、売場の什器、内装、見せ方、販促物、POP、販売オペレーションまでそっくりです。よくもここまで模倣したと感心してしまいます。私のブログ、現在ユニクロの方々も沢山見て頂いていると聞いています、正直驚かれているのではないでしょうか?

過去、台湾でユニクロの1号店が出来る迄は、台湾の個人商店の方が本物のユニクロ商材を日本で購入し小さな店舗で販売する、いわゆる卸形式での店舗は私も実際に見た事が有りますが、今回はそれとは違っていて、全くの模倣となっています。

SALE期という事で、価格は下記の通り。

ダウン   ・・・199元
フリース ・・・ 99元
ニット  ・・・ 99元
マフラー ・・・ 19元
スエットパンツ ・・・59元
オックスシャツ・・・199元

本家ユニクロの中国価格よりもはるかに安い価格でした。ただ、商品のクオリティ、素材感
は正直良いとは言えません。特にインナー系は機能素材までは模倣出来なかったようで、いわゆるローカル系の下着レベルにとどまっています。それと商品構成の中でボトム比率が低く、特にデニム展開は数型しかなく、あまり重きを置いていない感じでした。

それと、いわゆるMK系というかクリエイティブ部分が完全に抜け落ちており、改めてブランディングを確立させる為の、クリエイティブ要素の重要性を感じました。

このブランドが生まれた背景を私も少しだけは知っているのですが、諸事情も有り、あまり書かない方が良いと思います。。。

それでは!
 2012/01/15 21:45  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード