« 中国アパレルの向かう先は! | Main | 中国アパレル企業あれこれ(取組み編) »
WORLDとUNIQLOでのVMD経験!
「VMD IS MY LIFE」これは、私がFACEBOOKや、LINE、wechatなどなど、あらゆる場面、事あるごとに書かせてもらっている私からのメッセージです。

私はVMDというお仕事を今年でかれこれ30数年間やらせてもらっています。最初はWORLDでSC(当時はまだVMDという言葉はなく、セールスコーディネターと社内用語で呼ばれていました)を経験、当時の販売チャネルは、いわゆる卸しの商売、展示会で卸し先に沢山発注して頂くために魅力的に展示会場でディスプレー表現をしました。その商品が店に投入されると、いち早く店に行き、展示会での表現を各店のショーウインドーで再現していました。

もちろん、我々のブランドだけを販売する店(オンリーショップ)ばかりではなく、競合他社とMIXの品揃え店もあり、競合ブランドと常にショーウィンドーや、店頭部分の売場の取り合いをしていました、今思えば懐かしい想い出です。
当時は、ショーウィンドーを核にコーディネート提案をして、如何にお客さんに入店頂き買っていただけるか?だけを考えて仕事をしていました。
今のKPI指標で言えば「入店率」「購買率」というところでしょうか。

2005年当時「22年間も勉強したし、そろそろWORLDを辞めて上海にてVMDで起業を!」と動いていましたが、自分なりに自問自答「アパレルの流れ、商売の大枠は理解できたが、小売リテイルのことは殆ど知らない。これでは中国で起業しても勝てない!」と考え、小売の勉強、修行をするためにUNIQLOの柳井さんの元で仕事をさせて頂く道を選びました。この時「この自分の選択はどうなんだろう...正直起業するまで遠回りではないか...」とも考えましたが、今思えばあの時の判断は間違っておらず、いまここ中国で起業して沢山のクライアントとお仕事ができるのも、このUNIQLO時代の苦しくもがきながらも達成感のある貴重な経験があったからだと自負しています。

私がUNIQLOに入社した当時は、やっと標準店から大型店(1500平米)戦略に移行する時期、売場に関してもレイアウトを計画する部署は存在するも、誤解を恐れずに書くと、VMDという概念すら存在しない状況でした。標準店にはマネキンらしきものが3、4体しか無く、まだまだ単品集積型の売場でした。それをコーディネート提案型(マネキンコーディネート表現、WALLフェイシングでもコーディネートなど)、WORLDでは当たり前だった事を、大型店化を機に推進、一気にマネキンを大量投入(大型店1店舗で100体以上)したりと、売場改革に着手しました。この時、効率やオペレーションに重きを置く、UNIQLOの営業部門とは日々喧嘩もするほどでした。この時ほどVMDとはどのような事か?を熱く、長く、語ったことは有りません。何故なら、VMDでUNIQLOを変える事ができると固く信じていたから。

同時期にNY SOHO店、英国OXFORD、香港、韓国、シンガポール、パリオペラ座、ロシア、台湾、中国旗艦店...とグローバルに店舗拡大戦略もあり、日本の大型店で実施したフォーマットをロールアウトさせる事ができたことは成果でした。いまやグローバルのUNIQLO店舗数が日本の店舗数を上回っているのですから正直感慨深いものがあります。

UNIQLO時代の重要なKPI指標は、色々ありますが「客数」「客単価」でしょうか、日々、週次でこのKPIを元に当週、次週、月次の商売の組立てをしていました。この当たり前といえば当たり前の思考、スキームを真面目に愚直に実行していました...笑
UNIQLOの基本的思考は...「商品企画」→「売り方」→「売場」、この全てにVMDは当然ながら、本部全部署、現場も全員が絡んでいかなければならない、そうしないと成果が出ない!というもの、これは今でも活用させて頂いています。

私が中国のクライアント指導の際に使うテキスト、これからのVMD業務の在るべきを書いています



上述のような経験を踏まえて2011年に上海で起業、当初は日本ブランドの中国ローンチの支援と中国メンズブランド支援、と2つのクライアントから事業スタートしました。いま起業して丸5年になります、正直いうと日中関係も良くない時期もあり、決して順風満帆と言い辛い状況ですが、多くの中国アパレル、リテイルのクライアントに支えられて今ここに居られるのだと実感しています。
それもこれも、WORLDで将来の生業となるVMDという職種に出会えた事に感謝しています。
「VMD IS MY LIFE」


それでは!


 2016/08/06 04:00  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2016年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード