« 個人情報の一人歩き...或るセミナー登壇! | Main | 上海市内西部地区の商業施設状況はA! »
上海市内西部地区の商業施設状況は@!
上海に住んでいながら国内外出張が多く、最近はたまにしか上海にいない状態が続いています。その寸暇を割いて、上海市内西部地区(長寧区)に、この5年間以内にオープンした商業施設の状況を見てきました。

雨後の筍のように施設が出来ては消える、現在の上海(中国)のリテイルマーケット、それを地でいく姿を垣間見た気がします。
今回、見て回ったのは以下の5施設。

・長風景畔広場 改め 長風大悦城(JOY CITY)
・金虹橋商城
・虹橋南豊城
・Parkson Newcore city Mall
・長寧来福士

という、上海のマーケットリサーチしている方、もしくは上海在住の方々なら一度は足を運ばれた事がある商業施設もあるかと思います。
まず、2商業施設の現状を、続いて次回残りの3施設現状を書かせて頂きます。


長寧区は上海市中心城区の西部に位置し、東は静安区、西は閔行区、東南は徐匯区、北は蘇州河をはさみ普陀区と接しています。
人口は約69万人、日本の島根県全体人口69,4万人とほぼ同じ、年々人口が増えている区です。

また位置的に、上海虹橋国際空港から近く、区内西部の虹橋経済開発区は国際貿易センター、世界貿易センターなどが林立するビジネス街であります。また外来人口に占める外国人の割合が非常に高く、日本人が多く居住する古北新区も長寧区内にあります。
ベージュが上海市を示し、赤い部分が長寧区となります


・長風大悦城(JOY CITY)
確か2012年初にオープンした施設、キーテナントは「UNIQLO」「H&M」「MANGO」「C&A」、これらのグローバルファストファッションブランドは、5年経った今でも存在していますが、集客が安定して増えない事から、それ以外の物販、飲食の入れ替わりは激しいものがあります。日系では「しまむら」の中国第1号店がローンチしたのもここ、既に撤退し、眼鏡の「Zoff」も早々に撤退しています。当初は地下にTESCOもあり、近隣の居住者をターゲットにした出店戦略だったと思いますが、飲食店も充実しておらず、隣の長風公園を訪れる親子連れ、カップルなども金を落とさず、非常に苦しい状況が続いていたようです。先週久々に訪れたところ、経営が大悦城系に変わった様で、全館の見直しか、広場中央のエスカレータが撤去され、上述のファッションテナント以外は、ほとんどが閉店している有様でした。ただ北京や上海の大悦城を成功に導いたデベロッパーなので、今後新たなコンセプト戦略を考え、どのような手を打ってくるか、目を離せない施設だと思います。
写真中央部には1階から3階までのエスカレータが有りましたが、突然撤去されていました

・金虹橋商城
2014年にオープンした、地下鉄婁山関路駅に隣接する飲食も充実した施設。キーテナントとして日本のスーパー「APITA」が地下2階に入り、1階にはFRの「GU」、GAPの「OLD NAVY」、地場ブランド「MJ Style」「Hot Wind」などが入る。在上海の日本人には「APITA」で日本食材が手に入る事から、人気は高く好調であったが、テナントが入らず、収益モデルがぐらつき赤字が続いていたことから、香港投資会社に現地法人の株を売却した。その後はライセンス契約を結び「APITA」の屋号を残し、営業は継続されている。当初仮説は、スーパーを核に、飲食、物販、児童教育、などのライフスタイル提案型の施設を目指したが、飲食では上層階、地下のフードコートでの集客はできているも、アパレル、物販に関しては、集客が読めるブランドを招聘できなかった事、他の施設との明らかな差別化ができなかった事が、集客も知名度も上がらない要因に陥っていると思います。すぐ目と鼻の先にある南豊城との集客力の差が、その事実を物語っています。
J Town(日本生活街区)と銘打ち、飲食、物販のテナント誘致を行っているが、ほんの一部に日系飲食店が入っただけで、常に閑散としている


次回、残り3施設について書かせて頂きます。

それでは!
 2017/06/10 01:20  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード