« 万達広場の店舗閉店と収益改善! | Main | 2015年もモールが続々OPENします! »
もうすぐ春節です、ショーウィンドウはどうなっているの?
日本は1月1日の元旦が正月、でも中国をはじめ中華圏は春節が過年(正月)というのは周知の通り。前にこのブログでも書かせて頂きましたが、2015年の春節はここ数十年の春節の中で一番遅いタイミングでやって来ます。という事で、中国で展開している外資、内資アパレルリテイルもSALEスタート時期、割引率設定などにやきもきし、同時にVMD領域(SALE、春プロパーの打出し、春節ウィンドウディスプレイ実施のタイミング)でも、三者三様、様々な状況です。








今日、徐家フイのガンフイ広場のウィンドウ提案を見てみると、上述の影響からか、既に1ヵ月後の春節(NEW YEAR)の提案しているブランド、まだまだ冬SALE全面打出しで春節の演出をしていないブランドも有り、例年に比べバラツキが見られました。1月に春節を迎える年は12月の時点で「クリスマス&NEW YEAR」を謳うウィンドウディスプレイがほとんどなのですが、2015年は「クリスマス」「冬SALE」そして「春節」と3段階に分けてウィンドウ演出を仕掛けているブランドが目立つという事だと思います。

既にウィンドウディスプレイで春節提案をしているブランドを見てみると、干支の羊モチーフを全面に打出しているところが目立ちます。昨年の馬よりもキャラクター性が強く、可愛いイメージもあり、羊毛が服の原料として用いられる事での直結性からか、こぞって演出しています。

私はこの毎年春節前に各ブランドが提案するウィンドウのツール(背景やガラス面でのメッセージや、干支のモチーフ)に、ブランドの春節に対する意志や想い、拘り、感性、センスが感じられ実は大好きで、楽しみにしているのです・・・笑。春節を年間の中でも重要な商機と捉えているブランドは経費もしっかりかけて作り込んでいる事も、よく分かります。言うなれば春節のウィンドウはVMDの腕の見せ所でもあるのです。


それでは!
 2015/01/16 10:10  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2015年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード