« シンガポールHARAJUKU ストリートスタイル! | Main | 中国のファッション消費事情! »
世界最大のジャケット!
シンガポールから舞い戻り、国慶節休み期間中の上海の街を駆け回りました。

国慶節はご存知の方がほとんどかと思いますが、いわゆる建国記念日です。10/1,2,3が国の祭日ですが、どこの会社も10/8,9を出勤にして、10/1〜7まで1週間休みにする例が多いようです、1年の中でも春節、労働節と並びマーケットが盛り上がる1週間です。どこのブランドも、秋物消化、冬物紹介の時期であり、有りとあらゆる販促、プロモーションが繰り広げられていました。

徐家フイの港フイ広場、いつもモール内の吹き抜けを利用して様々な催し物を行っている事で有名です。この国慶節の期間中も、アっと驚く、イベントを行っていましたのでレポートします。

中国で100店舗以上展開しているイタリアのメンズブランドSatchi(サッチ)が、吹き抜けのイベントエリアで、10/3〜6まで11FW商品を実際に展開する仮店舗を作り、本国イタリアから職人を呼び仕立の模様も実演し、更に高さ6.5Mもあるトルソーに、世界最大と銘打ったジャケットを着せ、更に更に女子12楽坊ならぬ、バィオリン女子3楽坊のミニコンサートもやり、綺麗なモデルも配し、モールを訪れるお客さんの度肝を抜いていました。
カッコいいブースデザイン、参考になります!ですが何故か天井からdunhillのバナーが・・・共にモノトーンカラーなので勘違いしてしまいます
これが世界最大のジャケット、恐らくトルソーも世界最大?横に有る通常のトルソーと大きさを比較してみて下さい!思わず子供もはしゃいでしまいます

女子3楽坊?踊りながら奏でていました、これもかなりの人だかりが・・・


ここまでの話題性があり、老若男女皆の全員が、記念撮影をするイベントも珍しいと思います。イベントの模様を眺めていましたが、商品を陳列しているブースの後ろのエリアにお客さんが行かれず、試着もされていない状況を見ると、集客力と話題性は◎、売上は×、知名度向上は?、という感じでしょうか・・・。何を目的としてこのイベントを考えられたか?ここまで実際の売場を作り、オーダーメイド仕立のスーツ、ジャケットの訴求をしているところを見ると、最終目的は「売上」なのでしょうが、人が行き交う特設会場で、且つ仕立て価格が以下の写真の様な価格設定では、ゆったりと話しをしながら、高価格の商品を購入するのは幾らお金持ちの多い中国、港フイ広場のお客さんでも厳しいですよね。

イタリア本国から仕立職人が、1日4回、各30分、汗を流しながら仕立てショーを行います

時間設定が巧みですね、昼食、夕食の時間を避けています、今後我々がイベント開催時間を考える時の参考になります

オーダーメイドの価格表、Aが最上級、左からジャケット+パンツ+ベスト+シャツの4点SET、次がジャケット単品、パンツ、ベスト、シャツと続きます、よくよく見ると、4点SETの価格は、それぞれの単品の積上げられた価格、ここでも値引きはしない姿勢が見えてしまいます、中国の人の声・・・「4枚1SETで買うから安くして・・・」と聞こえてきそうです

このようなPOPスタンドが、モール館内の至る所に設置されています、このような事は至極当たり前で非常に大事な事なのですが、我々がいざ実行するとなるとなかなか徹底できないんですよね〜


一番残念なのは、上述写真の通り吹き抜けの天井から吊り下げられている、大きなバナーがよく見ると、dunhillなんですね・・・何でバナーも一緒に借りれなかったの?と言いたくなります、Satchiではなく、まるでdunhillがイベントを開催しているように見えました。。。

私なりの評価を勝手に言わせて頂くと、生地、品質、仕立ての良さを売りにするブランドが、奇をてらった世界最大のジャケット!を導入のキッカケにするのは決して間違いでは無いと思うのですが、そこで高価格の商品を売り込むのはかなり無理があると思います、国慶節の期間は財布の紐が緩む時期、消費が高まる時期である事は間違いではありませんが、こなれた価格設定、更に中国の人が好むVIP待遇(幾ら以上お買い上げで何%割引など)の付加価値を付け、積極的に接客をして売り込んでいくオペレーションが欠けていると感じました。

良い点としては、このような吹き抜け空間でのブースデザイン(360度の何処から、上からでも見える)にたけているという事、仕立てルームを一番良い場所に設定し、ブース奥に商品を展開、しっかりとFRを3ヶ所も作り、ブース外側にはイメージVISUALと、仕立ての良さを謳うメッセージパネル、シャレたライティング機器、というように、たった4日間のためとは言え、練りに練られたデザインだと本当に感心しました。

モール3FにあるSatchiの店舗、意外に普通でした・・・


アパレルウェブ トレンド情報 上海からSatchiの情報です
http://www.apalog.com/china/archive/553

それでは!
 2011/10/06 00:18  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード