« 直営店と代理店! | Main | 2015年 中国法定祝日! »
春節のタイミングと商売!
2014年も残すところ4日間、毎年このブログで書いていますが一年と言う時間は本当、「あっ」と言う間に早く過ぎますね。

さて、皆さんご存知の通り来年2015年の春節は2月19日から、今年2014年と比べると実に3週間弱遅いタイミングなのです。更に言うと、過去15年間、今後の20年間の春節スケジュールを見てみても、来年が最も遅い春節となっています。
一般的には春節の時期が一番冷え込むといわれています。これから考えられる中国での商売の懸念点としては以下2点が大きく挙げられます。

@春物商材販売計画(春物商材の適時、適量品揃え計画)
A冬物販売消化計画(冬物SALE週次販売、売場レイアウト推移作成)

つまり、来年は春節が2月中旬以降のため春の訪れが遅いという事で、「冬物消化ばかりに気を取られると、例年ただでさえ販売期間が短く消化に困る春物を、販売するタイミングを逸してしまう」という事が予想されます。もう少し言えば、来年2015年 春商材の展示会(今年の8,9月頃開催)時点で、この事は当然ながら想定できた事であり、春物発注量の軽減と同時に来夏物商材の量、投入タイミングの調整も必須になります。
これまで、春節は「冬物の最終消化タイミング」が通説でしたが、2015年は違う、という意味になります。

中国ではクリスマス商戦が終わり、今週第52週から各ブランド共に「競合に売り負けない様に」と冬物のSALEに突入しています。一部のブランドでは、既に50%OFFからSALEスタートさせているところもあり、今秋冬のファッションマーケットの低調振りを物語っているようです。
MIXXOは早くも50%OFF
La Chapelleは30%OFFから
人気の靴バッグのブランド、CHARLES & KEITHも30%OFFから
中山公園龍之夢購物中心、土曜日、SALEスタート言う事で多くの御客様が来店されています



但し、気をつけなければならないのは、今週第52週から春節が始まる第8週までは、約9週間(2ヵ月弱)も有るのです。上述の通り、冬物のマークダウン率の週次での微調整、そして春物投入タイミングの仮説立てを同時に見ていく必要があります。私見ですが、来年の春節は通説の「冬物消化ではなく、春物実需商材紹介期」と設定し、春物を買われたい、という消費者のモチベーションに応えるべく、春物実需商材の品揃え、それに連動する売場計画を立てられることを御薦めします。


このブログを今年最後のUPとさせて頂きます。振り返ると今年は中国でのセミナー、アパレルブランドに入り込んだ指導の増加により中国国内出張が増え、なかなかブログ更新が出来ない一年でした。来年はできるだけ中国マーケット情報をより多く御届け出来る様に頑張りたいと思います。来年も引き続きブログ「グローバルで勝てるVMD」を見て頂ければ嬉しいです。何と言っても身体が資本ですので、健康だけには十分に注意し更に精進して参ります。皆さんも良い年をお迎えください!

それでは!


 2014/12/28 22:54  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード