« いよいよ6月夏物商戦も最終局面! | Main | 商業施設は進化しないと生き残れない! »
弊社の事業内容(続編)!
2014年、つまり2年前に上記タイトルの内容のブログを書きました。
大きくは4つのカテゴリーの事業内容を引き続き、生業にさせて頂いています。更に昨年から新たに加えた5つめのカテゴリーも合わせて列挙すると、以下の通りになります(詳細は、上記青文字「ブログ」をクリックください)

1.VMD部門顧問業務

2.中国進出予定企業への支援業務

3.中国マーケットリサーチ支援業務

4.日中アパレル企業同士のマッチング業務

5.中国でのライフスタイル雑貨のEC販売支援


あれから2年が経ち、最近依頼が増えだしたのが、3.の中国マーケットリサーチ支援業務と、4.日中アパレルや小売企業同士のマッチング業務です。2012年の尖閣問題から、かなり冷え込んでいた日中関係も、流石に4年も過ぎると昨今の中国人の日本への旅行者増を代表に、経済面では2012年前よりも交流が上向きになっており、底辺には様々な問題も含みながらも、一種の日本ブームの感があります。
これは私の周りで、物販、飲食業を営む日系企業の知人経営者の方々と情報交換会をしていても、皆同様の論調で一致してます。
一緒にライフスタイルビジネスをやっている上海人パートナーが、先週開いたフランス料理レストラン。すぐに上海の人気レストランにランクインされると思います。
このレストランで使っている食器類、カトラリーは全てMADE IN JAPANやポルトガルが中心、食事をして気に入ってもらえたらすぐ側のSHOPで購入できます。



同時に新たに立ち上げた5つめのカテゴリーである、MADE IN JAPANを中心とした、雑貨類のO2O、リアル店舗での販売も好調で、この側面を見ても「日本製」「安心安全」「品質」「デザイン性」「耐久性」「価値観」...など、多くの信頼を頂いております。

この様に、こちらに住んでいて肌で感じる定性側面、O2O/リアル店舗での販売に関わって分かる定量側面、から日本企業、商品に対する期待感や可能性を感じています。
言い古されていますが、「世界の工場から世界のマーケットに変革した中国」、チャイナプラスワンという動きもあり、こぞって東南アジアに生産拠点や販売拠点を移された企業も再び中国を見直すところも増えているのも事実。私はアパレル企業、物販に携わる方々は、改めて中国マーケットをじっくり見られて、再度チャレンジされても良いと考えています。

それでは!



 2016/06/13 13:00  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2016年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード