« 2011年08月20日 | Main | 2011年08月28日 »
麻豆儿 Madouer 日本雑誌閲覧サイト!
恐るべし中国。。。

既にご存知の方も多いかと思います、中国で日本のあらゆるファッション誌(レディス、メンズ、キッズ、ブランド品、古着、モノ)が或サイトで閲覧ができるのです!この情報は個人として、人としてもどうか、日本の雑誌関係者の方に申し訳ないと思いながらも、今の中国を知って頂きたいという理由で情報共有させて頂きます。決して閲覧をお勧めしているわけでは有りませんのであしからず。。。

麻豆儿 Madouer(マードウルーと読みます)、日本と中国のありとあらゆるファッション誌をタダで見る事ができます、とは言っても雑誌丸々一冊が見れる訳ではなく、主に表紙から始まり、広告、巻頭、特集・・・と、写真ページはほぼ網羅されています。文字要素の記事ページは省かれています。

     
VIVI日本版8月号  中国版8月号      Scawaii日本版8月号   中国版8月号 


どのように作成されているか?そうです、御察しの通り単純に誰かが雑誌を購入し写真のページだけをスキャンして繋ぎ合わせているだけです。なのでページを綴じている部分はうまくスキャンできておらず、見たい部分が見れないというストレスとなります。

同時に、例えば・・・メンズ雑誌POPEYEが毎号定期的にUPされているかというと、或る月は掲載が無かったりしていて、これもストレスになります(たまたま買えなかったのでしょう、バックナンバーで買って後で掲載してよ・・・と言いたくもなりますが、このサイトそこまでの顧客満足は求めていないのだと思います)

今の上海、北京等の大都市では日本版のファッション誌をほぼリアルタイムで購入できる様になりましたが、価格は日本の倍近くして、雑誌に個人で1.000円、1.500円はなかなか使わないと思います。この辺りの事情もこのサイトを産んだ背景にあると思います。

http://www.madouer.com/

では、このサイトを中国の人がどのように活用しているか?ですが、中国の知人何人かに聞いてみました。

●アパレル関係者
@商品企画参考
日本の各雑誌(レディス、メンズ)を定期的に購入しているも、買えなかった場合、もしくは定期的に購入していない雑誌を見て、商品デザイン/企画、コーディネートの参考にしている、雑誌だとカラーコピーかスキャンをするしか無いが、既にデータとして取り込んでいるので、そのままプリントができ便利。

A広告参考
日本の雑誌の巻頭広告やVISUAL等、自社の広告、プロモーションで活用できるネタとして参考にしている。

B特集参考
いま中国では、日本雑誌の中国提携版が数多く発刊されています、VIVI、Ray、Oggi、With、Scawaii、mina・・数え上げるとキリがありません、日本のどの特集を中国提携版にも掲載して、どのように仕掛けようとしているか?をキャッチアップし、自社の商売に繋げている。

補足すると、気に入ったファッション誌があると、彼らからは本物を見たいのでその雑誌を日本で購入して来て欲しいと言われる事も多々有ります。


●一般の人
@日本の流行ファッションの確認
 サイトでアイテム、価格、コーディネートの確認をして各ブランドのECサイト等で購入しています。

A人気モデル/タレントの情報
 各雑誌モデルは中国でもかなりの人気があります、安室奈美恵なども根強い人気があり、
 ファンの人は雑誌も購入するでしょうし、このサイトでダウンロードしています。

Bヘアメイク、美肌保持の参考
この領域は日本でも同じかとと思います、ヘアメイク方法、化粧品は日本の物に対する強い憧れ、安心感があり、かなりの頻度で参考にしているようです。

●私の活用方法(大きな声では言えませんが・・・雑誌社の方々申し訳ありません・・・)
・上海在住で日本に頻繁に帰国できないため、各レディス、メンズ雑誌を閲覧し、クライアント様に商品企画提案の際に使用したり、コーディネートの参考、PR/販促物の参考などで利用させて頂いています。
・もちろん日本出張時に雑誌も購入はしますが、雑誌は非常に重く、何冊も買って帰ると相当苦労します。。。
・CASAは内装インテリアの参考に、FIGAROのNY、LONDON特集等は出張の際に活用しています。

中国だけでなく欧米含め海外に住んでおられる日本人の方も多く見られていると思います。。。

あまり書くと本当に怒られそうなのでこの辺にしますが、このサイト閲覧人数は定かではありませんが、かなりの閲覧者がいると聞いています。
今の中国は日本ファッションの第3期ブームだと私は勝手に思っているのですが、それだけ中国の人が日本ファッション、ヘアメイク、カルチャー、流行もの、こだわり、ウンチク、に凄く興味を持っている事がうかがえます。

誤解を恐れずに書かせて頂くと、ここからはこじ付けですが・・・このサイトに掲載されている日本のファッション誌は、中国の人にも広く認知されていると思われた方が良いと思います(無断掲載という大きな問題はあるものの)、日本ではインターネット、WEBの台頭で活字離れ、雑誌の休刊等が言われて久しいのですが、中国のマーケットへの出店を考えられているアパレルさんは、日本のファッション誌を最大限に活用され、ブランディング、ブランドイメージ、認知UP、特集タイアップ、価格明示など日本の消費者だけに訴求しているのではなく、近くの中国マーケットにも実は大きな影響を与えていると考えられた方が良いと思います、しっかりと日本国内で雑誌との取組みで足場を固められ、いざ中国出店の際には、或る意味日本のファッション誌に投下した時間とお金がジャブとなり、ジワジワと効いてくるのだと勝手に思っています。


それでは!
 2011/08/22 07:00  この記事のURL  / 



プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード